レビュー
» 2008年01月10日 00時00分 公開

バシュっと倒すと、気分は暗殺者「アサシン クリード」レビュー(1/3 ページ)

“暗殺者”という職業を疑似体験できる、大人のためのアクションゲームが登場。コソコソ動いてズバッと暗殺するアサシン気分をたっぷり楽しめる、爽快感たっぷりの大作ゲームだ。

[佐藤ポン,ITmedia]

敏腕暗殺者となり、十字軍の遠征を食い止めろ

 2006年末にXbox 360で登場し、今年の1月31日にはプレイステーション 3版が発売される「アサシン クリード」は、その名のとおりアサシン(暗殺者)になりきれる作品だ。プレイヤーが操作するのは、スゴ腕の暗殺者“アルタイル”。暗殺者の最高称号であるマスター・アサシンまで手に入れた、伝説の仕事人なのだ。人を殺すのは当然なんだけど、ここまで殺人ばかりだと暴力描写が苦手なプレイヤーだったら目を回して倒れてしまうのでは……と心配するくらい、豪快かつ爽快に殺人劇を繰り広げてくれる! ダテにCERO Z区分(18歳以上のみ対象)ではありませんヨ。

 まず、本作の物語を紹介しよう。本作の舞台は1191年の第三次十字軍時代で、エルサレムは十字軍とイスラム教団の戦いによって混沌としている状態。この争いを止めるために、アサシン教団によって送り込まれたのがアルタイルなのである。本作は、その任務の遂行中のシーンから始まる――。

 アルタイルが任された任務には、他にふたりのアサシンも同行していた。今回のミッションは、あるお宝を教団本部まで持ち帰るのが目標だったのだが、アルタイルは独断で要人の暗殺も行なおうとする。……が、寸前のところで失敗、アルタイルは命からがら帰還することができた。教団の最高権威者である大導師“アル・ムアリム”は彼の身勝手な行動に立腹し、地位を剥奪する。

 新米アサシンとして、イチからやり直すことになったアルタイル。再びマスター・アサシンの称号まで上り詰めるために、数々のミッションに挑戦するわけだ。

 多少ややこしく聞こえてしまったかもしれないが、遊んでみれば、そんなことはない。簡潔に言えば、“堕落したアサシンの立身出世物語”とか、そんなニュアンスである。

画像 アルタイルの雄姿。常にフードをかぶっているのは人目につきにくくするため
画像 アサシン教団の本拠地が置かれた土地。山岳地帯に作られた街だ
画像 宗教戦争が勃発した聖地。この地を巡って各宗教が争っている

暗殺の気持ちよさに酔いしれるのだ!

 では、実際のゲームを紹介していこう。本作は三人称視点でアルタイルを操作し、広大なフィールドを走り回って探索したり、敵と戦ったりする。3Dアクションゲームの王道といえるだろう。グラフィックがキレイという以外、さほど目新しい要素はないが、実は本作のセールスポイントは、見た目ではないのだ。

 筆者が「アサシン クリード」をプレイして一番感動したのは、“暗殺の気持ちよさ”だ。いい大人が“暗殺が快感!”などと言うと精神状態を疑われそうな気もするが、本心だからしかたがない。いや、ほんと、気持ちいいんですって! 遊んだら誰だってそう言うはずです!!

 アルタイルは剣とアサシン・ブレード、投げナイフ、素手という、4つの武器で戦う。このなかで暗殺を行なうときは、主にアサシン・ブレードを用いる。これは、左腕に隠された短い刀のことで、普段は衣服に隠されて外部からは見えない。いざ使うときになるとシャキッと鋭利な刃物が飛び出てくる仕組みなのだ。仕掛けは地味だが機能的ではある。

 暗殺をする場合、あらかじめこの武器を使用するよう設定しておき、目標の人物にそっと近づいていく。対象が暗殺できる距離に入ったら、暗殺攻撃ボタン(Xボタン)をポチッと押す。すると、アルタイルは敵の腹部やノド元にアサシン・ブレードをブシューッとひと突き。カメラアングルも絵になる視点に変わり、敵を突き刺す残虐シーンが画面いっぱいに写し出される。敵は声も出せずまま、グタッとその場に倒れる。もちろん、一撃必殺なので反撃も受けない。これが、暗殺の概要である。

 文字で説明すると非常に長いが、この間はたったの数秒。この数秒のために、いかに格好いい暗殺ができるかを、いろいろ考えながら遊ぶのが楽しいのだ。目標人物の数メートル後ろをこっそり追跡し、薄暗い路地裏に入ったところで暗殺したり、人ごみにまぎれて気づかれないように暗殺したり……と、プレイヤーごとの“暗殺の美学”をトコトン追及できるのだ。

画像 ターゲットのスキをうかがいつつ、どのように暗殺するかを考える。ストーリー上で暗殺する人物以外も暗殺することが可能だ
画像 アサシン・ブレードで標的をひと突き、目にも止まらぬ剣さばきで瞬殺。アサシンの醍醐味である

 他の武器についても紹介しておこう。もっともオーソドックスな剣は、リーチが長く、ガードをすることも可能。ただし、刃が長いので人目につきやすく、戦っているとすぐに敵兵が集まってきてしまう欠点もある。

 この武器もアサシン・ブレードほどではないが、爽快感を味わえる。通常はボタンを押すと剣を振るだけだが、タイミングよく振るとコンボ攻撃を発動させたり、カウンター攻撃も可能だ。これらの攻撃が成功すると、アサシン・ブレードの暗殺と同じように、カメラアングルが変わってかっこいい殺人シーンをアップで見ることができる。敵の腹部に突き刺した剣をグイッと持ち上げる等、CERO Z区分ならではの残虐表現を見せてくれる。

 基本的に人目につく武器のため、数人との乱戦になることが大半だが、チャンバラの醍醐味を味わいたいならばアサシン・ブレードよりもオススメだ。

 投げナイフは、読んで字のごとく小刀を敵めがけて投げつける武器だ。遠くにいる敵を殺すこともできる。

 そして、もっともユニークな攻撃方法が素手だ。ご想像のとおり、パンチで殴るという原始的な攻撃方法で、目的は致命傷を負わせることではない。パンチは敵を痛めつけるだけなので、主に重要情報を握っている人物を脅迫するときに使うのだ。“○○から情報を聞き出せ”といったイベントで使うことになるだろう。

 実際に脅迫イベントで使ってみたら、思い通りに相手は情報を吐いてくれた。ボッコボコに殴ってやったから、当たり前か。しかし、その後のデモシーンでアルタイルは、こともあろうことか剣を抜いて殺してしまった……。せっかくゲンコツを使って白状させたのに。やっぱり暗殺者って血も涙もないんだな〜と思った瞬間である。

画像 剣を使った戦闘では、攻撃と防御が重要になる。腕を磨けば無傷で勝てる!
画像 遠くから攻撃するには投げナイフが便利。投げられる数は決まっており、街中でスリをすることで補充できる
画像 人目につかない場所で要人を殴り倒せば、重要な情報を聞き出せる。拳でアツく(?)語るのだ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい