超ゴージャスなレースゲームの最新作をコッソリ体験してきました「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」体験会リポート(1/2 ページ)

世界の大都市を舞台に、スピードと走りの華麗さを競うレーシングゲーム「PGR」シリーズの最新作「PGR 4」が、東京ゲームショウ2007で日本初お目見え。発売に先駆けて、密かにじっくりと遊んできました。

» 2007年10月10日 00時50分 公開
[ツネヤカズヒロ,ITmedia]

華麗な走りが勝負を分ける、“魅せる”レース

イベント開場はこんな感じ。大画面で、話題のレースゲームを一足先に楽しめた。自宅にもこれくらのテレビが欲しくなりますね

 時は東京ゲームショウ2007開催日。年末にかけて発売される期待の大作がひしめくお祭り騒ぎの中、会場の付近で「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」(以下「PGR 4」)のプレス向け秘密体験会が開催された。こりゃーじっくり遊びまくらなくては! というわけで、実際にゲームを遊んでみました。

 「PGR 4」は、「Lamborghini Countach LP400」や「Ferrari 599 GTB Fiorano」など、誰もが一度は憧れたことがある実在の名車に乗り、新宿やニューヨークをはじめとする大都市を疾走できるレーシングゲームだ。最大の特徴は、単純な速さ(ゴールした順位)だけを競うのではなく、華麗なコーナリングや、ドリフトといったアピールテクニックでもポイント(KUDOS)が加算され、それらの総合点で競われるというルールだろう。

 順位で獲得するポイントが一番高く設定されているので、スピードが重要なのは他のレースゲームと変わらない。だが、それがわずかな差であれば、より華麗な走りを見せた方が勝者となれる。

国内外のフラグシップカーから歴代の名車が多数登場する本作。とにかくゴージャスなレースゲームだ
“速く走る”だけでなく、“美しく走る”ことも求められるのが、「PGR」シリーズの特徴だ

 今作で新たに加わった特徴のうち最も大きなものは、レースカーに加え、Honda CBR600RR、MV Agusta F4 Sennaといったバイクが加わったこと。また、天候システムが導入され、霧、雨、雪と環境が変化することも注目ポイントだ。天候によっては、コースに水たまりやアイスバーンもできるようになった。

 車とバイクの選択、時間で変化するコースの状況。前作に比べても、遊びの幅がぐっと広がった感のある「PGR 4」。というわけで、さっそく遊んでみました。

レーサーとなって世界を目指せ

 本作では、まずレーサーの設定を行う。これは今作から導入されたシステムのひとつで、ひとりのレーサーとしてレースに参加することを、より明確にした形だ。レーサーは名前の他に、国籍やレーシングスーツの柄などを決める。性別もあり、男と女のキャラクターでは外見の印象が随分と変わる。この辺りにも開発者のこだわりを感じるところだ。

 ゲーム開始後は、PGRショップに行くと、レース中に稼いだポイント(KUDOS)を使うことで、新しいマシンや、レーシングスーツなどを購入することができる。ショップに並んでいる商品で最も高いものはゲーマーアイコン、というあたり、Xbox 360らしさを感じた。デザインのかっこよさはもちろん、ゲーマータグに設定することで、オンラインの友達にちょっとした自慢ができてしまうというわけだ。

 プレーヤーは最初はアマチュアのレーサーだが、ゲームを進めることで、ランクがあがっていき、最終的に世界一を目指すという流れになっている。

レースを行ってツアーポイントを稼ぎ、ランキングを上昇させていくのが「GOTHAM キャリア」モードの目的だ
レースで獲得したKUDOSを使い、新車種や新コースをアンロックすることが可能。3D効果のフィルターなど、変わった要素のアンロックも

ドギモをぬいた新宿コースがパワーアップ!

 まず驚かされたのは、ハイデフの大画面に映されたレーシングコースの美しさだ。「PGR」シリーズといえば、前作「PGR 3」にて、その再現度の高さで強烈なインパクトを与えた“新宿ステージ”が真っ先に思い浮かぶが、今作ではその表現力がさらにパワーアップしていた。あのアルタ前、大ガード下、新宿都庁前が、建物はもちろん、街にある看板の裏まで、緻密に再現されているのだ。

 個人的によく知っている場所だけに、走っている最中、ギャラリーから「(そんな走り方をしたら)危ない危ない!」と声が飛ぶほどのリアルさを感じた。思わずレースを中断してしげしげと眺めてしまいたくなるビジュアルは、このまま街の景観を楽しむゲームにしてしまってもいいんじゃないかと思ってしまうほどだった。

 コースは東京(新宿)の他、ラスベガス、ロンドン、マカオ、ニューヨーク、ニュルンブルクリンク、ケベック、上海、サンクトペテルブルグという9つの都市と、Michelin Test Trackが用意されている。華やかなラスベガス、上海の下町の雰囲気、ロンドンのビッグベンやトラファルガー広場など、観光名所としても有名な場所がたくさん登場するので、コースを眺めて海外旅行気分を満喫するのも本作ならではの要素といえそうだ。

新宿もこのとおり、実写なみの再現度。もちろん、実在店舗の看板も目で確認できるほど、緻密に作り込まれている
登場する都市は全部で9つ。そのいずれもが、新宿と同じくらいの再現度だ。どれほどの労力がかかったのだろうか……

 また、それぞれのコースは、10種類ほどのサーキットに分かれていて、それぞれのサーキットで周る場所が違う。新宿でいえば、新宿駅の周囲をぐるっと1周するものから、高速道路や都庁の方へと抜けて大回りするものまである。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」