ぶっ飛んだ設定、ぶっ飛んだ猫「シティコネクション」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

第48回にして初めて、ジャレコのゲームを取り上げます。「シティコネクション」は、インパクトのある設定が話題となったゲームですが、今考えると、ゲームシステムにもキャラクターにも、1980年代前半の流行が、色濃く表れているような気がします。

» 2007年08月24日 14時18分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

とぶくるま

画像 今回はお台場の自由の女神にて。なぜここへ来たのかは後ほど書きます

 「シティコネクション」(ジャレコ)は、1985年発売の、横スクロールアクションゲーム。アーケードからファミコンに移植された。

 主人公はカリフォルニア生まれの少女クラリス。彼女の乗る自動車「クラリスカー」を操作して、パトカーにぶつからないように、画面上の高速道路をすべて通るのが目的。「ヘッドオン」や「パックマン」のような、いわゆるドットイートタイプのシステムだ。

 高速道路といっても普通の道路ではない。途切れ途切れになっていて、しかも上下4段に分かれている。

 ここを走るクラリスカーも普通ではない。道路の切れ目から落ちても何ともないのはもちろん、下の段から上の段へとジャンプできる機能がついている。

 さらに、パトカーを攻撃する手段まである。路上に散らばっているオイル缶を拾って、パトカー目がけて投げるのだ。オイルが当たるとパトカーはスピンする。そこにクラリスカーで体当たりすれば、パトカーは吹っ飛んでいく。複数台スピンさせておき、まとめて跳ね飛ばすと高得点だ。

画像 世界各地の名所を舞台に、パトカーとの壮絶な追いかけっこが始まった
画像 走行距離が3000キロを超えると、クラリスカーに突っ込んでくるパトカーもたびたび出現

 しかし、敵はパトカーだけではない。高速道路上には、チェッカーフラッグを持った猫が立っている。この猫を跳ねてしまうと1ミスだ。猫にはオイルが効かないので、パトカーよりも厄介。ジャンプで避けるか、画面の外へスクロールアウトさせるしかない。

(画面外に去った敵やアイテムは、そのまま消える。同じ場所に戻ってきても残っていない)

 同じ段に長く居続けると、高速道路上にもかかわらず、地面からタケノコが生えてくる。このタケノコに当たると、クラリスカーは大破してしまう。タケノコもオイルで壊すことはできない。

 一方、ふわふわ浮いている風船はお助けアイテムだ。風船を3個取ると、先のステージへワープでき、そのとき持っているオイル缶の数に応じてボーナス点が入る。

画像 猫にぶつかると、BGMが「ねこふんじゃった」に変わり、猫が斜めにゆっくりと飛んでいく
画像 高速道路を突き破って生える、まさに“ど根性タケノコ”。クラリスカーがぶつかってもびくともしない
画像 ノイシュヴァンシュタイン城に風船が出現。風船も猫やパトカー同様、スクロールアウトすると消えてしまう

ファミコンで世界の名所めぐり

 クラリスは世界中の都市を走り抜ける。米国・ニューヨークを皮切りに、英国のロンドン、フランスのパリ、ドイツ、インド、そして日本へ。

 背景のグラフィックがよく描きこまれていた。当時のファミコンには、背景が単色のゲームもまだ多かったが、「シティコネクション」では、ステージごとに背景グラフィックががらりと変わる。ニューヨークの夜景はきらびやかだし、ドイツの山や湖には清らかさが感じられる。

画像 富士山をこんな間近に眺められる塔があるなんて。しかもかなりでかい

 どのステージにも、各地を象徴する建造物が描かれ、どこの国なのかが分かりやすい。ニューヨークには自由の女神、ロンドンにはビッグベン、パリにはエッフェル塔と凱旋門、ドイツにはノイシュヴァンシュタイン城、インドにはタージマハール。

 分かりやすさを優先させるため、例えば日本ステージには、富士山の隣に五重塔があったりする。鬼怒川温泉の東武ワールドスクウェアを思わせる(東武ワールドスクウェアは1993年開園なので、この時代にはまだなかったけど)。

 自由の女神と高速道路の組み合わせは、今見るとニューヨークというより、お台場の景色に似ているような気がする。

 1998年、「日本におけるフランス年」を記念して、セーヌ川にある自由の女神像がお台場に移築された。翌年の1月に女神像は帰国したが、好評だったため、その女神像から型を取って、本物と同じ鋳造方法で造られた復刻像が、2000年12月からお台場に設置されている。

 実際に行ってみると、高速道路の高架もそうだが、女神像の足元に海が広がっていたり、その向こうに目立つ形のビルが建ち並んでいたりと、思っていた以上に「シティコネクション」の風景に似ていた。

画像 「シティコネクション」ステージ1、ニューヨークの風景。お台場の写真と見比べてみよう
画像 これは日中に撮った写真だが、夜になったら多分もっと、ゲームの景色に似てくると思う

 背景グラフィックを褒めたが、実はアーケード版のグラフィックはもっときれいで、ステージ数ももっと多かった。ファミコン版では背景の色数が減るなど、アーケード版とは違うグラフィックになっている。ただ、マシンの性能差を考えれば、当時としてはやむを得ないだろう。

 BGMには、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23」の第1楽章が、アップテンポにアレンジされて使われている。後にコナミの「パロディウスだ!」にも使われた曲だ。これもアーケード版では、ステージごとにアレンジが変わっていたらしい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評