「WiiFit」そして「スマブラX」初体験手記「任天堂カンファレンス 2007.秋」(4/4 ページ)

» 2007年10月11日 15時45分 公開
[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Wiiリモコンで敵を狙い撃て!――「メトロイドプライム3 コラプション」

 人気シリーズの最新作「メトロイドプライム3 コラプション」は、ヌンチャク・スタイルでプレイすることができるFPSだ。

 ヌンチャクのコントロールスティックで移動しつつ、Wiiリモコンのポインター機能で画面内に照準をあてて進む操作感覚は、まさに“WiiでプレイするFPS”。敵が現われたら、Zボタンでロックオンし、Aボタンでビーム発射だ。

画像画像画像 基本的な世界観は前作までと変わっていない印象を受けたがグラフィックは確実に向上している

 メカニカルなフィールドを突き進むサムスには、さまざまな障壁が待ち構えている。時には2段ジャンプ(Bボタンを2回押すと高いところに届く2段ジャンプができる)やモーフボール(Cボタンを押すとおなじみのモーフボール状態になる。この時、Wiiリモコンをくいっと上に振ってやるとサムスがボールのままぴょんとジャンプしたりする)を駆使して進んでいかなくてはならない。また、「-」ボタンを押すことでバイザーのモードが切り替わる。先に進めないが怪しいっ!というポイントに来たらバイザーを切り替えてスキャンモードにすることで謎が解けたりするという流れだ。

画像画像画像

 個人的に面白かったのは、フィールド内の上方にある特定のポイントに向けてZボタンを押すと、腕からワイヤーのようなビームが出て、ターザンアクションで進むプレイ。これがさらに発展すると、Zボタンを押しっ放しでモノレールのように自動的に移動しながら敵を倒していく(敵にあたったら真ッ逆さまに落っこちてしまう)という緊張感ある白熱したプレイもできる。

 今回の体験版ではあまり強い敵にはお目にかかれなかったが、製品版での熱く激しい撃ち合いに期待したい。2008年発売ということで発売日は未定。発売日決定が待ち遠しいタイトルだ。

画像画像画像

(C)2007 Nintendo

タッチペンで敵をなぎ倒す、新しい忍者アクション――「NINJA GAIDEN Dragon Sword」

 年内発売を予定しているテクモのニンテンドーDS用タイトル「NINJA GAIDEN Dragon Sword」をプレイしてみた。

 「NINJA GAIDEN Dragon Sword」はニンテンドーDSを縦持ちにしてプレイするタッチペンアクション。本家「NINJA GAIDEN」シリーズの驚異的なグラフィックと比べるとニンテンドーDSにおけるそれが見劣りしてしまうのは否めないが、ビックリしたのはすべてのアクションがタッチペンだけでできてしまうという操作システムだ。

 タッチスクリーンへのタッチとスライドで移動し、敵を見つけたら敵をズビッズバッとスライドするだけでカッコいい忍者アクションができる。遠くの敵をツンとタッチするだけで手裏剣を出すし、↑↓とスライドすればジャンプ斬り、↓↑↑とスライドすれば飯綱落としという技が出る。とにかく直感的に敵に斬りかかれば豪快なアクションができてしまうのだ。

画像 縦持ちでこういったアクションゲームが出るというのは珍しいかもしれない
画像画像

 さらに左上に赤いアイコンが表示されている時にそれをタッチすると忍法発動!梵字のようなものがタッチスクリーンに現われて、それをタッチペンでなぞると、ド派手な忍法がボスキャラに炸裂!一気に優位に戦闘を展開できるようになる。雑魚を蹴散らしボスキャラをなぎ倒し、ハイスピードで展開する忍者アクションを十分に堪能することができた。

 従来の「NINJA GAIDEN」シリーズの操作方法とは大きく異なるが、ニンテンドーDSならではのインタフェースで新たな「NINJA GAIDEN」の世界を切り開くことになるであろう「NINJA GAIDEN Dragon Sword」は、ファンならずとも要チェックだ。

TECMO,LTD. Team NINJA 2007

関連キーワード

Wii | マリオ | ソニック | 任天堂 | ニンテンドーDS


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」