「アナタハ……ダレ……」――振り向くことすらおののく、Blu-rayノベル「忌火起草」レビュー(2/2 ページ)

» 2007年10月25日 00時00分 公開
[小城由都,ITmedia]
前のページへ 1|2       

こっ、怖いです……。大の大人がビクビクする理由

 物語のあらすじからも分かるとおり、内容は完全にホラーである。中村氏が制作発表の席で「シリーズ“最怖”」と言い切ったくらい、怖さに磨きをかけている。

 ちょっと大人びた文章でまとめてみたが、かっこつけずに正直な気持ちを言うと、自分の周囲で関係ない音がすると、それに反応してビクッとしてしまうくらい、怖い。もしこのゲームを家でひとりでプレイしていて、いきなり扉をドンドンドンと叩かれたり、チャイムが鳴ったり、携帯が鳴ったり、弟に背中をつつかれたりしたら、きっと「ぎゃぁっ!!」と叫び声を上げてしまうに違いない。

 筆者は、あまりにも怖そうな内容から、煌々と蛍光灯が輝く仕事場で、周囲にたくさん仕事仲間がいる状態の中、ヘッドフォンを最小の音量にして遊んでいた。それでも、遠くから何か音がするたびに、ビクッとなったものだし、怖すぎて「うぉ〜、ふざけんな〜おっかねぇ〜」と何度も独り言をつぶやき、周囲から白い目で見られ続けた。

 では、何が怖いのか。

 理由のひとつは、「忌火起草」のゲームシステムにある。声や効果音などは日常の音としてスピーカーから発せられ、自分の気持ちは文字で読んでいるため、その場にいる、という臨場感が半端ではない。主人公の声やセリフの内容、言い方などが自分の想像と違うことがたまにあるが、牧村弘樹という主人公の追体験をゲームでプレイしている、という感覚に慣れれば、これもそれほど気にならなくなる。

 もしかしたら、この「主人公」と「プレーヤー」の感覚のズレを利用したシナリオも、用意されているかもしれない。いや、ぜひとも用意されていてほしい。チュンソフトが作る、そういったシステムを利用したトリックは、毎度毎度ワクワクして楽しみにしている。だんだん主人公が、プレーヤーの現実と交錯してきたり、弘樹がプレーヤーに向かって急に話しかけてきたり……。そんなシナリオがあったらどんなによいだろう。あるいはもっと、突飛な使い方をしてくれるかもしれない。そのあたりはお手並み拝見ということで、楽しみにしていたい。

 プレイしていて気づいたのだが、本作を遊んでいると、携帯電話のバイブが鳴るシーンが何度か登場する。静寂の中でいきなり鳴る携帯電話のバイブの音は、相当怖い。恐怖の想像で気持ちが異世界をさまよいながらフラフラしているところを、いきなりグッと現実に引き戻され、空想の中の恐怖が現実の世界に刷り込まれてしまうのだ。「いやぁ、よく考えられているなぁ」と感心することしきり。

 音でもうひとつ気づいたことがある。大きな驚かすような効果音をあまり使っていないし、BGMの音量を大幅に上げていったりという演出も少ない。それよりも、耳元の後ろから聞こえるように「アナタハ……ダレ……」とつぶやかれたときほど、心臓が縮み上がったことはなかった。これ、ヘッドフォンではなくドルビーサラウンド5.1ch対応のスピーカーだったら、もっと怖かっただろう。静の恐怖。それも本作の見所のひとつだ。

 演出面でいえば、さすがサウンドノベルの老舗! と、うなってしまったのが、文字の使い方の巧みさ。あせっているときは速く、恐怖で思考が滞っているときにはゆっくり、など、プレーヤーの気持ちのテンポにあわせて、文字を表示する速度を微妙に変えているのだ。これはこれまでのサウンドノベルシリーズでも当然行ってきた演出なのだが、実写・実声と交わり、主人公の心の中の声のみを文字にした本作では、その職人技ともいえる演出がとてもよく体に染み込んでくる。だからこそ、映像や音声だけでなく、文字から得る恐怖も味わえるのである。

「街」に続いて再び実写を使用! その裏に覚悟と自信を見た!!

 恐怖を演出するグラフィックがかなり作りこまれている点は、本作の一番のキモであろう。どんなにリアルに描きこまれたグラフィックでも、ゲーム用のグラフィック、という観点で作ると、プレーヤーが「ゲームを遊んでいる」ことに気づいてしまう。しかしリアルすぎると今度は「映画を見させられている」気分になってしまう。その中間をうまくとり、恐怖の演出に力を入れているのがすばらしい。

 これは賛否両論出てきそうだが、本作の面白さは、やはり実写を使ったのが功を奏したのだと思う。サウンドノベルに実写を持ち込んだのは同じくチュンソフトの「街〜運命の交差点」。このソフトはユーザーから今でも高く評価されているのだが、ことグラフィックに関しては「実写を使うと想像力が限定されてしまう」という理由で批判もチラホラ噴出している(渋谷という実在の街を舞台にしたことも、本作では架空表現になっている)。しかし今回は、人間を限定する一番重要な要素である「顔」をわざとぼかした演出をすることで、登場人物に関しては想像力を限定させないように工夫している。

 実写のすばらしさは、映像技術や演出の苦労と背中合わせである。よっぽど自信がなければ、チュンソフトは実写を使わなかったはずだ。なぜなら、前出した「街」での痛い思いがあるからである。前出の昨年のインタビューから再び転載する。

中村氏 ずっとゲームを作ってきて、初めて挫折感を味わったのも「街」だったんですよ。(中略)この作品だけは数字がついてこなかったんです。周囲からは“実写を使ったのがいけなかったんじゃないか”とも言われましたが、実写だから面白くないとか、3Dだから面白いとか、関係ないと思うんですよね。実際、思い出のゲームランキングなんかを見ると、常に上位にランキングされている。非常に考えさせられる作品でした。

 これだけ痛い思いを抱きながら、しかし作品としての完成度には自信を持っていた中村氏。ここで実写を使うことには、かなりの覚悟と自信を必要としたに違いない。ゲーム業界の雄といわれる中村光一氏から、「どうよ、今度のサウンドノベルは!」と挑戦状を叩きつけられているようなもの。そんな気持ちを抱きながら、今宵も「ひぃぃ〜」と震えてプレイしてみてはいかがだろうか。

 正直な話、筆者は夜ひとりでこのゲームを遊べません。周囲にもおすすめしません。必ず、誰かといっしょに遊んでください。さもないと……。

個人的にこの写真、「弟切草」のオマージュなのではないか、とかんぐってしまうのだが……
ここにも、「街〜運命の交差点〜」のオマージュを発見。相変わらず、茶目っ気があるというか

「忌火起草」
対応機種プレイステーション 3
ジャンルサウンドノベル
発売予定日2007年10月25日
価格(税込)7980円
(C)2007 CHUNSOFT


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評