トップ10
» 2007年12月26日 18時40分 公開

じりじりと次世代機が幅をきかせ出した2007年ITmedia +D Gamesアクセスランキングから2007年を振り返る(1/2 ページ)

今年も残り少なくなりました。学生の方々は冬休みを満喫していますか? 社会人の方は冬のボーナスの使い道は決まりましたか? 恒例のアクセスランキングから、最後に1年を振り返ってみたいと思います。

[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]

 早いものです。“次世代機次世代機”と騒いでいたのもつかの間、Xbox 360は発売されてから2周年が過ぎてしまいましたし、プレイステーション 3の喧騒Wiiの大行列は、いずれも遠い昔のものとなりました。そんな次世代機が出そろった2006年は、意外にもニンテンドーDSの年だったわけですが、ランキングを見ると確かにプレイステーション 3やXbox 360のタイトルはランクインしているものの、圧倒的にというわけではないような気がします。どちらかというと、相変わらず“圧倒的”なのは、ご存じの通りニンテンドーDS。会社近くの某量販店などは、レイアウトが変わったとたん、レジ近くの位置をニンテンドーDSソフトが占める始末。この年末も強力なタイトルが発売されましたから、稼働率はおそらく一番高いことでしょう。ただしITmedia +D Gamesのランキングを振り返ると、プラットフォームというより、タイトルやキャラクターに応じてアクセスが伸びている結果となっています。当たり前といえば当たり前なのですが、“強いキャラクターでおもしろいゲーム”というのが、基本なのかとも思います。

 では、月ごとのアクセストップ5を見ながら、この1年を振り返ることにしたいと思います。

2007年1月

 1月のアクセストップは、2006年末に突然発表されたプレイステーション 3ソフト「ガンダム無双」の紹介&インタビュー記事。ついにプレイステーション 3にも強力なタイトルが登場した! という感がありましたが、12月27日にはXbox 360で「ガンダム無双 インターナショナル」が発売されます。実に諸行無常です。

2007年2月

 2月のランキングで印象的なのは、連載「2度の挫折を経て「FFXI」にハマりつつある独身男性の物語」の第1回がスタートしたことでしょうか。あれから約1年。筆者の山本博幸さんはかなりレベルも上がり、最新連載記事では、拡張ディスク「アルタナの神兵」を購入し、過去のヴァナ・ディールを堪能するなど、すっかり勘を取り戻されているようです。

2007年3月

 さて3月です。いよいよ「ガンダム無双」が発売。そして参戦するキャラクターとして「武者ガンダム」が公開されました。3月はまさにガンダム1色という感じですが、そんな中で目を引くのが「シムシティDS」のレビュー記事がランキングに入っていること。「シムシティ」といえば、PC版を思い浮かべる人もあるかもしれませんが、筆者的にはスーパーファミコン版が最初だったりします。Wiiのバーチャルコンソールでもプレイできますね。

2007年4月

 プレイステーション 3も発売されて4カ月が過ぎ、ソフトも次第と発売されるようになったからか、「Power Smash 3」のレビューが2位にランクイン。1位はXbox 360の「Forza Motorsport 2」先行リポートと、次世代機らしい? 月になったようです。ランキングには入っていませんが、Xbox 360ソフト「The Elder Scrolls IV:オブリビオン」や、プレイステーション 3ソフト「THE EYE OF JUDGMENT」、「ビューティフル塊魂」の発売日情報などが出てきたのも4月でした。「みんなのGOLF 5」発表会も4月25日に開催されていますね。「Halo 3」のパブリック ベータ プログラムも発表されています。夏から秋にかけて発売されたタイトルの情報が次々と出てきたというところでしょうか。

2007年5月

 さて、5月です。例年ですと「E3」が開催されている月。ところが今年は「E3 Media & Business Summit」となって規模が縮小され、7月の開催となっています。E3については改めて7月に触れるとして、5月のランキングを見ると、「SQUARE ENIX PARTY 2007」が開かれたこともあってか、スクウェア・エニックス一色です。1位はPSPでリメイクされた「ファイナルファンタジー」のレビュー記事、2位は「ドラゴンクエストIX」がニンテンドーDSで発売される記事と、同社の持つ“FF”」、“ドラクエ”というブランドがいかに大きいかも実感させられます。それにしても、ドラクエ最新作がニンテンドーDSで発売されるというのは驚きでした。まあ確かに、ドラクエの世界観にとっては、“次世代機を使えば山が1つ増えます”とか“波がきれいです”といったことはあまり関係ないのかもしれませんが。

2007年6月

 6月のトップは、“対応しているから”という理由だけで無理やり? 5つのディスプレイをかき集め、「Forza Motorsport 2」をプレイしてみたという記事でした。4月にもプレビュー記事を掲載しているので「何かおもしろいことをやってください」という乱暴な要望に、見事答えてくれたのがこの記事でした。

 6月はこのほかイベントとして「第26回次世代ワールドホビーフェア」、「東京おもちゃショー2007」が開催されています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙