連載
» 2007年12月17日 00時00分 公開

列車を降りたら100画面分の広い島「チャレンジャー」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

「キーワード」なのにアイテム

 シーン2の舞台はワルドラド島。プレシオドランドはこの島の奥にあるのだが、この島がとにかく広い。縦10画面分×横10画面分、しめて100画面分。ROMの容量が少なかった時代に、この広大さは話題となった。

 ほかのシーンは残機制だが、このシーンだけ残機+ライフ制になっていて、敵に当たってもすぐには残り人数が減らない。また、ほかのシーンは横から見た視点で描かれているが、シーン2だけは見下ろし型視点である。

 スタートは町なかから。モーリンという妖精を倒しつつ上へ進むと洞窟があり、カラというガイコツが入口を守っている。カラにはナイフが通用しない。

 モーリンなどの敵を、ナイフを空撃ちせずに4匹倒すとアイテムが出現。近くの敵を一掃できるパワージュエルか、一定時間すべての敵を倒せるようになるパワーソードのいずれかだ。出てきたアイテムにナイフを当てれば(直接触るとダメージを受ける)、その力でカラやタマなど、ナイフの通用しない敵も倒すことができるのだ。また、アイテムが画面内にある間、チャレンジャーの体力が回復していく。

画像 カラは左右に動いているので、タイミングを合わせれば、倒さなくても洞窟に入ることは可能
画像 パワーソードを取ると、チャレンジャーの帽子が黄色くなり、動きが速くなる。効果の続く時間が短いのが難点

 洞窟に入ると、そこがシーン3となる。上下する4つの噴水を渡って、「キーワード」と呼ばれるアイテムを取ってくるのが目的。キーワードには鍵・王冠・指輪の3種類があり、3種類全部を集めないと、マリアのいるピラミッドには入れない。

 洞窟はシーン2の至る所にあり、そのほとんどがシーン3の入口だ。チャレンジャーは各地の洞窟を回って、キーワードを集めることになる。

 3種類集め終わったら、もう洞窟に用はないのだが、実際にはその後も何度か入ることになるだろう。その理由は主に2つあって、1つはチャレンジャーがやられてしまうと、再開地点が前に入った洞窟の入口になるから。もう1つは、このゲームには制限時間が設けられており、洞窟に入ってタイムをリセットさせないと、タイムオーバーになるからだ。

画像 シーン3でミスしたら、前に入った洞窟の入口まで戻されてしまう。ただしキーワードを取った後のミスなら、その洞窟の入口から再開できる

 いったん洞窟に入ったら、キーワードを取らないと出られない。落ち着いて噴水を渡ればいいのだが、高さの判定がけっこうシビアで、ちょっと気を抜くと落ちてしまう。

 2つめの洞窟は、未来都市風のエリアにある。ピタロボというロボットが周りをうろついているが、それほど怖い敵ではない。

 しかし、このエリアにたどりつく前がひと苦労。ナイフの効かない敵・タマが、狭い通路に陣取っているからだ。アイテムで消し切れず、ダメージ覚悟で突っ切らざるを得ない場合も多い。

 3つめの洞窟への道、4つめの洞窟への道にもタマが出現。ほかの敵はどんどん少なくなるので、アイテムを出すのは難しい。


画像 岩山の向こうに突如現れるSFっぽい風景。ブラッディワッカーの秘密基地なのか?
画像 チャレンジャーは4方向にしか動けないが、タマは斜めに動けるので、逃げてもなかなか振り切れない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10