「ポロリもあります」――映画「お姉チャンバラ」製作発表記者会見

ディースリー・パブリッシャーから発売されている「お姉チャンバラ」が、実写映画としてスクリーンに登場。製作発表記者会見では、監督・出演者が壇上に並び、本作の魅力を語ってくれた。ポロリ……あるんですか?

» 2008年02月05日 17時26分 公開
[加藤亘,ITmedia]

「ポロリも、チラリもあります」

出演者はゲームから飛び出たかのように、衣装を完璧に着こなしての登場となった。左からレイコ役の橋本愛実さん、彩役の乙黒えりさん、咲役の中村知世さん

 水着を着たお姉さんが日本刀を持ってバッタバッタと血を浴びながらゾンビたちを切り刻む剣劇アクション「お姉チャンバラ」が映画になった! 本日、4月下旬に公開を予定しているセクシー&バイオレンス映画「お姉チャンバラ」の製作発表記者会見が、新宿京王プラザホテルで行われた。

 シリーズ累計30万本を販売した「お姉チャンバラ」は、タムソフトが制作し、ディースリー・パブリッシャーから発売している人気シリーズで、2月7日にはシリーズ6作目となる最新作「お姉チャンバラRevolution」が、Wiiで発売されることになっている。

 製作発表記者会見には、彩役の乙黒えりさん、咲役の中村知世さん、レイコ役の橋本愛実さんと出演者のほかに、映画監督の福田陽平氏が登場。その魅力について語った。


マイクをWiiリモコンに見立て、実際にプレイした感覚を体全体で表現してくれた乙黒さん

 まず、最強のお姉ちゃん・彩を演じることになったことについて乙黒さんは、アクションをやりたかったということもあり、単純にうれしかったと、テンションが上がったのだそうだ。最初衣装が水着と聞いて戸惑ったが、実際の衣装を見たらかわいくてすぐに気に入ったと語る。乙黒さんは今週発売の「お姉チャンバラRevolution」をすでにプレイしており、初心者でも楽しめるゲームとしてオススメしていた。

 同じく、出演が決まったことに関して最強の女子校生であり彩の妹役を演じた中村さんは、原作のイメージを崩さないよう演じることへのプレッシャーを口にする。お色気担当、28歳シングルマザーのレイコ役を演じた橋本さんも、初めての映画出演をうれしく思いながらも、アクションの経験がなかったので不安に思ったと、両名とも緊張して撮影に臨んだとのこと。


 撮影で気をつけたことについて乙黒さんは、「彩として生き、アクションすることをテーマに、体調管理と集中力を乱さないよう心がけました」と自信たっぷり。ただし、撮影が冬だったこともあり、水着はかなりこたえた様子。しかし、「仲間がいたから頑張れたし、撮影しているとだんだん気持ちよくなってきました」とのこと。第一、衣装そのものはかっこいいし、寒い時には同じくほとんど裸の小島よしおさんの「そんなの関係ねぇー」に励まされたと会場を笑わせる。

 中村さんもやはり、、アクションでのケガにもっとも注意したのだそうだ。アクションはヒーローものを経験しているだけに慣れてはいたが、刀でのアクションは初体験だったので特に気をつけたのだそうだ。橋本さんは、実年齢よりも高い設定だっただけに、表情などで包容力を出すのに苦労したと答えてくれた。あとは「胸を寄せるのを頑張りました」と、衣装からあふれそうなバストを強調してみせた。

 最後に見どころについて聞かれると、乙黒さんは「キャラクターの深みと体を張ったアクション」、橋本さんは「ゾンビの特殊メーク」と答える中、中村さんは「見どころはやっぱりかわいい女の子が、こんな薄着をして戦っているところですね。あと、ポロリもあります。この3人ではないのですが。あと、チラリもあります」と、大胆発言。「そういうところがヒットにつながると思うんです」と、ある意味しっかりとした意見を披露してくれた。お見それしました。

福田陽平監督

 監督の福田陽平氏は、実はディスリー・パブリッシャーの「地球防衛軍」シリーズが世界一好きなゲームと答えるほどのゲーム好き。ゲームのキャラクターにインパクトがあるので、撮影するにはかなりのプレッシャーがあったと語る。しかし、出演者がしっかりと役柄について理解してくれ、キャスティングもはまり、アクションのこだわりなども含め、自信のある作品となったと福田氏。働く強い女性にぜひ見てもらいたいのだそうだ。

ストーリー

戦乱の世、世界は狂乱の渦に飲み込まれ、街には謎の科学者・杉田によって作られたゾンビがあふれかえっていた。その中で、妹をさらわれた勝治、娘を殺されたレイコ、そして最強のお姉ちゃん・彩が杉田を倒すために並みいるゾンビをなぎ倒す。

そんな3人の行く手に突如現れた最強の女子高生・咲。

「忌血」の種族の末裔“彩”と、腹違いの妹“咲”、宿命を背負った姉妹の一騎打ちが今はじまる……。




 記者会見では「ポロリもある」とのことだが、映画に関して特に年齢制限は設けられていない。ゾンビが登場することでホラー作品とひとくくりにされがちだが、本作品は剣劇アクションを主としているので、血しぶきも満載ながら、爽快感を味わえるものとなっている。キャストも毎回血ノリをあびて、汗もかいて、さわやかに演じたとのこと。

 映画は4月下旬、渋谷Q-AXシネマ・シネマート新宿ほか全国で順次公開の予定(配給:ジョリー・ロジャー)。ゲームから飛び出したお姉ちゃんの勇姿をとくと見よ!

「お姉チャンバラRevolution」

「お姉チャンバラRevolution」
対応機種:Wii
ジャンル:アクション
発売予定日:2008年2月7日
価格(税込):5800円
プレイ人数:1〜2人(2人同時プレイ可能)
CERO:D(17歳以上対象)
(C)2008「お姉チャンバラ」製作委員会
(C)2008 TAMSOFT (C)2008 D3 PUBLISHER

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/21/news019.jpg “男は餌代0円で、大量の魚を釣り上げます” 驚きの釣果と予想外な料理への変貌に「この人凄いな〜〜」「てっきりお刺身と思いきや」
  4. /nl/articles/2406/22/news026.jpg 「ファッションなんか年齢関係無く自由だろ」 80代母の“好きを着る”姿が210万表示「カッコよすぎィィィイ!」
  5. /nl/articles/2406/22/news008.jpg 家族がランチを注文する中、おばあちゃんが頼んだのは…… 自分に素直な姿が1800万再生「私もあなたのおばあちゃんみたいになりたい」【海外】
  6. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  7. /nl/articles/2406/21/news151.jpg 「読める?」 セガが“謎の暗号”で挑戦状 → フォロワーがゲームのように“攻略”して盛り上がる 「画面傾けてみて」
  8. /nl/articles/2406/20/news177.jpg なぜ作った……? “100時間”かけて制作した「コンクリキーボード」がもはや芸術 狂気の手作業が80万再生「笑った」「バカで最高」【海外】
  9. /nl/articles/2406/21/news025.jpg 駐車場の柱に貼られた“恐怖の注意書き”が222万表示 「闇のゲームのはじまりだぜ!」「車を3台リリースされそう」の声
  10. /nl/articles/2406/21/news129.jpg 「喋り方大泉洋まんま」 人気タレント兄の函館市長、“水曜どうでしょう”イベントで見せた激似トークが話題
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」