レビュー
2007年09月11日 00時00分 更新

「大人のDS 顔トレーニング」レビュー:

夏休みの宿題――DSで目指せ小顔! さよなら夏バテ顔!! (2/2)

前のページへ 1|2       

 この測定が終わると、いよいよトップメニュー画面に移る。主なコンテンツは前述の「今日の表情測定」のほか、「毎日フェイスニング」、これまでの表情が確認できる「顔履歴」など。

 早速「毎日フェイスニング」を始めてみる。フェイスニングは、全身運動さながら柔軟体操から入る。まず体全体のウォーミングアップ。それから顔のウォーミングアップと進み、ようやくフェイスニングに入る。ウォーミングアップをとばし、いきなりフェイスニングから始めることもできるが、ウォーミングアップをすることでよりトレーニングが生きてくるとのことなので、個人的には欠かさないことにした。

photophoto コース別(左)、自動的にコースが選択される「おすすめ」(右)

 フェイスニングは「おすすめ」、「悩み別」、「コース別」、「表情筋別」といった項目が用意されている。悩み別は「印象」、「スキンケア」など自分が気になる部分を集中的に鍛えたいときのフェイスニング、コース別は「小顔」、「美肌」など目的別に2〜4種類のフェイスニングで構成され、表情筋別では16種類の表情筋の中から鍛えたい部分が選べる。「おすすめ」では、複数のフェイスニングが自動的に選択され、手軽にバランスよくトレーニングすることが可能だ。

 選んだ項目の中からさらに内容を選択。初めて行うフェイスニングの時には「お手本をみる」をタッチ(初めての場合「お手本をみる」のみ選択可能)。選んだフェイスニングの動作が説明される。

photo 右に表示されるパネル輪郭枠(ガイド)に顔を合わせることで、フェイスニングをナビゲートしてくれる

 お手本を確認した後、フェイスニングがスタート。画面の輪郭枠に顔を合わせると、目、鼻、口などの位置をキャッチし、動かす方向を矢印によってガイドしてくれる。ガイドの正確性は抜群。少し位置を動かしても、矢印が自分の顔のパーツを追いかけてくれる。最後には動かし方の注意点に丸印が付けられるなど、常に筋肉の動かし具合が、細かくチェックされている。


 先ほど述べたわたしの悩みを改善するには、表情筋の「上眼瞼筋」の強化に加え、「目元引き締め」と「小顔」などのコース、さらに怖いといわれないため「コミュニケーション」や「印象」といった悩み別のメニューを選択するようにした。ただ1カ所を重点的に鍛えると偏りがでるとのことなので、毎日「全顔」のトレーニングも取り入れていくことにする。

photophoto 上眼瞼筋のトレーニング

 音声解説のほか、右のパネルにはテキストと動作が流れるため、動かし方がわからなく悩むことはまったくなかった。初めのうちは使われていない顔の筋肉は、動かしづらいので、手を使ってもいいとのこと。フェイスニングについての疑問があれば、Q&Aを参照することで解決。表情筋の知識なども深めることができる。

photophotophoto Q&A。30項目用意されている。表情筋について詳しくなる(左)、壁紙、ハンコのデザイン変更も可能(中央、右)

 その日の最初のフェイスニングが完了すると、ラジオ体操のようにカレンダーにハンコを押す。前述の表情測定で良い成績を残すと、ハンコ操作のほか「ウィンク」による操作も可能になる。フェイスニングスキャンに向かってウィンクをすると、タッチペンを使わずにハンコを押したり、次の項目に進むことができる。

photo 4分割の鏡で遊んでみました

 このほかにも、フェイスニングを続けることで、特典としてコンテンツが少しずつ増えていく。ハンコや壁紙のデザインが追加され、フェイスニングのコースも提供される。また、タイトル画面に自分以外の人が手軽にフェイスニングが体験できる「お試し」、DS本体を鏡のように使うことができる「顔鏡」が追加されていく。通常の鏡と左右が反転せずに表示される鏡。他人からの見た目を確認しできる鏡や、一定時間ごとに画像が停止される4分割の鏡など、試してみると自分がどんな表情をしているのかがわかっておもしろい。

疲れ顔は改善されたのか

 実際に約1カ月にわたってフェイスニングを行ってきた感想としては、1日15分〜でOKのトレーニングは、気軽にできるため継続していけるものという印象だ。ガイドも充実しており、内容も簡単なので、コツが身に付くよくできたソフトだと感じた。

 悩み別、表情筋別から選べば、2分で終わるメニューもあり、外で空いた時間に、こっそりと筋肉を鍛えることもできるのもうれしい。


photophoto ウォーミングアップ(左)、クールダウン(右)

 初めてフェイスニングを行ったとき、顔の血色がよいことを実感した。さらにこのソフトの良いところは、ただ筋肉を動かすというだけでなく、ウォーミングアップ、クールダウンを同時に指導してくれる点にある。

photophoto 約1カ月頑張りました(左)、表情測定最終結果 86%Aランクで終了。2ランクアップに成功した(右)

 ただひとつ残念なところは、一度項目を選びフェイスニングを始めてしまうと、一時停止ができないということ。途中電話がかかってきたり、少しだけ止めたいという場合、中止し初めからやり直しをしなければならないことに、やや不満が残った。

 1カ月間にわたりトレーニングを重ねてきたが、大きな変化が現れているのかは、本人には正直言ってよくわからない。ただ目の周りがすっきりし、朝起きたときの顔のラインもシャープになったような。心なしか化粧のりもよい。最後の表情測定の結果は86%でAランク。あと1カ月もすれば、かなり魅力的な笑顔が見せれるかなと思っている。宿題はまだ続くのだった。

photo これからも頑張ります

(C) 2007 Nintendo
(C) 2007 Fumiko Inudo Co-developed by INTELLIGENT SYSTEMS


前のページへ 1|2       

[塙恵子,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.