レビュー
» 2007年11月29日 12時46分 公開

縦持ちプレイで“ミステリーを読む”感覚でプレイできるアドベンチャー「アナタヲユルサナイ」レビュー(2/2 ページ)

[立花裕壱,ITmedia]
前のページへ 1|2       

人情味あふれる理々子の魅力

 探偵アドベンチャーといっても、トリックを見破り犯人を追いつめていく謎解きタイプではなく、事件によって揺れ動くさまざまな人物の心を丁寧に描くドラマタイプに仕上がっている。

 探偵事務所の仲間たちは個性的だが、人間として温かく、次第に絆が強まっていく様子に惹きつけられる。「依頼人に証拠を渡したら仕事はおしまいなんだよ。私情を挟むなよ」という夫・草薙のように探偵を仕事と割り切れない理々子。正体を偽って麻薬捜査官になりすまし、ターゲットと接触するなど、なりふり構わない強引ぶりだ。それもこれも依頼者になんとか喜んでもらいたいから。理々子の優しさが、本作の温かみにつながっている。

 そしてその理々子を「相変わらず、ムチャするねえ」と冷静に支えるのがパートナーの木崎ユウジ。調査員としての仕事ぶりも的確、しかも感情の振り幅が激しい理々子をときに叱ったり慰めたりして落ち着かせる。右耳にゲイの証のピアスが光るユウジと、旦那に逃げられた理々子は、親友ともまた違う独特の新しい関係を見せてくれる。

 名作探偵アドベンチャーには、「探偵・神宮寺三郎」シリーズの神宮寺三郎と御苑洋子、「ミッシングパーツ」の真神恭介と白石哲平のような名コンビがつきものだ。この2人もその仲間入りをしたのではないだろうか。

 中盤からは、「不肖坂本。一所懸命の覚悟でお手伝いさせていただきます」と、坊主頭に背広の強烈キャラ、坂本くんも事務所のメンバーになる。あくの強い性格だが、うまくシナリオに絡み、笑いのエッセンスとして効いている。

 実は、第1章はテンポがややスローで、ちょっと退屈と感じるかもしれない。しかしこれは計算だろう。章を追うごとに事件は複雑化し、息をもつかせぬ展開になる。最終章では理々子も命がけの戦いに巻き込まれる。

 ゆっくりと立ち上がり、加速度を増していくストーリーに、いつしかのめり込んでしまう。とても練られた構成だ。

画像 理々子の父、竹内武雄。元は捜査一課の敏腕刑事だったが、辞職して竹内探偵事務所を設立した。ゴルフが趣味でかつてはシングルの腕前だった
画像 理々子の夫、草薙学。調査員をまとめる立場にいる。仕事に関してはリアリスト。理々子とは仕事のやり方を巡ってケンカが絶えない
画像 冷静沈着で優秀な理々子のパートナー、木崎ユウジ。理々子の性格を把握し、手綱を取る。絵本作家になるのが夢という乙女な一面も

尾行に盗撮、盗聴……探偵としての調査

 選択肢での分岐も少なく、プレイの基本は文章を読んでいくこと。会話パートでは、先ほども書いたとおり、相手の全身をアナログパッドを使って観察できる。怪しい部分はクローズアップされ、「Talk」アイコンが出れば、観察した結果を踏まえて話題を振ることもできる。たとえば、左手の薬指に光るダイヤの指輪に目を留めて「すてきな結婚指輪ですね」と話しかけると「まあ、あの人にしてはがんばったほうよね」と、結婚について話が発展していくという具合だ。

 その人を疑うか、信じるか。「Talk」は選択肢代わりにもなり、選び方によってはバッドエンドになってしまう。どこに注目するかが重要だ。

 会話以外では、調査中にちょっとしたミニゲームも発生する。たとえばアナログパッドでターゲットに見つからないようについていく「尾行」。口紅に仕込んだカメラでターゲットの写真をうまく撮る「撮影」などなど。探偵の雰囲気を盛り上げてくれる。

 また、各事件の要所では、誰を調査するべきか、誰が事件の真相を知っているか、といった二択の選択を迫られることもある。ここできちんと推理して正しい答えを選ばないとやはりバッドエンドに。とはいえ、バッドエンドも面白いものが多く、探してコンプリートするのも楽しみのひとつだ。わざと変なところに注目したり、間違った選択をしたりしてみよう。

画像 複数のターゲットを平行して調査するとき、理々子がどちらを直接担当するか選ぶ場面も出てくる。物語の展開も多少変わる
画像 口紅に仕込んだ小型カメラで密会の場面を撮影。2人の顔がうまく移るよう、アナログパッドを動かして激写する
画像 余計な場所をチェックすると逆鱗に触れてバッドエンドを迎えるかも? バッドエンドは「達成率」として蓄積される

ゲーム性は薄いが読ませるシナリオ

 本作をゲームとして見ると、評価は辛くなってしまうかもしれない。やり込み要素も薄く、「結局コマンドの総当たりで済む」という意見もあるだろう。しかし、これをPSPで読む&見る探偵ドラマとして考えれば文句のつけようがない。BGMはシーンごとにピッタリで、特に緊迫した場面では手に汗握る。所長はどこに消えてしまったのか? 夫の草薙が別れを切り出した理由とは? 理々子と事務所のメンバーを次々とピンチが襲い、そしてクライマックスには……。

 最終章はかなりハードだが、それでも全般的には温かい空気に包まれている。理々子とユウジの、お互いを信頼しあっているやり取りが、なんだかほっとさせてくれるのだ。新たに誕生した理々子とユウジの異色探偵コンビ。次回作でも活躍を期待したいところだ。

関連キーワード

PSP | AQインタラクティブ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」