連載
» 2008年01月16日 00時00分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:スクロールを制する者は「デビルワールド」を制す (2/2)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

バイブル使ってデビルを退治

 第2面ではボワボワがなくなり、画面の四隅にバイブルが現れる。このバイブルを取って、ドクロの描かれた四角いブロックにはめこむと、この面はクリアとなる。

 バイブルはスクロールに関係なく、常に画面の四隅に浮いている。スクロールと同じ方向に歩くと、速くバイブルに到達できるのだが、壁に挟まれるリスクも高い。逃げ道の確保を常に意識して動かなくてはならない。

 2面でタマゴンが炎をはけるのは、バイブルを持っている間だけ。だから敵が近くにいるときには、あえてバイブルをブロックにはめこまず、敵がいなくなるまでキープしていた方がいい。

画像 バイブルを持っている状態でミスすると、バイブルはその場に残された形で再開となる
画像 バイブルを、ブロックの四辺のくぼみにすべてはめ終えると……
画像 デビルが苦しみだし、小さなコウモリになって飛び去っていく

 2面をクリアし、デビルが去ったら次はボーナスステージ。バイブルと同じように浮かんでいる箱を、制限時間内に取っていく。フィールド上にある「<」を通ると、スクロールの方向を変えられる。

 箱を取ると得点が入るが、1つだけ緑の卵が入った箱があり、これを取るとタマゴンの残りが1匹増える。

 以下、この1〜3面がループする。ただし難度は上がっていく。敵の種類や数が増えたり、迷路の形が一部変わっていたり、スクロールスピードが速くなったりする。

画像 ボーナスステージ。時間制限は厳しいが、緑の卵はぜひ取っておきたい
画像 先のステージでは迷路の形が変わり、逃げ道の確保が難しくなってくる

予測のつかない2人同時プレイ

画像 「デビルワールド」の2人同時プレイ。それぞれの思惑にランダムなスクロールが絡まって、予測のつかない展開になる

 現在でも“家族で楽しめる”ゲームを重視している任天堂だが、ファミコンの初期にも、多人数が集まって楽しむことを想定し、2人同時プレイができるゲームを多く作ってきた。

 中でも、マリオブラザーズ、クルクルランド、バルーンファイト、アイスクライマーなどの2人同時プレイは、単なる対戦でも協力でもなく、どちらの楽しみ方もできるもの。しかも、協力しようとしても誤って相手をジャマしてしまいがちなシステムになっているため、予想外の事態が起こりやすく、プレイヤーは盛り上がる。

 「デビルワールド」も、2人同時プレイ可能。盛り上がれる要素もちゃんとある。

 炎をはいて、相手のタマゴンに当ててしまうと、当たったタマゴンが少しの間動けなくなるのだ。その間に敵にやられたり、スクロールに挟まれたりしたら、“うっかり”にしても“わざと”にしても、ひと悶着起こることは必至だろう。

休眠顧客を呼び戻せ

 「デビルワールド」に続編は出ていないが、今月(2008年1月)に、Wiiのバーチャルコンソールで配信されるそうだ。

 すでに「マリオブラザース」、「アイスクライマー」、「バルーンファイト」も配信されているバーチャルコンソール。WiiスポーツやWii Fitとは別の方向性で、ゲームファンを増やすのに役立っている。特に、ファミコンの頃にはゲームをやっていた“休眠顧客”を呼び戻す役割を果たしている。

 お正月の朝日新聞でもそうだったが、任天堂の岩田社長はWiiについて再三、“家族の誰にも嫌われない”ゲーム機を目指したと語っている。

 “ゲーム脳”が話題となり、マスコミでたびたび「ゲームが犯罪を誘発する」と言われ、大きなゲームバッシングが巻き起こっていた2002年から2004年。この事態をいちばん憂慮していたメーカーが任天堂だった。

 例えば「ゲーム批評」誌の2003年11月号で、「ゲームと犯罪を関連づけて騒がれることについて、どう思うか」という問いに対して、

「『始めにゲーム罪悪論ありき』という姿勢で接してこられるマスコミの方が多いのが現実と言わざるをえません」、「一部のマスコミの皆様には当方の意見を冷静に聞くための環境が整っていないようです」と、かなり踏み込んだコメントを出している。

 危機意識が強かったためだろう、状況を打開するために、“家族の誰にも嫌われない”“ゲーム人口を増やす”ゲーム機を目指して、ニンテンドーDSとWiiが開発された。

 あの時期は、“沈黙を守って嵐が通り過ぎるのを待つ”姿勢に終始したメーカーやゲーム専門誌も多かったようだが、結局のところ、問題の実情を真摯にとらえたことが、大きなビジネスチャンスにつながったといえよう。

 もっとも、こうした問題をいちばん真剣に取り上げてきた雑誌「ゲーム批評」が、2006年に休刊したので、一概に「問題を直視することがビジネスチャンスにつながる」と言い切れないのがつらいところだけど。

 間口の広さと、仲間で楽しめる要素を持っている「デビルワールド」も、Wiiの目指すコンセプトに合致したゲームといえるだろう。バーチャルコンソールなら500ポイントで買えるし、持っていても損はないゲームだと思う。

●取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた