連載
» 2007年10月17日 00時00分 公開

2度の挫折を経て「FFXI」にハマりつつある独身男性の物語(その10)ヴァナ・ディールをもう一度(2/2 ページ)

[山本博幸(ねこひげLLC),ITmedia]
前のページへ 1|2       

魔獣の強化のため、再び獣写器を手に飛び出す

 魔獣を強化する方法はレベルアップだけではない。モンスターの撮影に成功した際に得られる封獣板には「獣性」と呼ばれる特殊能力が備わっており、それをすでに魔獣化させた公式魔獣鏡に追加して強化できるのだ。

 たとえばヘクトアイズ族の「Hecteyes」には「CHR+25」の獣性が付いているのだが、この封獣板と僕が持っている公式魔獣鏡の両方を特定のNPCにトレードすると、魔獣にCHR+25の効果が得られるという仕組みになっている。同じモンスターでも得られる獣性は数種類あるので、目当てのものを入手するにはかなりの運と時間がかかる。また、獣性には各種パラメータを上昇するものだけでなく、メインジョブやサポートジョブ、ジョブ特性などバリエーションが豊富にあるので、どの獣性を付加させるのかが魔獣を強化する大きなポイントになりそうだ。中には希少価値の高い獣性も存在するらしく、それを持つモンスターは得てして強敵だったりNM(ノートリアスモンスター)だったりと、近づくだけでも危険なモンスターが多い。

 撮影自体はほかのプレーヤーが戦っているモンスターでも可能なので、強敵の場合は誰かが注意を引きつけている間に撮影するのも手だ。ただし、戦闘をしているプレーヤーの邪魔にならないように、あらかじめ撮影の許可を取るなど、マナーのある行動を心がけたいところ。

 余談だが友人から聞いた話によると、「FF」シリーズではおなじみのモンスター「Behemoth」との戦闘中、ほかのプレーヤーがこのモンスターを撮影したいがあまり不用意に近づき、範囲技で戦闘不能になるハプニングがあったとか。まさに戦場を駆けるカメラマン。彼のフィルムに焼き付けられたものはモンスターの写真か、それとも自分の倒れた姿か……。かく言う僕も、先日アンティカ族の黒魔道士を撮影するために流砂洞へ向かった際、対象のモンスターに襲われた記憶がある。まさか襲ってくるほどレベルが高いモンスターだとは思っていなかったので若干戸惑い、あと少しで倒せるというところで相手が古代魔法の「フリーズ」を詠唱。攻撃で中断させることができず、その一撃であえなく昇天してしまった。勇猛果敢なカメラマンの皆様、撮影はほどほどに……。

目当ての獣性を探すために、西へ東へ、北へ南へとヴァナ・ディールを探索。モンスターを撮影していると、何だか先日プライベートで行った富士サファリパークを思い出す……。ぜひツアーを!!
獣性はバザーに出品できるので、レアな種類を集めれば小遣い稼ぎになるのかも。どのプレーヤーも比較的安く設定しているので、目当ての獣性が見つからなければ購入するのもアリ?

忍者専用武器を求めて――

 ずいぶん前にサポートジョブとして活躍中の忍者のレベルを30にしてからというもの、どうしても手に入れたい武器があった。古豪のプレーヤーなら僕が何を欲しがっているか判断できると思うが、それは片手刀の「にっかり青江」である。レベル30の忍者が装備する武器として攻撃力はそこそこ高いが、最大の魅力は「詠唱中断率25%」という特殊効果。忍者はその特性上、戦闘中にモンスターの攻撃を回避できる忍術「空蝉の術」を使っての盾役を担うのだが、「空蝉の術:壱」の詠唱時間が長いため、敵の攻撃を受けて中断させられることが多い。

 にっかり青江はこの詠唱中断率を若干ながら緩和できる貴重な装備品なので、忍者なら誰でも一度は恋焦がれるはずだ。この武器は店では売っておらず、ギルド桟橋に生息する「Flytrap」を倒し続けるとまれに出現する同種族のNM「Orctrap」が低確率で落とすことがある。もちろん、競売所やバザーで取り引きされているが、お金を節約したい(単に金欠ともいう)ので自力で取りたいものだ。

 メインジョブの戦士がレベル60なので、そろそろ忍者のレベルも上げようと思っていた僕は、その前ににっかり青江を手に入れることに躍起になっていた。この武器を手に入れるまでは、忍者のレベルを上げないと誓い、なるべくログイン人数が多い時間帯を避け、深夜に何度も何度もギルド桟橋に籠もり、ひたすらFlytrapを延々と倒す日々が続いた。その過程でNMのOrctrapが何回か出現したが、倒してもにっかり青江が出る気配がない。ときにはLSのメンバーに手伝ってもらったりもしたが、結局それも徒労に終わる。深夜に起きて活動する日々が続いていたせいか、日常の生活サイクルが著しく狂いはじめ、太陽を拝むこともなくなってしまった。

 そんなある日、僕はいつものようにギルド桟橋へと向かった。長きにわたる敗北感のせいか、僕の中には一握の希望も残っていなかったのだが、条件反射でFlytrapが生息するポイントへと移動する。するとそこにはすでに、NMのOrctrapが出現していたのだ。僕が来る前に誰かがFlytrapを倒していたのだろうか。それとも、ログインした時間がたまたまバージョンアップ終了後だったのかはわからない。今、目の前にOrctrapがいる現実だけが僕の胸を膨らませた。

 しかし、これまでの確率で考えると、倒しても装備品を落とすことはないだろう。たとえそうだとしても、このチャンスはオマケみたいなものだ。落とさなくて当たり前。僕は気負いせずOrctrapを攻撃し、そして倒した。「Orctrapを倒した!」のメッセージがログ画面に流れた瞬間、次のメッセージを表示するためログがスクロールし始める。そこには――!

「Orctrapはにっかり青江を持っていた!」

 これを見た瞬間、僕の両腕は無意識にガッツポーズの形になっており、芸人コンビ「よゐこ」の濱口よろしく「獲ったどーーーー!!」と大声で叫んだ。時計を見ると丑三つ時の深夜3時頃。隣の部屋から大きく壁を蹴る音が聞こえたが、今日だけは気にしない。現実では夜が深けてきた時間帯でも、ヴァナ・ディールでは朝日が差し始めている。久しぶりに見た朝日はものすごく眩しく、清々しかった(ご近所に迷惑はかけないように!)。

NMにはプレーヤーの夢とか希望がたくさん詰まっている。故にときにはプレーヤー同士でNMの取り合いになることもあるようだが、同じ夢を見ている者同士、仲良くしましょう。でも、このときはほかにライバルがいなくて助かった〜!!
(C)2002-2007 SQUARE ENIX CO.,LTD All Rights Reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」