レビュー
» 2007年12月13日 00時02分 公開

さぁ魔物たちよ、ヤッチマイナァ! ―ある破壊神の場合―「勇者のくせになまいきだ。」レビュー(2/3 ページ)

[小形聖史,ITmedia]

「いきものずかん」はネタ満載

 ところで、スタート画面に「ずかん」という項目がある。あとで知ったが、ゲーム中もSTARTボタンで表示できるメニューの中に「ずかん」があるそうだ。こいつをなにげなく選んでみたのだが……先に結論から言っておこう。この世界(ゲーム)の創造神(クリエイター)たち、いい意味でネジが数本、ぶっとんでいる。

 たとえばこれ。



 ある意味で本当の両性類だったのかー!

 さらに我が永遠のライバル、“勇者しょうた”の詳細が判明。


 夢かよ! セーブかよ!

 念のため断っておくが、これらは本当に「ずかん」に書かれている説明だ。この調子ですべての魔物とすべての勇者のことが「ずかん」に記されている。ゲーム的に重要なのは、ちょこっと記されているステータス部分だけだったりするが、それ以外のところにここまで(いい意味で)無駄な労力を裂いているとは……この世界の創造神たち、やっぱり頭のネジがゆるんでいるとしか思えない(褒め言葉である)。

 破壊神(プレーヤー)として言わせてもらおう。創造神たちよ……GJ!!

ステージ3に出てくる「じだいとねるオンナ ハーシム」も(以下略)。他の勇者もネタだらけ
ストーリーを進める上で欠くことのできないスケルトン類の発生源「しかばね」。エレメントを吸い込ませていくと白い骨が赤に変わり……
ストーリーのクリアに必要不可欠なデーもん類の下位種「デーもん」。魔物の物理防御力を高める特殊補助能力は、ステージ4以降になると極めて重要になってくる

通勤通学途中の気晴らしに最適なトレーニング でもネタ満載で要注意

トレーニングの選択画面。ストーリーでクリアしたステージ数や、このモードで何をクリアしたかによって新しいトレーニングやチャレンジが登場する
「みどころがある」などと上から目線で語ってくるトレーニングの魔王。貴様! 卵のひとつも埋めないくせに、生意気だぁあああ!!

 連戦連敗が続いた我は、少しだけ心を入れ替え、「トレーニング」とやらをやってみることにした。あとにしておもえば、素直に最初から「トレーニング」をやっておけば良かったと思う。だが逆に言えば、「トレーニング」をやらずとも、直感的になんとなくやっただけでけっこう遊べてしまうあたり、実によくできたゲーム……おっほん! 実によくできた世界だ!!

 さて、トレーニングだ。

 「トレーニング」は最初の時点で4つしか選べない。だが「ストーリー」でステージをクリアしていったり、同じ「トレーニング」内の項目をクリアしていくと新しく選べるものが増えていく。増えていくのは、「チャレンジ」と名付けられた項目だ。これがなかなか頭を使い、通勤通学途中にちょこっと挑戦するには最適だったりする。

 少し話題はそれるが、「ストーリー」のほうも気晴らしで遊ぶには最適な作りをしている。このゲームではステージ途中でのセーブができない仕様なのだが、そもそもステージというのが“魔物を強化できるタイミング”でしかないと思えば、それほど気にもならないはずだ。また、グラフィックが、いわゆるアキバ系の萌え絵とはかけ離れているため、他人に見られても恥ずかしくないのが非常にうれしい。通勤通学途中に遊ぶゲームとして、本作はかなり本気でオススメだったりする。

 本題に戻ろう……いやいや、破壊神に戻ろう。

 おっほん。あーっははは! 我は破壊神! その我にトレーニングをやらせるだと!? なんたる不敬! なんたる傲慢! え〜い、この世の創造神どもよ! おぬしらが用意したトレーニングなど、サクサクッとすべてクリアしてみせるわ!

 えーっ、なになに。最初に選べるのは4つだけか。

  • トレーニング01 きほんを知るべし:ニジリゴケの発生方法を学ぶ
  • トレーニング02 養分をあつめよう:ガジガジムシの発生方法を学ぶ
  • トレーニング03 食物れんさ:食物連鎖を理解してガジフライを繁殖させる
  • トレーニング04 トカゲを作る:トカゲおとこの発生方法を学ぶ

 本当に基本的なことばかりではないか! こんなの、サササッと終わらせて……うむ、終わった。本当にあっけないな。まぁ、基本中の基本なのだから当然か。

「トレーニング01」はニジリゴケを15匹生み出せばクリアになる。つまり、適当に養分のある土を掘るだけでOK。魔王よ……おぬし、我をバカにしているのか?

 で。本当であれば「ストーリー」である程度のステージをクリアしていないと、これ以上のものは出てこない。だが、今回はすでにクリア済みのため、さらに4つのトレーニングが選択可能になっている。

  • トレーニング05 魔分からリリス:リリスの発生方法を学ぶ
  • トレーニング06 デーもんのしょうかん:魔法陣とデーもんの発生方法を学ぶ
  • トレーニング07 ドラゴンバスターバスター:ドラゴンの発生方法とその特徴を学ぶ
  • トレーニング08 よびだせだいさくせん:デーもんの特殊能力を学ぶ

 もちろん、破壊神である我はこの4つもサクっと……

 「!?」

ドラゴンバスター クロビス「くらえ、かぶとわり!」

 ぶはっ!

 終電で帰宅途中だった破壊神は「トレーニング07 ドラゴンバスターバスター」のこのひと言で盛大に吹き出してしまい、他の破壊神候補から白い目で見られることになった。ゆ、油断していたわ! ええい、創造神どもめ! こんなところで小ネタを挟みおってからに!!

 おっほん。

 8つのトレーニングをすべてクリアすると、よりパズル要素の強い「チャレンジ」が登場する。ここからは項目ごとにハイスコアやランクも記録されるため、ちょっとでもやり込み始めると、なかなか抜け出せなくなるのだから、創造神どもの練り混み具合に感服するしかない。しかも、この「チャレンジ」は、特定の魔物を一定数発生させろというものや、堀パワーが限られている状態で、最初から設定されているダンジョンをうまく活用して勇者を倒せ、というものなど、バリエーションに富んでいる。また、上級テクを教えてくれる「チャレンジ」もあるため、たとえクリアできずとも、開いている“チャレンジ”にはすべて挑戦しておくべきだろう。

 我は開いているすべての「チャレンジ」にも挑戦し、まぁ、そこそこできるようになったと思えたところで再び「ストーリー」に再挑戦してみた。さぁ、今度こそすべての勇者を返り討ちにしてくれるわ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  2. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  3. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  4. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  5. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声
  10. /nl/articles/2205/19/news118.jpg 岩崎宏美、17歳の愛犬・ライスが天国へ 家族の“歌”とともに最期を迎え「涙が止まりませんでした」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声