さぁ魔物たちよ、ヤッチマイナァ! ―ある破壊神の場合―「勇者のくせになまいきだ。」レビュー(2/3 ページ)

» 2007年12月13日 00時02分 公開
[小形聖史,ITmedia]

「いきものずかん」はネタ満載

 ところで、スタート画面に「ずかん」という項目がある。あとで知ったが、ゲーム中もSTARTボタンで表示できるメニューの中に「ずかん」があるそうだ。こいつをなにげなく選んでみたのだが……先に結論から言っておこう。この世界(ゲーム)の創造神(クリエイター)たち、いい意味でネジが数本、ぶっとんでいる。

 たとえばこれ。



 ある意味で本当の両性類だったのかー!

 さらに我が永遠のライバル、“勇者しょうた”の詳細が判明。


 夢かよ! セーブかよ!

 念のため断っておくが、これらは本当に「ずかん」に書かれている説明だ。この調子ですべての魔物とすべての勇者のことが「ずかん」に記されている。ゲーム的に重要なのは、ちょこっと記されているステータス部分だけだったりするが、それ以外のところにここまで(いい意味で)無駄な労力を裂いているとは……この世界の創造神たち、やっぱり頭のネジがゆるんでいるとしか思えない(褒め言葉である)。

 破壊神(プレーヤー)として言わせてもらおう。創造神たちよ……GJ!!

ステージ3に出てくる「じだいとねるオンナ ハーシム」も(以下略)。他の勇者もネタだらけ
ストーリーを進める上で欠くことのできないスケルトン類の発生源「しかばね」。エレメントを吸い込ませていくと白い骨が赤に変わり……
ストーリーのクリアに必要不可欠なデーもん類の下位種「デーもん」。魔物の物理防御力を高める特殊補助能力は、ステージ4以降になると極めて重要になってくる

通勤通学途中の気晴らしに最適なトレーニング でもネタ満載で要注意

トレーニングの選択画面。ストーリーでクリアしたステージ数や、このモードで何をクリアしたかによって新しいトレーニングやチャレンジが登場する
「みどころがある」などと上から目線で語ってくるトレーニングの魔王。貴様! 卵のひとつも埋めないくせに、生意気だぁあああ!!

 連戦連敗が続いた我は、少しだけ心を入れ替え、「トレーニング」とやらをやってみることにした。あとにしておもえば、素直に最初から「トレーニング」をやっておけば良かったと思う。だが逆に言えば、「トレーニング」をやらずとも、直感的になんとなくやっただけでけっこう遊べてしまうあたり、実によくできたゲーム……おっほん! 実によくできた世界だ!!

 さて、トレーニングだ。

 「トレーニング」は最初の時点で4つしか選べない。だが「ストーリー」でステージをクリアしていったり、同じ「トレーニング」内の項目をクリアしていくと新しく選べるものが増えていく。増えていくのは、「チャレンジ」と名付けられた項目だ。これがなかなか頭を使い、通勤通学途中にちょこっと挑戦するには最適だったりする。

 少し話題はそれるが、「ストーリー」のほうも気晴らしで遊ぶには最適な作りをしている。このゲームではステージ途中でのセーブができない仕様なのだが、そもそもステージというのが“魔物を強化できるタイミング”でしかないと思えば、それほど気にもならないはずだ。また、グラフィックが、いわゆるアキバ系の萌え絵とはかけ離れているため、他人に見られても恥ずかしくないのが非常にうれしい。通勤通学途中に遊ぶゲームとして、本作はかなり本気でオススメだったりする。

 本題に戻ろう……いやいや、破壊神に戻ろう。

 おっほん。あーっははは! 我は破壊神! その我にトレーニングをやらせるだと!? なんたる不敬! なんたる傲慢! え〜い、この世の創造神どもよ! おぬしらが用意したトレーニングなど、サクサクッとすべてクリアしてみせるわ!

 えーっ、なになに。最初に選べるのは4つだけか。

  • トレーニング01 きほんを知るべし:ニジリゴケの発生方法を学ぶ
  • トレーニング02 養分をあつめよう:ガジガジムシの発生方法を学ぶ
  • トレーニング03 食物れんさ:食物連鎖を理解してガジフライを繁殖させる
  • トレーニング04 トカゲを作る:トカゲおとこの発生方法を学ぶ

 本当に基本的なことばかりではないか! こんなの、サササッと終わらせて……うむ、終わった。本当にあっけないな。まぁ、基本中の基本なのだから当然か。

「トレーニング01」はニジリゴケを15匹生み出せばクリアになる。つまり、適当に養分のある土を掘るだけでOK。魔王よ……おぬし、我をバカにしているのか?

 で。本当であれば「ストーリー」である程度のステージをクリアしていないと、これ以上のものは出てこない。だが、今回はすでにクリア済みのため、さらに4つのトレーニングが選択可能になっている。

  • トレーニング05 魔分からリリス:リリスの発生方法を学ぶ
  • トレーニング06 デーもんのしょうかん:魔法陣とデーもんの発生方法を学ぶ
  • トレーニング07 ドラゴンバスターバスター:ドラゴンの発生方法とその特徴を学ぶ
  • トレーニング08 よびだせだいさくせん:デーもんの特殊能力を学ぶ

 もちろん、破壊神である我はこの4つもサクっと……

 「!?」

ドラゴンバスター クロビス「くらえ、かぶとわり!」

 ぶはっ!

 終電で帰宅途中だった破壊神は「トレーニング07 ドラゴンバスターバスター」のこのひと言で盛大に吹き出してしまい、他の破壊神候補から白い目で見られることになった。ゆ、油断していたわ! ええい、創造神どもめ! こんなところで小ネタを挟みおってからに!!

 おっほん。

 8つのトレーニングをすべてクリアすると、よりパズル要素の強い「チャレンジ」が登場する。ここからは項目ごとにハイスコアやランクも記録されるため、ちょっとでもやり込み始めると、なかなか抜け出せなくなるのだから、創造神どもの練り混み具合に感服するしかない。しかも、この「チャレンジ」は、特定の魔物を一定数発生させろというものや、堀パワーが限られている状態で、最初から設定されているダンジョンをうまく活用して勇者を倒せ、というものなど、バリエーションに富んでいる。また、上級テクを教えてくれる「チャレンジ」もあるため、たとえクリアできずとも、開いている“チャレンジ”にはすべて挑戦しておくべきだろう。

 我は開いているすべての「チャレンジ」にも挑戦し、まぁ、そこそこできるようになったと思えたところで再び「ストーリー」に再挑戦してみた。さぁ、今度こそすべての勇者を返り討ちにしてくれるわ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」