インタビュー
» 2007年08月27日 00時00分 公開

実際に爽快なアクションを体感してきました――「戦国無双 KATANA」プレビュー(2/2 ページ)

[網野三平,ITmedia]
前のページへ 1|2       

刀に槍、はたまた鉄砲!? 武器を使い分ける楽しさも

 本作では、武器を変えて戦う楽しさもある。過去シリーズのように強さが異なる武器を選ぶのではなく、同一キャラクターながら、刀や槍というように、まったく異なる武器での戦いが楽しめる。

鯉沼氏 武器は、近接武器が4種類、弓や鉄砲など遠距離武器が4種類、計8種類あります。最初は刀しか使えませんが、ゲームを進めると新しい武器が入手できる仕組みですね。同じ種類の武器でも、性能が違うものが多数ありますので、武器を集める楽しさもあります。ちなみに戦場に持ち込めるのは、近接武器と遠距離武器を1つずつ。バトル前に、持って行く武器を選ぶシステムです。

 最初から使える刀は、いわゆるオーソドックスな武器で、バッサリ斬る快感が楽しめる。対する槍は、基本操作は同じながら、使用時は敵の弱点が表示される。この弱点を上手に突くことができれば、より大ダメージを与えられる。また、Wiiリモコンを槍に見立てて“突く”ことで、チャージ攻撃を繰り出せるため、実際の武器を扱っている感じは、槍の方が一歩上に感じた。この辺は、個人的な好みに左右される部分が大きいかもしれない。ちなみに、各武器には大きく4段階の強さがあり、それぞれ能力を付加していくことができる。チャージ攻撃も武器に付随している。

槍を使った場合、このような感じで敵の弱点が表示される。ピンクの丸を狙って槍を突きまくるのだ!!
遠距離用武器も多彩。バトルの局面に応じて、近距離攻撃と使い分けて戦いたい

 アイテムについても紹介しよう。本作では、体力回復できるおにぎりをはじめ、多彩なアイテムが用意されている。合戦には4つまでアイテムを持ち込めるが、事前に持ち込むアイテムを選択しておく必要がある。バトル中に十字キーの上下左右を押すと、それぞれ対応したアイテムを使用できるという仕組みだ。

鯉沼氏 本作は、今までの無双に比べ、アーケードゲームに近い感じです。逃げ場がなかったり、そもそもオート移動で逃げられない……という状況もあるので、最初からアイテムを持って行けるようにしました。

―― オート移動のステージでは、敵の攻撃は受けるしかないんですか?

鯉沼氏 いえ、オート移動のステージに限ったことではないのですが、ちゃんとガードすることもできます。今回ガードはゲージ制を採用していまして、ゲージがあるときだけガードが使用可能です。ガードをやめると、ゲージが回復します。相手の攻撃にあわせてタイミング良くガードすると、相手の攻撃をはじくことができる“パワーガード”なんて、上級者向けの要素も盛り込んでいます。

 なるほど、単に斬ることに終始するのではなく、攻めたり守ったりと、メリハリがあるバトルが楽しめそうだ。

鯉沼氏 ちなみに、敵が撃ってきた弓矢ははじき返すことが可能です。さらに、岩を投げてくる敵もいるのですが、これをはじき返して倒す、なんてステージもありますよ。

ステージが進めば、より「無双」らしくなっていく

 しばらくプレイし、操作にも慣れてきたので、あの攻撃を試してみることにした。シリーズおなじみの、一撃必殺の威力を持つ「無双奥義」だ。周囲の敵を盛大に巻き込む攻撃で、「俺ってサイキョー!」な気分を味わえた「無双」シリーズの目玉である。

 過去シリーズでは敵を攻撃したり、アイテムを入手することでゲージを溜めて発動させた“無双奥義”。本作では、基本的には同じシステムながら、その発動方法が異なる。発動したくなったら、まずはヌンチャクを振るのだ。すると“無双奥義”が発動するので、続いてWiiリモコンを振りまくる。これで、周囲の敵をバサバサなぎ倒す爽快感満点の攻撃を繰り出せるのだ。振れば振るほど、威力や攻撃範囲がどんどん大きくなっていくので、つい一心不乱にリモコンを振ってしまう筆者。この感覚は、ファミコン時代のボタン連打ゲームに似た楽しさなのかもしれない。

“無双奥義”の、敵を一網打尽にする爽快感は本作でも健在。一心不乱にリモコンを振るのがまた楽しいのだ

 そんなこんなでプレイを続け、別ステージを遊ぶことに。このステージは、今までのステージとは異なり、自分で自由に移動できる。たったそれだけの違いなのに、プレイ感が大きく変わったことに驚いた。このステージでは、画面外の敵も攻撃してくるため、常にレーダーをチェックし、敵がどこに居るかを把握する必要がある。もちろん、背後から攻められた場合は、振り向いて攻撃するなり、その敵から逃げるなど、何かしらの行動を行う必要がある。よりゲームらしいバトルが楽しめるのだ。

ステージによって、キャラクターの移動システムが変化。自由に移動できるステージでは、よりFPSに近いゲームに

 また、終始敵を斬るだけではない。道中、左右からトゲのついた壁が出てくるトラップが仕掛けられていることもある。このトラップの場合は、ヌンチャクとWiiリモコンを上下に振って“疾走”し、トラップが開いた瞬間に駆け抜けて突破することを余儀なくされる。このような、多彩なアクションが楽しめるミニゲーム風の要素もちりばめられているわけだ。「やっぱり斬るだけだと、単調になっちゃうので」とは鯉沼氏。

トラップが開くタイミングを見計らって駆け抜ける、“疾走”アクション。リモコンとヌンチャクを一心不乱に振るのだ
馬に乗る“騎乗”シーンも。ヌンチャクを手綱に、リモコンをムチに見立てた操作感は臨場感満点!

誰もが楽しめる、まったく新しいカタチの「無双」

 今回は短時間プレイのため堪能できなかったが、「無双」シリーズならではのやり込み要素もたっぷり用意されている。より強力な武器を集めたり、合戦で溜めた資金でキャラクターを強化させたりと、長時間楽しめるだろう工夫もなされている。

 対象ハードがWiiのためか、かなりのゲーム初心者でも楽しめる“ライト路線”にチューニングされている本作。今まで「面白そうだけど、僕には難しそう」なんて「無双」シリーズを敬遠してきた人は、ぜひプレイしてみてはいかがだろうか。過去シリーズとはプレイ感が大幅に異なる本作だが、そのキモである爽快感はバッチリ引き継がれているので、「無双」の何たるかを楽しめることだろう。逆にシリーズのファンは、一風変わった新しい「無双」を楽しんでいただきたい。いやあ、今から発売が楽しみですな!

キャラクターを育てたり、武器を収集・強化する、おなじみのやり込み要素もしっかり搭載
家族みんなで盛り上がれる対戦モードも搭載。種類も8種類あり、さまざまなタイプの対戦が楽しめるのだ

「戦国無双 KATANA」
対応機種Wii
メーカーコーエー
ジャンル体感アクション
発売予定日2007年9月20日
価格(税込)6279円
プレイ人数1〜2人
(C)2007 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

関連キーワード

Wii | 戦国無双 | コーエー | 真・三國無双


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」