ニュース
» 2008年02月05日 17時26分 公開

「ポロリもあります」――映画「お姉チャンバラ」製作発表記者会見

ディースリー・パブリッシャーから発売されている「お姉チャンバラ」が、実写映画としてスクリーンに登場。製作発表記者会見では、監督・出演者が壇上に並び、本作の魅力を語ってくれた。ポロリ……あるんですか?

[加藤亘,ITmedia]

「ポロリも、チラリもあります」

出演者はゲームから飛び出たかのように、衣装を完璧に着こなしての登場となった。左からレイコ役の橋本愛実さん、彩役の乙黒えりさん、咲役の中村知世さん

 水着を着たお姉さんが日本刀を持ってバッタバッタと血を浴びながらゾンビたちを切り刻む剣劇アクション「お姉チャンバラ」が映画になった! 本日、4月下旬に公開を予定しているセクシー&バイオレンス映画「お姉チャンバラ」の製作発表記者会見が、新宿京王プラザホテルで行われた。

 シリーズ累計30万本を販売した「お姉チャンバラ」は、タムソフトが制作し、ディースリー・パブリッシャーから発売している人気シリーズで、2月7日にはシリーズ6作目となる最新作「お姉チャンバラRevolution」が、Wiiで発売されることになっている。

 製作発表記者会見には、彩役の乙黒えりさん、咲役の中村知世さん、レイコ役の橋本愛実さんと出演者のほかに、映画監督の福田陽平氏が登場。その魅力について語った。


マイクをWiiリモコンに見立て、実際にプレイした感覚を体全体で表現してくれた乙黒さん

 まず、最強のお姉ちゃん・彩を演じることになったことについて乙黒さんは、アクションをやりたかったということもあり、単純にうれしかったと、テンションが上がったのだそうだ。最初衣装が水着と聞いて戸惑ったが、実際の衣装を見たらかわいくてすぐに気に入ったと語る。乙黒さんは今週発売の「お姉チャンバラRevolution」をすでにプレイしており、初心者でも楽しめるゲームとしてオススメしていた。

 同じく、出演が決まったことに関して最強の女子校生であり彩の妹役を演じた中村さんは、原作のイメージを崩さないよう演じることへのプレッシャーを口にする。お色気担当、28歳シングルマザーのレイコ役を演じた橋本さんも、初めての映画出演をうれしく思いながらも、アクションの経験がなかったので不安に思ったと、両名とも緊張して撮影に臨んだとのこと。


 撮影で気をつけたことについて乙黒さんは、「彩として生き、アクションすることをテーマに、体調管理と集中力を乱さないよう心がけました」と自信たっぷり。ただし、撮影が冬だったこともあり、水着はかなりこたえた様子。しかし、「仲間がいたから頑張れたし、撮影しているとだんだん気持ちよくなってきました」とのこと。第一、衣装そのものはかっこいいし、寒い時には同じくほとんど裸の小島よしおさんの「そんなの関係ねぇー」に励まされたと会場を笑わせる。

 中村さんもやはり、、アクションでのケガにもっとも注意したのだそうだ。アクションはヒーローものを経験しているだけに慣れてはいたが、刀でのアクションは初体験だったので特に気をつけたのだそうだ。橋本さんは、実年齢よりも高い設定だっただけに、表情などで包容力を出すのに苦労したと答えてくれた。あとは「胸を寄せるのを頑張りました」と、衣装からあふれそうなバストを強調してみせた。

 最後に見どころについて聞かれると、乙黒さんは「キャラクターの深みと体を張ったアクション」、橋本さんは「ゾンビの特殊メーク」と答える中、中村さんは「見どころはやっぱりかわいい女の子が、こんな薄着をして戦っているところですね。あと、ポロリもあります。この3人ではないのですが。あと、チラリもあります」と、大胆発言。「そういうところがヒットにつながると思うんです」と、ある意味しっかりとした意見を披露してくれた。お見それしました。

福田陽平監督

 監督の福田陽平氏は、実はディスリー・パブリッシャーの「地球防衛軍」シリーズが世界一好きなゲームと答えるほどのゲーム好き。ゲームのキャラクターにインパクトがあるので、撮影するにはかなりのプレッシャーがあったと語る。しかし、出演者がしっかりと役柄について理解してくれ、キャスティングもはまり、アクションのこだわりなども含め、自信のある作品となったと福田氏。働く強い女性にぜひ見てもらいたいのだそうだ。

ストーリー

戦乱の世、世界は狂乱の渦に飲み込まれ、街には謎の科学者・杉田によって作られたゾンビがあふれかえっていた。その中で、妹をさらわれた勝治、娘を殺されたレイコ、そして最強のお姉ちゃん・彩が杉田を倒すために並みいるゾンビをなぎ倒す。

そんな3人の行く手に突如現れた最強の女子高生・咲。

「忌血」の種族の末裔“彩”と、腹違いの妹“咲”、宿命を背負った姉妹の一騎打ちが今はじまる……。




 記者会見では「ポロリもある」とのことだが、映画に関して特に年齢制限は設けられていない。ゾンビが登場することでホラー作品とひとくくりにされがちだが、本作品は剣劇アクションを主としているので、血しぶきも満載ながら、爽快感を味わえるものとなっている。キャストも毎回血ノリをあびて、汗もかいて、さわやかに演じたとのこと。

 映画は4月下旬、渋谷Q-AXシネマ・シネマート新宿ほか全国で順次公開の予定(配給:ジョリー・ロジャー)。ゲームから飛び出したお姉ちゃんの勇姿をとくと見よ!

「お姉チャンバラRevolution」

「お姉チャンバラRevolution」
対応機種:Wii
ジャンル:アクション
発売予定日:2008年2月7日
価格(税込):5800円
プレイ人数:1〜2人(2人同時プレイ可能)
CERO:D(17歳以上対象)
(C)2008「お姉チャンバラ」製作委員会
(C)2008 TAMSOFT (C)2008 D3 PUBLISHER

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」