「アナタハ……ダレ……」――振り向くことすらおののく、Blu-rayノベル「忌火起草」レビュー(2/2 ページ)

» 2007年10月25日 00時00分 公開
[小城由都,ITmedia]
前のページへ 1|2       

こっ、怖いです……。大の大人がビクビクする理由

 物語のあらすじからも分かるとおり、内容は完全にホラーである。中村氏が制作発表の席で「シリーズ“最怖”」と言い切ったくらい、怖さに磨きをかけている。

 ちょっと大人びた文章でまとめてみたが、かっこつけずに正直な気持ちを言うと、自分の周囲で関係ない音がすると、それに反応してビクッとしてしまうくらい、怖い。もしこのゲームを家でひとりでプレイしていて、いきなり扉をドンドンドンと叩かれたり、チャイムが鳴ったり、携帯が鳴ったり、弟に背中をつつかれたりしたら、きっと「ぎゃぁっ!!」と叫び声を上げてしまうに違いない。

 筆者は、あまりにも怖そうな内容から、煌々と蛍光灯が輝く仕事場で、周囲にたくさん仕事仲間がいる状態の中、ヘッドフォンを最小の音量にして遊んでいた。それでも、遠くから何か音がするたびに、ビクッとなったものだし、怖すぎて「うぉ〜、ふざけんな〜おっかねぇ〜」と何度も独り言をつぶやき、周囲から白い目で見られ続けた。

 では、何が怖いのか。

 理由のひとつは、「忌火起草」のゲームシステムにある。声や効果音などは日常の音としてスピーカーから発せられ、自分の気持ちは文字で読んでいるため、その場にいる、という臨場感が半端ではない。主人公の声やセリフの内容、言い方などが自分の想像と違うことがたまにあるが、牧村弘樹という主人公の追体験をゲームでプレイしている、という感覚に慣れれば、これもそれほど気にならなくなる。

 もしかしたら、この「主人公」と「プレーヤー」の感覚のズレを利用したシナリオも、用意されているかもしれない。いや、ぜひとも用意されていてほしい。チュンソフトが作る、そういったシステムを利用したトリックは、毎度毎度ワクワクして楽しみにしている。だんだん主人公が、プレーヤーの現実と交錯してきたり、弘樹がプレーヤーに向かって急に話しかけてきたり……。そんなシナリオがあったらどんなによいだろう。あるいはもっと、突飛な使い方をしてくれるかもしれない。そのあたりはお手並み拝見ということで、楽しみにしていたい。

 プレイしていて気づいたのだが、本作を遊んでいると、携帯電話のバイブが鳴るシーンが何度か登場する。静寂の中でいきなり鳴る携帯電話のバイブの音は、相当怖い。恐怖の想像で気持ちが異世界をさまよいながらフラフラしているところを、いきなりグッと現実に引き戻され、空想の中の恐怖が現実の世界に刷り込まれてしまうのだ。「いやぁ、よく考えられているなぁ」と感心することしきり。

 音でもうひとつ気づいたことがある。大きな驚かすような効果音をあまり使っていないし、BGMの音量を大幅に上げていったりという演出も少ない。それよりも、耳元の後ろから聞こえるように「アナタハ……ダレ……」とつぶやかれたときほど、心臓が縮み上がったことはなかった。これ、ヘッドフォンではなくドルビーサラウンド5.1ch対応のスピーカーだったら、もっと怖かっただろう。静の恐怖。それも本作の見所のひとつだ。

 演出面でいえば、さすがサウンドノベルの老舗! と、うなってしまったのが、文字の使い方の巧みさ。あせっているときは速く、恐怖で思考が滞っているときにはゆっくり、など、プレーヤーの気持ちのテンポにあわせて、文字を表示する速度を微妙に変えているのだ。これはこれまでのサウンドノベルシリーズでも当然行ってきた演出なのだが、実写・実声と交わり、主人公の心の中の声のみを文字にした本作では、その職人技ともいえる演出がとてもよく体に染み込んでくる。だからこそ、映像や音声だけでなく、文字から得る恐怖も味わえるのである。

「街」に続いて再び実写を使用! その裏に覚悟と自信を見た!!

 恐怖を演出するグラフィックがかなり作りこまれている点は、本作の一番のキモであろう。どんなにリアルに描きこまれたグラフィックでも、ゲーム用のグラフィック、という観点で作ると、プレーヤーが「ゲームを遊んでいる」ことに気づいてしまう。しかしリアルすぎると今度は「映画を見させられている」気分になってしまう。その中間をうまくとり、恐怖の演出に力を入れているのがすばらしい。

 これは賛否両論出てきそうだが、本作の面白さは、やはり実写を使ったのが功を奏したのだと思う。サウンドノベルに実写を持ち込んだのは同じくチュンソフトの「街〜運命の交差点」。このソフトはユーザーから今でも高く評価されているのだが、ことグラフィックに関しては「実写を使うと想像力が限定されてしまう」という理由で批判もチラホラ噴出している(渋谷という実在の街を舞台にしたことも、本作では架空表現になっている)。しかし今回は、人間を限定する一番重要な要素である「顔」をわざとぼかした演出をすることで、登場人物に関しては想像力を限定させないように工夫している。

 実写のすばらしさは、映像技術や演出の苦労と背中合わせである。よっぽど自信がなければ、チュンソフトは実写を使わなかったはずだ。なぜなら、前出した「街」での痛い思いがあるからである。前出の昨年のインタビューから再び転載する。

中村氏 ずっとゲームを作ってきて、初めて挫折感を味わったのも「街」だったんですよ。(中略)この作品だけは数字がついてこなかったんです。周囲からは“実写を使ったのがいけなかったんじゃないか”とも言われましたが、実写だから面白くないとか、3Dだから面白いとか、関係ないと思うんですよね。実際、思い出のゲームランキングなんかを見ると、常に上位にランキングされている。非常に考えさせられる作品でした。

 これだけ痛い思いを抱きながら、しかし作品としての完成度には自信を持っていた中村氏。ここで実写を使うことには、かなりの覚悟と自信を必要としたに違いない。ゲーム業界の雄といわれる中村光一氏から、「どうよ、今度のサウンドノベルは!」と挑戦状を叩きつけられているようなもの。そんな気持ちを抱きながら、今宵も「ひぃぃ〜」と震えてプレイしてみてはいかがだろうか。

 正直な話、筆者は夜ひとりでこのゲームを遊べません。周囲にもおすすめしません。必ず、誰かといっしょに遊んでください。さもないと……。

個人的にこの写真、「弟切草」のオマージュなのではないか、とかんぐってしまうのだが……
ここにも、「街〜運命の交差点〜」のオマージュを発見。相変わらず、茶目っ気があるというか

「忌火起草」
対応機種プレイステーション 3
ジャンルサウンドノベル
発売予定日2007年10月25日
価格(税込)7980円
(C)2007 CHUNSOFT


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」