連載
» 2007年08月24日 14時18分 公開

ぶっ飛んだ設定、ぶっ飛んだ猫「シティコネクション」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

第48回にして初めて、ジャレコのゲームを取り上げます。「シティコネクション」は、インパクトのある設定が話題となったゲームですが、今考えると、ゲームシステムにもキャラクターにも、1980年代前半の流行が、色濃く表れているような気がします。

[ゲイムマン,ITmedia]

とぶくるま

画像 今回はお台場の自由の女神にて。なぜここへ来たのかは後ほど書きます

 「シティコネクション」(ジャレコ)は、1985年発売の、横スクロールアクションゲーム。アーケードからファミコンに移植された。

 主人公はカリフォルニア生まれの少女クラリス。彼女の乗る自動車「クラリスカー」を操作して、パトカーにぶつからないように、画面上の高速道路をすべて通るのが目的。「ヘッドオン」や「パックマン」のような、いわゆるドットイートタイプのシステムだ。

 高速道路といっても普通の道路ではない。途切れ途切れになっていて、しかも上下4段に分かれている。

 ここを走るクラリスカーも普通ではない。道路の切れ目から落ちても何ともないのはもちろん、下の段から上の段へとジャンプできる機能がついている。

 さらに、パトカーを攻撃する手段まである。路上に散らばっているオイル缶を拾って、パトカー目がけて投げるのだ。オイルが当たるとパトカーはスピンする。そこにクラリスカーで体当たりすれば、パトカーは吹っ飛んでいく。複数台スピンさせておき、まとめて跳ね飛ばすと高得点だ。

画像 世界各地の名所を舞台に、パトカーとの壮絶な追いかけっこが始まった
画像 走行距離が3000キロを超えると、クラリスカーに突っ込んでくるパトカーもたびたび出現

 しかし、敵はパトカーだけではない。高速道路上には、チェッカーフラッグを持った猫が立っている。この猫を跳ねてしまうと1ミスだ。猫にはオイルが効かないので、パトカーよりも厄介。ジャンプで避けるか、画面の外へスクロールアウトさせるしかない。

(画面外に去った敵やアイテムは、そのまま消える。同じ場所に戻ってきても残っていない)

 同じ段に長く居続けると、高速道路上にもかかわらず、地面からタケノコが生えてくる。このタケノコに当たると、クラリスカーは大破してしまう。タケノコもオイルで壊すことはできない。

 一方、ふわふわ浮いている風船はお助けアイテムだ。風船を3個取ると、先のステージへワープでき、そのとき持っているオイル缶の数に応じてボーナス点が入る。

画像 猫にぶつかると、BGMが「ねこふんじゃった」に変わり、猫が斜めにゆっくりと飛んでいく
画像 高速道路を突き破って生える、まさに“ど根性タケノコ”。クラリスカーがぶつかってもびくともしない
画像 ノイシュヴァンシュタイン城に風船が出現。風船も猫やパトカー同様、スクロールアウトすると消えてしまう

ファミコンで世界の名所めぐり

 クラリスは世界中の都市を走り抜ける。米国・ニューヨークを皮切りに、英国のロンドン、フランスのパリ、ドイツ、インド、そして日本へ。

 背景のグラフィックがよく描きこまれていた。当時のファミコンには、背景が単色のゲームもまだ多かったが、「シティコネクション」では、ステージごとに背景グラフィックががらりと変わる。ニューヨークの夜景はきらびやかだし、ドイツの山や湖には清らかさが感じられる。

画像 富士山をこんな間近に眺められる塔があるなんて。しかもかなりでかい

 どのステージにも、各地を象徴する建造物が描かれ、どこの国なのかが分かりやすい。ニューヨークには自由の女神、ロンドンにはビッグベン、パリにはエッフェル塔と凱旋門、ドイツにはノイシュヴァンシュタイン城、インドにはタージマハール。

 分かりやすさを優先させるため、例えば日本ステージには、富士山の隣に五重塔があったりする。鬼怒川温泉の東武ワールドスクウェアを思わせる(東武ワールドスクウェアは1993年開園なので、この時代にはまだなかったけど)。

 自由の女神と高速道路の組み合わせは、今見るとニューヨークというより、お台場の景色に似ているような気がする。

 1998年、「日本におけるフランス年」を記念して、セーヌ川にある自由の女神像がお台場に移築された。翌年の1月に女神像は帰国したが、好評だったため、その女神像から型を取って、本物と同じ鋳造方法で造られた復刻像が、2000年12月からお台場に設置されている。

 実際に行ってみると、高速道路の高架もそうだが、女神像の足元に海が広がっていたり、その向こうに目立つ形のビルが建ち並んでいたりと、思っていた以上に「シティコネクション」の風景に似ていた。

画像 「シティコネクション」ステージ1、ニューヨークの風景。お台場の写真と見比べてみよう
画像 これは日中に撮った写真だが、夜になったら多分もっと、ゲームの景色に似てくると思う

 背景グラフィックを褒めたが、実はアーケード版のグラフィックはもっときれいで、ステージ数ももっと多かった。ファミコン版では背景の色数が減るなど、アーケード版とは違うグラフィックになっている。ただ、マシンの性能差を考えれば、当時としてはやむを得ないだろう。

 BGMには、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23」の第1楽章が、アップテンポにアレンジされて使われている。後にコナミの「パロディウスだ!」にも使われた曲だ。これもアーケード版では、ステージごとにアレンジが変わっていたらしい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響