連載
» 2007年10月11日 01時12分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:「テトリス」はもはや、レトロゲームとは呼べないかもしれない (3/3)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

1990年代中盤、意外な形で復活!

 先ほども少し触れたが、1990年代半ば、小さなキーホルダータイプの「テトリス」が人気になった。

 町なかでも電車の中でも、この「テトリス」をプレイする人の姿を、とにかくよく目にしたものだ。

 キーホルダー「テトリス」は、コンビニによく置いてあった。後のデジキューブ社よりひと足早い、“コンビニでのゲームソフト販売”である。

 フィールドが横8×縦12しかないので、ゲームオーバーになるのが早い(コツさえつかめれば、けっこう長く遊べるのかもしれないが)。

 ただ、電車に乗ってたり、人を待ってたりする間の、ちょっとした時間つぶしには、すぐ終わってしまうくらいで、ちょうどいいのかもしれない。

 今、ニンテンドーDSやPSPを同じような状況でプレイする人々が多いので、当時と今の状況は、よく似ているような気がする。

 「普段ゲームにあまりなじみのない人を楽しませる」……ここでも「テトリス」は、その役を見事に果たしたといえるだろう。

 もっとも、キーホルダー「テトリス」を作った多くのメーカーは、正式に販売権を取っていなかった。この問題が表面化して以降、それらのメーカーが販売したものは影を潜め、「テトリスJr.」(ヒロ)など、正式に版権を取得しているものだけが残った。

画像 ヒロが発売していた頃の「テトリスJr.」。60×42×15ミリの小さな本体で、手軽に「テトリス」が楽しめる

 「テトリスJr.」は今でも健在で、玩具店やファミリーレストランなどで販売されている。現在の販売元はエポック社。フィールド上にある点滅したブロックを消すモード、60秒ごとにブロックが1列増えるモードなど、8つのゲームモードがある。

 また、ヒロ時代からあった、爆弾を使って連鎖消しができるモードなどが入った「テトリスJr.2」や、少し広めのフィールドで、3分間に何列消せるか競うモードと、40ラインを消す時間を競うモードがある「3分間テトリス」も引き続き発売中。

 「3分間テトリス」のキャッチフレーズが、「テトリスで脳力トレーニング!」となっているのには、隔世の感がある。

 ちなみに、フジテレビ「ダウンタウンのごっつええ感じ」で、“芸能界テトリス王への道”という企画が行なわれたのもちょうどこの頃。スチャダラパーのANIさんがとにかく強かった。

 1996年は携帯型ゲームの当たり年であり、キーホルダー「テトリス」のほか、「たまごっち」(バンダイ)がブームとなった。また「ポケットモンスター」(任天堂)が発売され、当時かげりもみられたゲームボーイの人気を復活させた。

21世紀、スーパーゲーマーあらわる

 21世紀に入ると、今度は携帯電話用のアプリとして復活。キーホルダーゲームの再現から始まり、携帯電話の画面で見やすいように配慮したシンプルなデザインのものや、キャラクターと組み合わせたもの、現在の国際ルールに対応したものなど、数多くのバージョンが用意されている。

 もちろんアーケードやゲーム機でも、「テトリス」の新作は数多く作られた。一時期ほどのフィーバーはないものの、新しいゲーム機が出るたびに「テトリス」が移植されているというのは、このゲームが一定の人気を保ち続けていることをうかがわせる。

 そして2006年、大きな話題となったのが、ニンテンドーDS用ソフト「テトリスDS」だ。通常の「テトリス」のほか、パズルモードやミッションモードなど、6種類のゲームが楽しめる。わたしは、タッチペンでテトリミノを操作して落とす、「タッチ」モードにすっかりハマってしまった。

 対戦は最大10人まで可能。また、ニンテンドーWi-Fiコネクションを使っての対戦もできる(こちらは4人まで)。

 グラフィックやBGMには、任天堂のファミコンゲームをモチーフにしたものが使われ、これも話題になった。例えばスタンダードモードでは、ゲームスタート時に「スーパーマリオブラザーズ」の画面が表示され、ゲームが進むと次々に、懐かしいゲームの画面が現れる。

 ニンテンドーDSのユーザーには、「普段ゲームにあまりなじみのない人」が多い。「テトリス」はまさに、こういうユーザー層にマッチしたゲームだ。「テトリスDS」はミリオンセラーとなり、「テトリス」の人気が健在であることを、十分すぎるくらいに示した。

 「テトリスDS」といえば、宇多田ヒカルさんがスタンダードモードでカウンターストップ(99999999点)を達成したことでも知られる。

 この年の8月、宇多田さんが「テトリスDS」でユーザー30人と対戦するというイベントが行なわれた(関連記事参照)。いわば百人組み手ならぬ三十人組み手であり、宇多田さんにとってはきつい試合形式かと思われたが、何と宇多田さんはこの三十人組み手を、26勝4敗という好成績で完遂し、その実力を見せつけた。

 “芸能界テトリス王への道”が行なわれた頃、まだ宇多田さんはデビューしていなかった。いつか宇多田さんを入れて、“芸能界テトリス王への道”を復活させてほしいと思う。

 つーか単純に、宇多田さんVSスチャダラANIさんの対戦が見たい。

 今年も、T字型テトリミノの形をした「テトリス」専用ゲーム機「みんなのテトリス」(エポック社)など、新しい「テトリス」が発売されている。こうなるともはや、“レトロゲーム”と言っていいものかどうか迷う。

 シンプルなものは古びないのかもしれない。ゲーム機の性能を最大限使い、凝ったグラフィックやムービーを目一杯盛り込んだ作品は、ゲーム機の性能が上がるにつれて、古臭く見えてしまう。

 その点「テトリス」はそんな心配がない。シンプルだからこそプレイヤーに飽きられることなく、22年もの長きにわたって、生き続けているのだろう。


取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた