Wii「お姉チャンバラR」(仮)発表――ディースリー・パブリッシャーブース東京ゲームショウ2007

今年もあの露出度高いお姉ちゃんが帰ってきた! 「お姉チャンバラ」最新作をWiiで発表かつプレイアブル出展の快挙に。ステージから魅惑のポーズで誘い込み、「Dark Sector」で完膚なきまでに痛めつけられるのはいかが?

» 2007年09月22日 17時43分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 ディースリー・パブリッシャーブースは9月22日、東京ゲームショウ2007の会場でWii用アクション「お姉チャンバラR」(仮)を発表。フォトセッションで女優のERINAさんがプレーヤーキャラクターの彩となって妖艶な魅力を振りまいていた。

 今年のディースリー・パブリッシャーブースは、Xbox 360/プレイステーション 3用アクションゲーム「Dark Sector」がででんと目立つところに出展。「Dark Sector」は、Digital Extremesが開発した新世代アクション・アドベンチャーで、北米で開催された今年のE3でも注目を集めていたタイトル。また、「SIMPLE Wii シリーズ」共有で使用できるアバター「アピアン」での試遊や、SIMPLE DSシリーズなどがずらりと展示されていた。

 「お姉チャンバラR」は、ディースリー・パブリッシャーが贈る血みどろの剣劇アクションの最新作で、派手な返り血や攻撃は健在。一般デー初日となる22日から突然プレイアブル出展されており、思わず通り過ぎそうになったほど、しらっと初公開されていた。22日にはフォトイベントとして彩の衣裳に身を包んだERINAさんが登場。来場者の足を止めていた。


ERINAさんの彩はどこか健康的なイメージも。おもわず合掌してしまいます

まだ開発段階で、攻撃の連携や当たり判定などは調整が必要そうだが、彩をWiiリモコンで操るというのはなかなか気持ちがよかった

 さて、「お姉チャンバラR」の試遊台だが、TGSバージョンとして廃工場と教会のようなところでの戦闘が楽しめる2つのシナリオを体験することができた。Wiiリモコンとヌンチャクを両手に持ち、彩を操作して化け物たちをバッタバッタと斬り倒すといった内容で、体力がゼロになったら終了というもの。ヌンチャクのスティックで移動、Cボタンで剣の切り替え、Zボタンで敵へロックオン。また、Wiiリモコンの方は基本的にBボタンを押しながらリモコンを振ると彩が剣を振ってくれる。方向キーの下はロックオン対象の変更、上で挑発アクションを敵に送る。今回は使用できなかったが左方向キーはキャラクターチャンジに振り分けられているようなので、場面ごとにキャラを切り替えて遊ぶことも考慮されているようだ。なお、1ボタンは必殺技の居合い抜きとなっており、囲まれた際の緊急脱出としても重宝した。

「Dark Sector」

 ディースリー・パブリッシャーブースで大きなスペースを取って試遊台が置かれていたのが「Dark Sector」。プレーヤーは危険なミッションを遂行するためにラスリアに送り込まれテクノサイト・ウイルスに感染させられた秘密諜報部員、ヘイデン・テノとして戦う。ヘイデンはウイルスによって人間離れした能力を授かり、アサルトライフルと“グレイヴ”と呼ばれる手裏剣のような武器を駆使してクリーチャーと対する。TGS開場ではXbox 360版のみが出展されていた。

 ゲームはいわゆるサードパーソン視点で進行する。この手のゲームは操作を極力単純にして爽快感を高めるタイプと、自ら操作することが多くして熟練度を高めるタイプがあるが、本作は後者にあたる。移動して視点変更して敵にロックオン、攻撃したら回避しつつリロードして、かつ武器を切り替え手榴弾を投げる……と、やることは多い。操作に慣れないうちは狙いを定めるのもやっとで、気がつけば敵の一斉掃射を受けてしまう。実際、何度殺されたことか。しかし、少し操作に慣れるとこの手のゲームは俄然面白くなってくる。

 グレイヴは、当たると敵をすぱっと切断して手元に戻ってくるほか、火の中に投げて火をまとわせ、様々な場所に火をつけたり、放電している場所に投げつけ帯電させることも可能な武器。グレイヴをどう使っていくかがストーリーを進めていく上で重要になるとのこと。

 本作はHDR、法線マッピング、動的な光源処理等の次世代機の能力がなければ表現不可能だった数々のテクノロジーを惜しみなく投入。ハイビジョンのモニターを活かしたゲームプレイを約束している。オンライン・マルチプレイモードも搭載予定で、1人用で遊んだプレイスキルを活かしていくこともできるようになる。発売は2008年、価格は未定。

グレイヴを壁に当てるとちゃんと傷がつく。ゲームショウでは何度も敵に殺されるも、ちょっとずつうまくなっていく手応えをつかんだところで終了となった

Dark Sector (c) 2007 Digital Extremes, London, Canada. Dark Sector and the Dark Sector logo are trademarks of Digital Extremes. Digital Extremes and the Digital Extremes logo are trademarks of 1085522 Ontario Ltd. ALL RIGHTS RESERVED. Published by D3 Inc. under license from Digital Extremes. All other trademarks are property of their respective owners

 ほかに注目といえば、Wiiのシンプルシリーズ第1弾の「THE みんなでカート・レース」と、第2弾の「THE みんなでバス釣り大会」。どちらもWiiリモコンをカートや釣り竿に見立ててプレイする。

 特筆したいのは、これらタイトルでは自分の分身となる「アピアン」をエディットしてゲーム内キャラクターとして使用できるという点だろう。アピアンは13種類のカテゴリーに分かれたパーツを自由に着せ替えできるというもの。各タイトルともに共通の基本パーツのほか、独自のスペシャルパーツが存在。1タイトルで4人まで作ることが可能だ。両タイトルともに10月25日発売予定。価格は2940円(税込)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」