レビュー
» 2007年11月05日 00時00分 公開

旅行する時間がないので、「PGR4」で世界一周気分を味わってみた (1/3)

Xbox 360を代表するレースゲーム「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」。シリーズ最新作が発売されて数日――コースである街の作り込みがハンパない本作を使って、観光気分でレースを楽しんでみました。

[板橋舟人,ITmedia]

世界中の都市を楽しんでみよう

 いやー、こうも忙しいと旅行でもして気分転換を図りたいところだ。だが、旅行する時間なんかないし、先立つものもない。さらに、パスポートもいつぞやのE3取材以来見かけていない。「まあ余計なことは考えずに仕事するか……」と思いつつふと横を見ると、「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」(以下、PGR 4)があるではないか。コレなら手軽に遊べるし、世界中の都市が収録されているから、ちょっとは旅行気分が楽しめるかも……!? というわけで、今回はちょっと変わった視点から「PGR 4」を楽しんでみたいと思う。

 そもそも「PGR」シリーズとは、実在の都市を舞台に、実在の高級車種でレースを楽しんじゃおう、というレースゲームである。速く走るだけではなく、いかに“格好良く”走れるかが勝負のポイントとなるのが、大きな特徴である。詳しくは、発売前のプレビュー記事を参照してほしい。

 ちなみに前作「PGR 3」では、コースとなる都市の尋常ではない作り込みが、大きく話題になった。日本からは新宿がコースとして収録されており、回転寿司の看板まで再現されているという凝りようだった。

日本からは前作に引き続き、新宿コースを収録。歌舞伎町一番街の看板とか、ホントにそのままだ

まずはカナダ〜北米方面をぶらり一人旅――観光っぽい有名どころは見られるかな?

 ここからは気分を盛り上げるため、実際に都市を訪れたかのような感じで執筆していく。読者諸兄は、まあ生暖かい目で読んでいただけるとありがたいです。

 さて、最初に訪れたのは、カナダの東部にある州のひとつ「ケベック」だ。ケベック自体の知名度はさほど高くないと思われるが(筆者が知らなかっただけ)、実はかの有名な都市、モントリオールがある場所である。

 ケベックは北米唯一のフランス文化圏であり、カナダでありながら公用語もフランス語のみ。古風な建物と近代的なビルが同居する街並みは美しく、中でもノートルダム聖堂やマリア大聖堂などが有名である。ゲーマー的には、UBIソフトのモントリオールスタジオがある場所、という印象が強い。

 ちなみにゲーム中でノートルダム聖堂を捜してみたのだが、残念ながら発見できず。全然別の場所が収録されているのであろうか……。

北米ながらヨーロッパ風の建物が建ち並ぶケベック。超高層ビルも建ち並んでおり、そのギャップが見所でもある

 続いて訪ねたのは、ニューヨーク。アメリカ合衆国のニューヨーク州にある、ニューヨーク市だ。ちなみにGotham(ゴッサム)という愛称があり、本シリーズとは切っても切り離せない関係にある。

 本作で走れるのは、ブルックリンブリッジとマンハッタンブリッジの周辺。直線距離が長いため、猛スピードで突っ走れて気分爽快だ。さて、ニューヨークといえば自由の女神! ……なのだが、やっぱり本作では残念ながら見えず。その代わり、マンハッタン島ではニューヨーク市庁舎を拝むことができる。世界遺産が見たいのに!

こちらはニューヨーク市庁舎の建物。超高層ビルも無数にあり、大都会を感じさせられるコースだ
ブルックリン・ブリッジもこの再現度。直線距離が長く、バイクで突っ走ったその瞬間から俺は風になる

 引き続き、アメリカはラスベガスに向かった。いわずと知れた、カジノの街である。Xbox 360ユーザーにとっては、対テロ特殊部隊で暴れ回った懐かしい場所でもある。

 本作では、ラスベガスのBoulevardを中心に収録されており、見所は満載だ。かの有名なホテルミラージュやフラミンゴラスベガスを筆頭に、どの建物も豪華絢爛。夜になってもネオンが消えることはなく、絶えずにぎやかな街である。

こちらはフラミンゴラスベガス。かつては日本人観光客が多く利用していた、知名度の高いホテル
とにかくまあ、ハデな街です。スポーツカーよりも、高級車の方が似合うかも?
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」