「RO」の進化した姿を目の当たりにしてきました――「ラグナロクオンライン2」先行体験リポート「ラグナロクオンライン2」先行体験リポート(2/2 ページ)

» 2007年08月29日 00時00分 公開
[網野三平,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ボリューム満点の3種のクエスト

 戦い方を覚えたら、いよいよ本格的な冒険の始まり。NPCから次々とクエストの依頼を受け、どんどんクエストをこなしてサクサクとレベルを上げていった。本作では、エピッククエスト、オフィシャルクエスト、プライベートクエストという3種類のクエストがあり、これをこなしていくことが目的の1つとなっている。クエストの種類の違いは、おおまかに以下のようになっている。

クエストの特徴

画像 掲示板は、街中やフィールドなどいたるところに設置されている。街の外でも依頼を受けられるので便利
  • エピッククエスト……「RO2」のメインのストーリーを追いかけるクエスト(ただし、本稿執筆時は未実装)
  • オフィシャルクエスト……掲示板に掲載されているクエスト
  • プライベートクエスト……NPCから直接依頼されるクエスト。特定のオフィシャルクエストを達成してからでないと発生しないものもある。


 各クエストは、それぞれ1つずつしかオファーを受けることができず、依頼を達成する前にほかの依頼を受ける場合は、進行中のクエストを破棄しないといけない。また、中には依頼を達成したあとに続けてクエストが発生する“連続クエスト”もある。クエストの数はかなり多く、報酬でナイスな性能の装備がもらえることもあるので、クエストをこなしていくだけでキャラクターを育てることもできそうだ。

 クエストの内容は、メニューのクエストノートにて確認できる。ガイドも記載されているので、クエストノートを見ながら進めていけば、何をすればいいのかすぐにわかることだろう。街に住んでいるNPCの人間関係などがわかるクエストも多く、筆者はクエストをこなしていくうちに、どんどん「RO2」の世界に引き込まれていった。

画像 頭上に緑やオレンジの吹き出しが出ているNPCに話しかけると、クエストの依頼を受けられる
画像 NPCは、個性的でかわいらしいキャラクターが多いのも魅力のひとつだ

未知なる世界に待つものは

画像 すぐに自爆するマリンスフィアーは、手出し厳禁どころか近寄るな、とすら言われた海の暴れん坊。でも、ホードミメス近海にいるマリンスフィアーはかなり温和でした

 「RO2」では、「RO」で登場したモンスターやNPCも多数登場する。カナトゥスやマリンスフィアーなど、「RO」ではそこそこのレベルがないと倒せなかったモンスターが最初の街・ホードミメスのすぐ隣のフィールドで出現するのだ。「いきなりそいつはキツイんじゃない?」と思いながらも、再会のあいさつとばかりに攻撃を仕掛けたら、なんとあっさり倒せてしまった。どうやら「RO」と同一のモンスターでも、強さはまったく変わっているようだ。

画像 ポリンはホードミメスから船で渡った先のフィールドにいる。初めて転職したばかり程度のレベルだと、苦戦は避けられない強さなのだ

 「RO」のマスコットキャラクターであるポリンも、しっかり登場している。「RO」では弱いモンスターの代名詞だったが、「RO2」では結構パワーアップ。ルーキーキラーといわんばかりに、かわいらしい見た目にだまされて攻撃してくる冒険者たちを次々と返り討ちにしているようだ。筆者も何も考えずに攻撃して、あっという間にぶっ飛ばされてしまいました。

戦闘とクエスト、総合的なの満足度はかなり高い

 クローズドβテスト段階としては、かなり高い完成度となっている本作。ただし、クエストガイドの翻訳が調整中とのこともあり、でクエストの終わらせ方が分からないものがある、というような、改善点はまだあるが、クエストの数が充実していたり、キャラクターが予想以上にかわいらしかったりと、内容そのものはかなり楽しめた。狩りに関しては、体力や精神力の自然回復するスピードが早く、体力回復に時間を取られないので、ストレスなく戦えたのはうれしいポイントだ。まだ最初の村であるホードミメスから出られないので、早くほかの世界を巡ってみたくてしょうがない。

 クローズドβテスト段階としては、かなり高い完成度となっている本作。8月31日午後3時からはオープンβテストも予定されている(ネットカフェは8月30日から)。興味のある人やクローズドβテストにはずれてしまった人はぜひ参加してみてほしい。

(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評