2度の挫折を経て「FFXI」にハマりつつある独身男性の物語(その10)ヴァナ・ディールをもう一度(2/2 ページ)

» 2007年10月17日 00時00分 公開
[山本博幸(ねこひげLLC),ITmedia]
前のページへ 1|2       

魔獣の強化のため、再び獣写器を手に飛び出す

 魔獣を強化する方法はレベルアップだけではない。モンスターの撮影に成功した際に得られる封獣板には「獣性」と呼ばれる特殊能力が備わっており、それをすでに魔獣化させた公式魔獣鏡に追加して強化できるのだ。

 たとえばヘクトアイズ族の「Hecteyes」には「CHR+25」の獣性が付いているのだが、この封獣板と僕が持っている公式魔獣鏡の両方を特定のNPCにトレードすると、魔獣にCHR+25の効果が得られるという仕組みになっている。同じモンスターでも得られる獣性は数種類あるので、目当てのものを入手するにはかなりの運と時間がかかる。また、獣性には各種パラメータを上昇するものだけでなく、メインジョブやサポートジョブ、ジョブ特性などバリエーションが豊富にあるので、どの獣性を付加させるのかが魔獣を強化する大きなポイントになりそうだ。中には希少価値の高い獣性も存在するらしく、それを持つモンスターは得てして強敵だったりNM(ノートリアスモンスター)だったりと、近づくだけでも危険なモンスターが多い。

 撮影自体はほかのプレーヤーが戦っているモンスターでも可能なので、強敵の場合は誰かが注意を引きつけている間に撮影するのも手だ。ただし、戦闘をしているプレーヤーの邪魔にならないように、あらかじめ撮影の許可を取るなど、マナーのある行動を心がけたいところ。

 余談だが友人から聞いた話によると、「FF」シリーズではおなじみのモンスター「Behemoth」との戦闘中、ほかのプレーヤーがこのモンスターを撮影したいがあまり不用意に近づき、範囲技で戦闘不能になるハプニングがあったとか。まさに戦場を駆けるカメラマン。彼のフィルムに焼き付けられたものはモンスターの写真か、それとも自分の倒れた姿か……。かく言う僕も、先日アンティカ族の黒魔道士を撮影するために流砂洞へ向かった際、対象のモンスターに襲われた記憶がある。まさか襲ってくるほどレベルが高いモンスターだとは思っていなかったので若干戸惑い、あと少しで倒せるというところで相手が古代魔法の「フリーズ」を詠唱。攻撃で中断させることができず、その一撃であえなく昇天してしまった。勇猛果敢なカメラマンの皆様、撮影はほどほどに……。

目当ての獣性を探すために、西へ東へ、北へ南へとヴァナ・ディールを探索。モンスターを撮影していると、何だか先日プライベートで行った富士サファリパークを思い出す……。ぜひツアーを!!
獣性はバザーに出品できるので、レアな種類を集めれば小遣い稼ぎになるのかも。どのプレーヤーも比較的安く設定しているので、目当ての獣性が見つからなければ購入するのもアリ?

忍者専用武器を求めて――

 ずいぶん前にサポートジョブとして活躍中の忍者のレベルを30にしてからというもの、どうしても手に入れたい武器があった。古豪のプレーヤーなら僕が何を欲しがっているか判断できると思うが、それは片手刀の「にっかり青江」である。レベル30の忍者が装備する武器として攻撃力はそこそこ高いが、最大の魅力は「詠唱中断率25%」という特殊効果。忍者はその特性上、戦闘中にモンスターの攻撃を回避できる忍術「空蝉の術」を使っての盾役を担うのだが、「空蝉の術:壱」の詠唱時間が長いため、敵の攻撃を受けて中断させられることが多い。

 にっかり青江はこの詠唱中断率を若干ながら緩和できる貴重な装備品なので、忍者なら誰でも一度は恋焦がれるはずだ。この武器は店では売っておらず、ギルド桟橋に生息する「Flytrap」を倒し続けるとまれに出現する同種族のNM「Orctrap」が低確率で落とすことがある。もちろん、競売所やバザーで取り引きされているが、お金を節約したい(単に金欠ともいう)ので自力で取りたいものだ。

 メインジョブの戦士がレベル60なので、そろそろ忍者のレベルも上げようと思っていた僕は、その前ににっかり青江を手に入れることに躍起になっていた。この武器を手に入れるまでは、忍者のレベルを上げないと誓い、なるべくログイン人数が多い時間帯を避け、深夜に何度も何度もギルド桟橋に籠もり、ひたすらFlytrapを延々と倒す日々が続いた。その過程でNMのOrctrapが何回か出現したが、倒してもにっかり青江が出る気配がない。ときにはLSのメンバーに手伝ってもらったりもしたが、結局それも徒労に終わる。深夜に起きて活動する日々が続いていたせいか、日常の生活サイクルが著しく狂いはじめ、太陽を拝むこともなくなってしまった。

 そんなある日、僕はいつものようにギルド桟橋へと向かった。長きにわたる敗北感のせいか、僕の中には一握の希望も残っていなかったのだが、条件反射でFlytrapが生息するポイントへと移動する。するとそこにはすでに、NMのOrctrapが出現していたのだ。僕が来る前に誰かがFlytrapを倒していたのだろうか。それとも、ログインした時間がたまたまバージョンアップ終了後だったのかはわからない。今、目の前にOrctrapがいる現実だけが僕の胸を膨らませた。

 しかし、これまでの確率で考えると、倒しても装備品を落とすことはないだろう。たとえそうだとしても、このチャンスはオマケみたいなものだ。落とさなくて当たり前。僕は気負いせずOrctrapを攻撃し、そして倒した。「Orctrapを倒した!」のメッセージがログ画面に流れた瞬間、次のメッセージを表示するためログがスクロールし始める。そこには――!

「Orctrapはにっかり青江を持っていた!」

 これを見た瞬間、僕の両腕は無意識にガッツポーズの形になっており、芸人コンビ「よゐこ」の濱口よろしく「獲ったどーーーー!!」と大声で叫んだ。時計を見ると丑三つ時の深夜3時頃。隣の部屋から大きく壁を蹴る音が聞こえたが、今日だけは気にしない。現実では夜が深けてきた時間帯でも、ヴァナ・ディールでは朝日が差し始めている。久しぶりに見た朝日はものすごく眩しく、清々しかった(ご近所に迷惑はかけないように!)。

NMにはプレーヤーの夢とか希望がたくさん詰まっている。故にときにはプレーヤー同士でNMの取り合いになることもあるようだが、同じ夢を見ている者同士、仲良くしましょう。でも、このときはほかにライバルがいなくて助かった〜!!
(C)2002-2007 SQUARE ENIX CO.,LTD All Rights Reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」