連載
» 2007年11月16日 00時00分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:ポリゴンに新しさを感じた頃「麻雀ステーション MAZIN〜麻神〜」 (2/2)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

対局時間の長さまでリアル

 「麻神」では、いちいちCPUキャラクターがツモと打牌を繰り返すので、普通の麻雀ソフトよりプレイ時間が長い。半荘で1時間は優にかかる。

 だから、3巡くらいツモ切りが続くと、本当にすごく手が進んでないように感じられる。「麻神」をプレイしていると、実際に人と打っているような感覚になるが、見た目のリアルさというよりも、このプレイ時間の長さが、このような感覚を生んでいると思う。

 それにしても、さすがに時間がかかりすぎなので、「麻神」にはポリゴンを使わない「スタンダード」モードも用意されている。

 スタンダードモードにすると、いたって普通の麻雀ソフトになるが、ゲーム展開は非常に速い。10分から20分くらいで半荘が終わる。多分このゲームを買った人のほとんどは、ポリゴンで半荘3〜4回プレイして、各キャラクターの濃さをひと通り見たら、その後はスタンダードの方でゲームを続けると思う。

 麻雀の思考アルゴリズム自体は、ほかのゲーム機やPCの「麻雀悟空」でおなじみ、シャノアールが作った本格派。ちゃんと雀士ごとに性格付けもされており、早上がりが好きな雀士や、七対子をよく狙う雀士もいる。

(ちなみに「麻神」と同じ日に、プレイステーションで「麻雀悟空 天竺」も発売されている。こちらの発売元はエレクトロニック・アーツ・ビクター)

画像 これがスタンダードモード。視点を固定しているというより、表示プログラムが根本から違う
画像 ポリゴンでも卓上に視点を固定させることが可能。各雀士のツモの動作が省略されるので、多少は時間の節約になる

 伊吹勝也が10人の雀士の中でランキングトップに立つと、麻神と対戦できる……らしい。例によって、わたしはそこまで進むことができず、麻神には会えなかった。

 負けそうになったら、メモリーカードへ書き込まれる前にリセットボタンを押せばいいから、時間さえかければ、いつかは麻神と対戦できると思うが。

 「麻神」の続編としては、実は2000年に、プレイステーション 2で「ストリート麻雀トランス 麻神2」が発売されているらしい。

 牌や卓がポリゴンで表示されているのはもちろん、キャラクターのアクションや音声は、プレイステーション 2の高機能を生かしてさらに強化されている、というか、さらに濃くなっているらしいのだが、残念ながら入手できなかった。

麻雀ゲームソフトの思い出

 1981年、アーケードに登場した「ジャンピュータ」(三立技研・アルファ電子)がヒットして以降、時代ごとにいろんな麻雀ゲームが現れた。

 わたしは「ぎゅわんぶらあ自己中心派」のゲーム(オリジナルはゲームアーツのPC版。後に家庭用ゲーム機にも移植された)で麻雀に興味を持ち、原作のマンガにもハマって、麻雀のルールを覚えた。

画像 「ぎゅわんぶらあ自己中心派」の舞台となった下北沢にて

 ゲーム「ぎゅわんぶらあ自己中心派」最大の特長は、配牌やツモがランダムではなく、キャラクターごとに特定の種類の牌を集まりやすくしている点。

 いわばCPUのイカサマなのだが、これによって原作に出てくる強烈な登場人物の個性を、うまく再現している。本当に、マンガに出てくる雀士たちと麻雀を打っているような感じなのだ。

 このシステムがなければ、ツキ出すと止まらない主人公の持杉ドラ夫をはじめ、ムダヅモがほとんどないゴッドハンド氏、極端に配牌運のいい勝ち過ぎの金蔵などは、ゲームで再現できなかっただろう。

 プレイステーションでは、スクウェアが“アクエス”というブランドで出していた、「プロロジック麻雀 配神」(1997年)も印象に残る。

 このゲームは、プレーヤーが打ち筋をプログラムしてCPU雀士を作れるということが最大の売りだったが、わたしが気に入ったのは通常の勝ち抜き戦モード。

 プレーヤーが実在のプロ雀士と戦うという設定なのだが、プレーヤーのポジションが、当時放送中だった「料理の鉄人」を意識した“達人”となっていた。

 対局中には「料理の鉄人」さながら、フジテレビ・福井謙二アナウンサーによる実況が入る。「プロが達人の前で調子に乗っております」、「非力なプロ同士が助け合っております」など、やたら達人(=プレーヤー)びいきの実況をするのがおもしろかった。

 翌1998年に出た「牌神2」では、世界を巡って麻雀をする「麻雀グランプリ」というモードがメインだったが、このときプレーヤーを“師匠”と慕って、勝手についてくる男として、松村邦洋さんが出演していた。

 あと、今調べて知ったのだが、プレイステーション 2で「牌神3」が出ていたらしい(2002年)。パンチ佐藤さんが実況を務めていたらしい。

 このほかにも、麻雀のゲームソフトはいろいろプレイしているわたしだが、実はリアルで麻雀をプレイしたことが、今までの人生で1回しかない。

 麻雀のできるメンバーが4人集まらないのだ。特に大学を卒業して以降、仕事以外でそんな手頃な人数の人が集まる機会がなかなかない。同じ理由で、テーブルトークRPGもあまりやっていない。

 今は麻雀もオンライン対戦ができるし、テーブルトークRPGに近いものがオンラインで楽しめる。でもわたしは、それらも1回もプレイしていない。人とゲームをやった経験が少ないから、何かマナーに反したことをしでかしてしまうのではないかと心配なのだ。

 あと、せめてゲームの世界の中では、大勢の中の1人ではなくて、一等賞になりたいという意識が強い。だからオンラインは敬遠して、昔ながらのスタンドアロンの世界に漬かっているのである。

 ……まあ、もっとも、CPU相手の「麻神」でもランキングは7位くらいで、一等賞には遠く及んでいないんだけど。

●取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた