年末商戦は真っ向勝負――「Xbox 360 Briefing 2007」(4/4 ページ)

» 2007年09月12日 19時53分 公開
[今藤弘一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「アイドルマスター」はコンテンツダウンロード数世界第3位

 Xbox LIVE関連のビジネス展開について泉水氏は、現状会員数は全世界で700万人以上、累計オンラインプレイ時間は29億時間を数えると紹介。2008年6月末までに1000万人以上とすることが目標だそうだ。Xbox LIVE マーケットプレースでは、ダウンロード可能なコンテンツが9000アイテム以上用意されており、累計で2億2000万件のダウンロードを数えている。

 このXbox LIVE マーケットプレースについて、新しいビジネスモデルを生み出している、と泉水氏。バンダイナムコゲームスの「アイドルマスター」では、衣装などのダウンロードコンテンツを配信しているが、日本だけで発売されているタイトルにもかかわらず、コンテンツのダウンロード数が世界第3位になっているとのこと。

画像画像

画像

 また、Xbox LIVE マーケットプレースで配信されているXbox LIVEアーケードのタイトルについて、「ボンバーマンLIVE」は全世界で16万ダウンロードを越えていると紹介。「Xbox LIVEユーザーの70%がダウンロードしてプレイしている。Xbox LIVEは家庭用ゲームにおける最高のオンラインサービスを提供している」(泉水氏)。また、Xbox LIVE アーケード向けの新タイトルとして、キューエンタテインメントの「Rez HD(仮)」、「Every Extend Extra Extreme」、TREASUREの「斑鳩 IKARUGA」、童の「トリガーハート エグゼリカ」、タイトーの「EXIT」、ハドソンの「OMEGA FIVE」が追加されることも発表された。

 このほか、先日開催されたXNA Game Studio Expressを利用した開発コンテストで優勝したゲームも、今後全世界で配信される。

最後にビックプロジェクトの発表が

 そして最後に、昨年の「Xbox 360 メディアブリーフィング」にて発表されていた、トライエース開発の「インフィニット アンディスカバリー」について、スクウェア・エニックスとトライエース、マイクロソフトの共同プロジェクトとして開発されることも改めて発表された(関連記事参照)。

画像 スクウェア・エニックス プロデューサー 小島創氏

 プロデューサーとして登壇したのは、スクウェア・エニックスの小島創氏。小島氏は「スターオーシャン」のアシスタントプロデューサーとして活躍した人だ。小島氏によると、「スクウェア・エニックスが制作・販売を担当するにあたり、トライエースと協議して、より次世代機らしいRPGとするために、アクション性を高めてダイナミックな演出をする方向でブラッシュアップを行っている」とのこと。ロゴデザインも、以前発表されたもののイメージを残しつつも、よりスタイリッシュになるよう手が加えられている。

 「もともとのコンセプトである、リアルタイムにおける発見と楽しみという部分は残しながら、ゲームとして視覚的にも感覚的にも楽しめるような、まったく新しいRPGとなるように開発している」(小島氏)。

画像 トライエース 小川ディレクター

 開発を担当しているトライエースの小川ディレクターは、「本作は発見と衝撃をキーワードとして開発している。ゲームフィールドの中での、さまざまな発見を軸としたゲームプレイを体感してもらうイメージ」と語る。「視覚や嗅覚、聴覚といったセンサーやAIによって形成された世界で、何かを発見し、それにアクションを起こすことでインパクトのある結果が起きる」(小川氏)。このために「シチュエーションバトル」というシステムが用意されているそうだ。

 なお本作はすべてリアルタイムで進行するとのこと。戦闘による画面切り替えも存在しなく、メニュー画面を開いても変化していく。「刻々と変化していく状況と緊張感の中で、プレーヤーに状況の判断と行動の選択を迫る」(小川氏)。

 発売時期についてだが、「そう遠くない時期にお届けするよう頑張っている」(小島氏)とのことだ。


画像画像画像画像

画像

 ラストでは、Xbox 360でも発売される「ラスト レムナント」が紹介された(関連記事参照)。登壇したスクウェア・エニックスのエグゼクティブプロデューサー、河津秋敏氏は「自分がマイクロソフトさんのカンファレンスでこういう場に立つとは想像していなかった」と前置きしながら、「20年この業界にいて、ゲーム業界も刻々と変わってきているんだなあと感じている」と語る。

 「ラスト レムナント」については「東京ゲームショウで新たな映像と情報をお伝えする。ただし映像はプリレンダーのムービーではなく、リアルタイムの画面」とのこと。河津氏は「映像でもゲームの雰囲気は感じてもらえると思う。期待して待っていてほしい」と語った。

画像画像画像
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評