レビュー
» 2008年01月22日 00時00分 公開

フタをあけてみると、オトナが楽しめるシブい作品でした「ロストオデッセイ」レビュー(2/2 ページ)

[板橋舟人,ITmedia]
前のページへ 1|2       

前列・後列の役割がより際立つ「壁システム」

 ここからは、本作の戦闘システムについて解説していこう。戦闘自体はよくあるターン制で、キャラクターたちの行動をコマンド形式で入力し、全員ぶん入力したらあとは自動的に実行される。登場するキャラクターは多数いるが、戦闘に参加できるのは最大5名までで、前列・後列といった隊列を指定する。

 本作では、この前列・後列といった役割を際立たせる「壁システム」が採用されている。簡単に言えば、前列のキャラクターが後列のキャラクターを守るシステムで、GC(ガードコンディション)ポイントによって数値化されている。

 GCポイントの最大値は、前列キャラクターのHP最大値の合計で、戦闘開始時のGCポイントは戦闘開始時の前列キャラクターのHP合計となる。単に“前列のHP合計=GCポイント”ではなく、戦闘中に前列のHPを回復してもGCポイントは回復しない。GCポイントによってGCレベルが4段階に変化し、レベルが高いほど後列が攻撃を受ける確率が下がり、さらに後列の守備力が飛躍的に増大する、というメリットがある。そして、前列がダメージを受けるとGCポイントもその分だけ減少する仕組みだ。言葉で解説すると結構わかりにくいが、実際にプレイすればすんなり理解できることだろう。長期戦になればなるほど、後列キャラのリスクが高まっていくシステムといえる。

戦闘時の隊列を設定することが可能だ。よくあるシステムだが、本作ではその重要度がまったく異なる
戦闘中は画面右上にGCポイントとGCレベルが表示される。GCレベルをいかに高く維持しながら戦うかがコツだ。ちなみに画面左上は敵のGCポイント

 「壁システム」のメリットのひとつである、“GCレベルが高いほど後列の守備力が増大する”効果は非常に大きい。気持ち程度ではなく、GCレベルが最高の時と最低の時を比較すると、受けるダメージは数倍〜数十倍も変化するのだ。加えて、後列のキャラクターが主に使用するであろう攻撃魔法の威力は非常に大きいため、いかに後列を守りながら戦うかが重要になるのである。

 前列のキャラクターによる物理攻撃はさほど強力ではないため、「どんな敵もボタン連打で勝てる」というシチュエーションは非常に少ない。ザコ戦であっても、しっかりと後列を守りつつ、効果的な魔法やスキルを使う……という戦略が楽しめるのだ。

ちょっとしたアクション要素が楽しめるシステムも

メニューからリング合成を行える。合成素材は、主に敵がドロップするものを使用する。ショップで購入することも可能だ

 戦闘シーンにはもうひとつ、「エイムリングシステム」という珍しいシステムが採用されている。これは、装備品のひとつである「リング」を装備しているときに発動できるシステムだ。

 「リング」はショップで購入するほか、冒険中に入手した合成素材を元に自分で作成することが可能だ。“火属性ダメージを与える”、“機械系に大ダメージを与える”、“MPを少し吸い取る”等、その効果はさまざまだ。敵を倒して素材を集め、新しいリングを次々と作り出していく楽しさも味わえる。

 さて、これらのリングを装備して戦闘中に「たたかう」を実行すると、攻撃時にターゲットには小さな輪が表示されるようになる。このときRTを引くと、さらに外側にある大きな輪が、小さな輪に向かってどんどん縮小していく。小さな輪と重なった瞬間にRTを離せば、「エイムリングシステム」成功となり、リングの効果が発動するという仕組みなのだ。小さな輪と大きな輪の距離によってBad、Good、Perfectという3段階に評価され、効果が変化する。Badの場合はリングの効果は発動しない。

「たたかう」を選んだ際、そのキャラクターが攻撃を仕掛けるときにリングが表示される。制限時間内に大きな輪を小さな輪に合わせるのだ
成功すると、通常ダメージに加えて装備しているリングの効果が発揮される。写真は敵からMPを吸い取る効果を持つ「アブソーブ」というリング

 リングの追加効果はなかなか強力なので、上手に発動させられれば戦闘を有利に進められる。だがタイミングは結構難しく、さらに入力には時間制限があるため、攻撃するたびに適度な緊張感が味わえる。ゲームのジャンルは全く異なるが、「Gears of War」のアクティブリロードに近いと感じた。小さなアクション要素ではあるが、単調になりがちな戦闘シーンの程よいアクセントとしてうまく機能しており、単なるザコ戦でもなかなか飽きないのだ。

キャラクターの性能を大きく左右するスキル

 ここでは、キャラクターの能力を大きく左右するスキルについて述べていこう。本作にはカイムをはじめとする不死者と、そうでない人たち(通常者)がパーティーに混在することになる。通常者はレベルが上がれば、戦闘に有利な多彩なスキルを覚えていくのだ。ちなみに魔法も「レベル1白魔法」や「レベル3呪術」というようにスキル扱いになっており、これらのスキルを所持しているキャラクターのみ対象の魔法を使用できる仕組みだ。

 不死者は自動的にスキルを覚えない。通常者が覚えたスキルをメニュー画面で「リンク」させたり、アクセサリーを装備した状態で戦闘を繰り返すと覚えていく。

 スキルの数は膨大で、これらをちょっとずつ覚えさせていくのが、キャラクター育成の楽しさである。不死者は、覚えたスキルをメニュー画面でセットすると使えるようになるのだが、その数は限られているので、どのスキルを組み合わせるかという戦略的な楽しさも味わえるのだ。もっとも、不死者は最終的にすべてのスキルを覚えることができるため、ちょっと強すぎるように感じた。もうちょっと通常者が役立ってもいいと思うのは、筆者だけであろうか。

通常者はレベルが上がると新たなスキルを習得する。装備したアクセサリーが持つスキルも使用することが可能
不死者は、通常者やアクセサリーからスキルを覚えていく。効果を発揮できる数は決まっているので(レアアイテムでスロットを拡張可能)、どれをセットさせるか考えるのがまた楽しい

大作にふさわしい完成度

 最後に、プレイしていて気になった点をいくつか挙げていこう。筆者がもっとも残念に思ったのは、ロード時間の長さ。特に戦闘シーンに入ってから操作できるまで10秒ほどかかるため、かなり不満を感じた。物語自体はサクサク進むため、そのテンポを阻害しているのがとにかく残念である。

 また、一部の謎解きも不満に感じた。敵に見つからずにゴールまで向かうというダンジョンがあるのだが、敵に見つかるたび、ちょっと長いイベントシーンを再び見させられるのだ。数回失敗しているうちに、かなりイライラしてしまった。

 映像面での驚きがなかったのも、個人的には残念だった。映像自体は全体的にハイレベルでまとまっているのだが、Xbox 360にしてみればこのクラスは普通。逆に、一部の乗り物に影がなく不自然だったり、キャラクターの口パクが合っていない(英語音声に合わせられている)等のアラが目立ってしまった。

 ……と、残念に思った部分をつらつら書いてみたが、それでも筆者は本作にハマってしまった。個々の戦闘シーンが楽しく、カイムに大きく感情移入できるため、続きのストーリーが気になって仕方がないのだ。物語がテンポよく進むのも、好印象である。正直、プレイ前のワクワク感は「ブルードラゴン」の方が上であったが、プレイしてみると筆者は本作の方が楽しめた。

 RPGの王道を歩みつつも、いろいろなアプローチで楽しませる仕掛けが満載の本作。Xbox 360ユーザーは年末年始の大作ラッシュで遊ぶ時間の捻出に一苦労していると思うが、ぜひとも本作のための時間も捻出していただきたい。オトナだからこそ楽しめる、渋いゲームですよ、コレ!

「ロストオデッセイ」
対応機種Xbox 360
ジャンルRPG
発売日2007年12月6日
価格(税込)7140円
CEROC(15歳以上対象)
(C) 2007 MISTWALKER, INC./I.T. PLANNING, INC. All Rights Reserved.
(C) & (P) 2007 Microsoft Corporation. All Rights Reserved.
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声