「桃鉄」で銚子電鉄を支援する第2弾「しあわせ三像」設置

来年で20周年を迎える「桃鉄」が経営難にあえぐ千葉県の銚子電鉄を支援する活動の第2弾として、銚子観光のシンボルにとキャラクターを模した石像の「しあわせ三像」を設置した。

» 2007年08月06日 18時03分 公開
[ITmedia]
左より、土居孝幸氏、さくまあきら氏、銚子電鉄・小川社長、桃太郎の着ぐるみ、ハドソン木島副社長、ハドソン香月専務

 ハドソンは、累計出荷本数が1000万本を超える「桃太郎電鉄」(以下、「桃鉄」)シリーズが、来年12月で第1作発売から数えて20周年を迎えるのを記念し、銚子電鉄の支援活動第2弾として、銚子電鉄沿線の3駅に「桃太郎電鉄」の登場キャラクターである「貧乏神」をモチーフにした石像3体(「しあわせ三像」)を設置した。

 これは、経営難に苦しむ千葉県銚子市の銚子電気鉄道とタイアップし、2007年4月26日(木)より3年間の予定で、「桃鉄」のキャラクターイラストが描かれた“「桃太郎電鉄」ラッピング電車”を運行させた、銚子電鉄を支援する活動の第2弾にあたる。

 石像3体の設置にあたり、8月4日(土)午後1時より、千葉県銚子市の銚子電鉄・犬吠駅駅前広場で、「しあわせ三像」の1つである「貧乏がイヌ」像の除幕・入魂の儀を執り行われた。

 当日は、来賓として銚子電鉄の小川社長や、「桃太郎電鉄」シリーズのゲーム監督であるさくまあきら氏、同じくキャラクターデザインの土居孝幸氏も出席。カブト稲荷神社の千葉卓司宮司によるお祓いの後、「貧乏がイヌ」像の除幕が行われ、引き続き入魂の儀を執り行った。



 主催者挨拶に立ったハドソンの木島副社長は、「銚子電鉄にご縁ができ、ラッピング電車に続いあて『しあわせ三像』を設置できたのは喜ばしいこと。『桃鉄』は来年20周年を迎え盛り上がっていく。その盛り上がりが銚子電鉄にもプラスになることを願っている」と挨拶。

 続いて来賓である銚子電鉄の小川社長から、「多くのご支援をいただいたが、目に見える形の支援がハドソンさんのラッピング電車だった。ラッピング電車が何時に出発するのかという問い合わせがあったり、乗客も増えている。『しあわせ三像』も設置され、つかみ始めた立ち直りのチャンスを増幅させたい」と述べた。

 さくま氏からは「JR四国の鬼無駅や東京・谷中の妙泉寺に『貧乏が去る像』を設置しているが、宝くじが当たったなどうれしい話が聞かれたので、今回、銚子電鉄にも寄贈することにした。皆さんもこれに触って幸せになって欲しい。貧乏神だけだと逆効果なので、ちゃんと上の像も触ってください」とコメント。土居氏からは「スタンプラリーもやっているので楽しんで欲しい。これからも銚子電鉄には色々協力していきたい」と次々と祝辞が述べられた。

 「しあわせ三像」は、「貧乏神」の頭の上に、猿、犬、キジが乗っており、それぞれ「貧乏がサル」像(仲ノ町駅)、「貧乏がイヌ」像(犬吠駅)、「貧乏をトリ」像(笠上黒生駅)という名称。「貧乏が去る」、「貧乏がいぬ(=いない)」、「貧乏を取る」というゴロ合わせから、景気回復の願いも込められている。御影石でできた各像の大きさは、それぞれ間口約35センチ、奥行き約28センチ、高さ約60センチ(台座の大きさは、間口80センチ、奥行き80センチ、高さ40センチで、石像と台座を合わせた高さは約1メートル)。

「しあわせ三像」=左から「貧乏がサル」像、「貧乏がイヌ」像、「貧乏をトリ」像

 この「しあわせ三像」の設置にあわせ、8月4日(土)より8月26日(日)までの毎週土日限定(午前10時〜午後3時)で、銚子電鉄主催の「銚子電鉄×桃太郎電鉄スタンプラリー」が実施される。「貧乏がイヌ」像が設置される犬吠(いぬぼう)駅、「貧乏がサル」像が設置される仲ノ町(なかのちょう)駅、「貧乏をトリ」像が設置される笠上黒生(かさがみくろはえ)駅及び、有人駅である観音(かんのん)駅、外川(とかわ)駅の2駅を加えた計5駅を周り、すべてのスタンプを集めると桃太郎電鉄ラッピング電車を模した特製クリーナーがもらえる。

 この他にも、「桃鉄」のキャラクターデザインを担当する土居孝幸氏のオリジナルイラストが描かれた、銚子電鉄の1日乗車券「弧廻(こまわり)手形」や、銚子電鉄サポーターズ会員証の「桃鉄」バージョンなどが発行されている。

関連キーワード

ハドソン | 桃太郎電鉄


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」