Xbox 360の真打ちタイトル「Halo 3」ついに登場、そしてシリーズ完結へ「Halo 3」レビュー(1/2 ページ)

全世界が待ちわびた、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)最高傑作「Halo 3」がついにリリース。その魅力とは? 特にネットワークプレイを重点的に紹介する。

» 2007年10月17日 00時00分 公開
[松井悠,ITmedia]

世界中が熱狂の渦に巻き込まれた「Halo 2」から3年、ついに「Halo 3」が登場

 前作「Halo 2」のリリースから3年、ついに「Halo 3」がリリースされた。本作はXbox 360のハードローンチ前から大きな話題となっていた「Halo」3部作の最終作となる。全世界670万本を突破、エンタテインメント史上に残る売り上げを記録した「Halo 2」に続き、アメリカでは発売後24時間で1億7000ドル、1週間で3億ドルを売り上げ、全世界で一大ブームを巻き起こしている(前作までのダイジェストはこちらの記事を参照)。

 本作のジャンルは、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)で、海外では非常にメジャーなものだが、日本ではいまひとつマイナーなジャンルになっている。しかし、Haloシリーズをはじめ、近年日本でもさまざまなFPSタイトルがリリースされてきているので、徐々に認知されてきた感がある。

 ハードを初代のXboxからXbox 360に移し、グラフィック、サウンド、ゲームシステム、さらにバックボーンのサービスまで、ありとあらゆる部分がグレードアップした本作の魅力をたっぷりとお伝えしていきたい。

シリーズ3作目となる本作も、主人公はマスターチーフ。海外では爆発的な人気で、マスターチーフを模した1/1アーマーが2万ドル以上で取引されたことも

ついに完結のストーリー、さらにオンラインで協力プレイも

 初代「Halo」から7年、人類と地球外知的生命体コヴナントの戦いを描いたHalo三部作が完結となった。前作、「Halo 2」のエンディングでは、かなり謎を残していたのだが、今回でその謎がすべて解き明かされる。

 前作「Halo 2」の最後で地球に戻ってきたマスターチーフ。ジャングルに降り立った彼は、再びジョンソン軍曹と合流、さらに前作で一時共闘態勢に入ったコヴナントのエリート族、アービターとともに環状惑星型巨大兵器「Halo」の起動を阻止するため、最後の戦いへと赴いていく。

 実際にプレイをしてみると、最初はなかなかストーリーが理解できず、後述のゲーマースコアを稼ぐために何度かやりなおしてみてはじめて「あ、ここはこういうことだったのか」となることが多かった。ストーリーについて、しっかりと理解しながらプレイを進めたい人は、「Halo」と「Halo 2」をプレイしておくことを強くオススメしておきたい。現在、1と2、そしてXbox 360用のアップデートディスクが同梱された「Haloヒストリーパック」がリリースされているので、そちらを購入するのもいいだろう。

 「Halo 3」では、ストーリーでも自分を含め最大4人までの協力プレイが可能になった。1人のプレーヤーが主人公のマスターチーフ、もう1人がコヴナントの指揮官アービター、そして残りがコヴナントのエリート族の戦士としてプレイしていくことになる。

今作で新登場の乗り物チョッパーで敵の兵士ブルートを弾きとばす。Haloでは、敵を撃つだけではなく、殴ったり、グレネードをくっつけるといった倒し方も用意されている

 「Halo 3」のストーリーモードは、マシンガン、アサルトライフル、スナイパーライフル、ショットガン、エナジーソードなどさまざまな武器を使い分けてマップを進めていく。また、途中で出現する乗り物に乗ることができるのも「Halo」シリーズの魅力の1つ。3人乗り自動車タイプのワートホグや、今作で初お目見えのバイク型攻撃機チョッパーなど、こちらもさまざまなものが用意されている。地球側の戦車スコーピオンで敵をなぎ倒しながら進むのはかなり爽快だ。

 ステージは全部で10用意されており、それぞれ、ジャングルや地球の市街地、洞窟状になっている惑星内部、巨大な平原など、特徴的なものばかり。それぞれのステージにあわせ、様々な武器や乗り物が用意されているので、ゲーム自体はかなりスムーズに進行していく。ぶっ通しでプレイすれば4〜5時間でクリアできるくらいのボリュームは一見、少ないように感じるが、クリア後もマップの各所に隠された「スカル」(取得することで、難易度を変更することができるアイテム)や「Halo 3」のさらなる謎に踏み込むことのできる「ターミナル」を探したり、難易度を変えてプレイしたりとやり込み要素はかなり用意されている。

 また、Xbox 360の全ゲームを通して特定の条件をクリアすると加算されていく「ゲーマースコア」のポイントもストーリーモードで稼ぐことができるので、ゲーマースコアを貯めている人はいろいろなモードでプレイしてみるといい。

 筆者はソロプレイ、ネットワークプレイのいずれも試してみたが、仲間内でわいわい声を上げながらのマルチプレイが非常に楽しい。攻略的な側面からいっても、自分がやられてしまっても仲間が生きていればゲームオーバーにならずに復活ができるためゲームの難度が若干下がるのがうれしいところ。インターネットの回線を引いている人であれば、XboxのオンラインサービスXbox Liveゴールドメンバーシップ(有料)への加入と、ボイスコミュニケーターの使用を強く推奨したい。

1人でプレイしているときでも、味方兵士がいれば車両に乗せることができる。AIの照準あわせや、車両のドライビングテクニックはなかなかのもの

協力プレイでは、ゲーム中最強の乗り物スコーピオンを3台並べて進軍、といったことも可能。また、ワートホグなどの乗り物では、1人が運転、もう1人が助手席、もう一人が砲手席に乗り込んで進むことができる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news161.jpg 24歳人気女優、愛車の大型バイク&金髪ショットを番組で紹介 共演者驚き「街で会っても分からない」
  2. /nl/articles/2405/29/news024.jpg でっかいヤゴを育ててみたら…… とんでもないトンボの誕生に「ただただ感動」「滅多に見られない、生命の神秘!」と100万再生突破
  3. /nl/articles/2405/30/news021.jpg 1歳双子、退院した姉が妹と再会する“瞬間”が551万再生 思わず涙こぼれる様子に「何回でも見ちゃう」「かわいすぎる!」
  4. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  5. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  6. /nl/articles/2405/30/news153.jpg ぴっちりニットの伊織もえ「前通っていい?」→「前通れないだろこれ」 破壊力抜群のショットにファンざわざわ「2度見しちゃう」
  7. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  8. /nl/articles/2405/30/news065.jpg こ、これは! 実物サイズの戦闘車両プラモを作った人のお宅が厳重すぎて二度見必至「ツッコミどころ満載」
  9. /nl/articles/2405/30/news034.jpg みなとみらいに出没した不穏な影に騒然、“ミラッシー”ではないか 「シーバスにしてはデカい」「なにこれ!?」と推測集める
  10. /nl/articles/2402/06/news112.jpg 伊織もえ、バニーガール写真に“疑惑”「見えるヤツって」→まさかの答えにファン騒然「拡大しました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評