ニュース
» 2007年08月03日 14時15分 公開

みんなでオンライン対戦を遊んでみた――「鉄拳5 ダーク・リザレクション オンライン」プレビュー(1/2 ページ)

格闘ゲーム界の雄、「鉄拳」シリーズ。その最新作である「鉄拳5 ダーク・リザレクション」が、オンライン対応となってPS3にて登場した。シリーズ初のオンライン対戦はどんな感じで遊べるのか、バンダイナムコゲームスで試しに遊んできました。

[板橋舟人,ITmedia]

「鉄拳5 ダーク・リザレクション」がオンライン対応に!

 8月1日、PLAYSTATION Storeにてバンダイナムコゲームスの「鉄拳5 ダーク・リザレクション オンライン」が発売された。本作はダウンロード販売のみとなっており、PS3本体よりインターネット経由で購入する仕組みだ。

 過去の記事でも何度か紹介してきたが、改めて概要を紹介していこう。本作は、2006年12月にPLAYSTATION Storeにて発売された「鉄拳5 ダーク・リザレクション」のオンライン対応版である。タイトルからうかがい知れるようにオンライン対戦が可能になったほか、「プラクティクスモード」と「サバイバルモード」という新モードも追加されている、いわば「鉄拳5 ダーク・リザレクション」の完全版だ。

 はじめて購入する人を対象とした「フルパック版」に加え、前作「鉄拳5 ダーク・リザレクション」をアップデートする「拡張パック版」も用意されている。前作を購入した人は、安価で「鉄拳5 ダーク・リザレクション オンライン」を楽しめるというワケだ。

 本作の魅力は、なんといってもオンライン対戦モードであろう。家に居ながらにして、日本中の鉄拳プレーヤーと対戦しまくれるのは、ファンにとってはありがたすぎる要素だ。課金も発生しないため、電気代やらプロバイダー料金やらを除けば、無料で遊びまくれるのも大きい。

 「プラクティクスモード」は、いわゆる練習モード。好きなキャラクターを選択し、気の済むまで技を繰り出したり、空中コンボの練習を行うことができる。技表を表示させることも可能なので、初心者が技を覚えるにも適している。また、コンピューターキャラクターに技を出させ、ガードの練習を行うことも可能だ。シリーズおなじみのモードなので、取り立てて目新しい要素はないが、やはりあると便利だ。

 「サバイバルモード」は、次々と現れる相手と戦い、何人倒せるかを競うモード。通常のモードとは異なり、ラウンドごとに体力は全快しないため、いつも以上にダメージを受けないように戦う必要がある。こちらもシリーズおなじみのモードだ。

全「鉄拳」ファンお待ちかねのオンライン対戦がついに解禁! これだけで面白さが数十倍に跳ね上がることは想像にたやすいだろう
シリーズおなじみの「プラクティクスモード」が復活。初心者は技を覚えるのに、上級者はコンボの開発に活用できるナイスなモードだ
限られた体力でどこまで戦えるかを競う「サバイバルモード」。通常のモードと同様に、1戦ごとにファイトマネーを得られる

発売前にみんなで遊んできました

こんな感じで、バンダイナムコゲームスさんの会議室でプレイ。自宅にもこれくらい大きなテレビがあれば……

 時はちょっとさかのぼって7月27日。バンダイナムコゲームスにて、発売前の本作を体験できるプレス向けイベントが開催された。というわけで、ここからはプレイ感をまじえつつ、そのイベントの模様をリポートしていこう。

 当日集結したのは、おそらく8媒体前後。1部屋に2〜3のプレスが合同で入り、バンダイナムコゲームスの部屋同士をオンラインで接続して対戦プレイを楽しむ、という内容だ。部屋が分かれているため対戦相手が誰なのかわからないため、比較的実際のプレイに近い環境といえよう。


ロビーから、好みのルームへ参戦しよう。携帯電話のアンテナのようなマークは、相手との通信状況を表している。快適な対戦のため、できるだけ“バリ3”の部屋で遊びたい

 まず、オンライン対戦の仕組みについて解説していこう。本作では、誰かが対戦ルームを作成し、その部屋に他のプレーヤーが参加し、ルーム内のプレーヤー同士で戦う、というシステムだ。部屋には何人かのプレーヤーが参加するが、このうち2人が対戦を行う。他のプレーヤーは、その対戦を観戦しつつ、自分の順番を待つ……という感じだ。

 対戦で勝利したプレーヤーはそのまま対戦を続けるという、一般的な勝ち残りルール。負けたプレーヤーは、その部屋のリストの一番下へと移動する。これを繰り返してどんどん対戦を行う……という仕組みだ。ちょうど、対戦台が1台あるゲームセンターで、複数人で遊んでいる感じだろうか。

 なお、ラウンド数やタイムといったゲームルールは、ルームを作成するプレイヤーが設定可能とのこと。ルームに入れる人数や、フレンドのみが参加できる枠も設定できるとのことなので、友達同士でずーっと遊び続けることも可能だろう。

 ちなみに、オンライン上でのプレーヤーの強さを表すランキングシステムも用意されている。このルールで遊ぶ場合は、段位が近いプレイヤーだけが入れる部屋を作成&検索できる仕組みのようだ。格闘ゲームの面白さは、対戦相手の強さによって大きく変わるため、このシステムはかなり有用だと思われる。

ルームに参加すると、このような画面に。一番上がチャンピオンで、黄色い名前が自分だ。チャンピオンとその下のプレーヤーが対戦し、負けたプレイヤーは一番下のリストへ移動する
自分の戦績や、オンラインでのランキングも閲覧可能。やりこみプレイヤーならば、やはりランキング上位を目指して戦いたいところ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」