ニュース
» 2008年02月22日 18時31分 公開

「プロ野球チームをつくろう!」がニンテンドーDSで登場 (1/2)

「プロ野球チームをつくろう!」シリーズ発売10周年を迎える2008年春に、ニンテンドーDS版「プロ野球チームをつくろう!」が登場する。

[ITmedia]
画像

 「プロ野球チームをつくろう!」(以下、野球つく)シリーズの第1作目がセガサターンで発売されたのが1998年2月。それからちょうど10周年を迎える2008年の春に、「野球つく」シリーズ最新作がニンテンドーDSで登場する。

 「野球つく」は、プロ野球チームの球団経営をベースとしたスポーツ育成シミュレーションゲーム。プレイヤーはプロ野球チームのGM(ゼネラルマネージャー)となって、球団経営やチーム編成、選手育成、そして試合采配など、あらゆる面で指揮を執り、自分のプロ野球チームを強化していくことになる。

 ゲーム中にはプロ野球12球団の所属選手が実名で登場し、2008年シーズン開幕前のデータで遊ぶことができる。また、シリーズおなじみの要素として、往年の名選手(OB)も実名で登場。どんな選手を集めてどんなチームを編成するか、それはすべてプレイヤーの自由。「野球つく」で夢の球団をつくることができるのだ

 プレイヤーは、そのままのチーム名、ユニフォームで始めることもできるが、チーム名やユニフォーム、本拠地などを任意に変更することも可能だ。経営・人事・育成・試合それぞれのシーンで球団を強化して、日本一、そして世界一のプロ野球チームを目指そう。

 なお、「ちょっとの時間でサクサクっとプレイ。でも、じっくりやり込み要素も満載」がニンテンドーDS版「野球つく」のコンセプト。経営・人事・育成・試合をこなしてチームを強化といった「野球つく」のベースとなる部分は今回も変わらないが、携帯ゲーム機らしく、少しの時間でもテンポよく遊べるように、それでいて従来のシリーズと同様のやり込み要素を盛り込んでいるのが、ニンテンドーDS版の特徴となっている。

経営

画像画像 資金確保や施設投資など、運営収支に関わる部分。資金が豊富にあれば、よりチームを強化していくことができる

人事

画像画像 選手獲得やスタッフ選定など、球団の人事・編成を行う。人材を好きなように集めることができるのも「野球つく」の醍醐味だろう

育成

画像画像 練習やキャンプなどでメニューの指示を行い、選手の能力を伸ばそう。試合で能力を発揮できるようにしっかりと育成することが重要だ

試合

 ニンテンドーDS版の試合シーンでは、セガサターン版やドリームキャスト版のファンには懐かしいデフォルメキャラが登場する。ただしデフォルメといっても、試合内容はいたって本格的。クロスプレーやファインプレーなど、ここぞというシーンではカットインが入り、試合を盛り上げてくれる。また、目が炎になる、砂煙を舞い上げて走る、といったコミカルな演出もあり、臨場感たっぷりの試合が展開する。

画像画像画像 試合時のオーダーの決定や選手交代、作戦指示などを行う。試合を行うのは選手たちだが、采配次第で勝利の可能性を高めることも

 また、育て上げたチーム同士で対戦するというのも「野球つく」の醍醐味の1つ。もちろん、ニンテンドーDS版はワイヤレス通信対戦が可能なので、データを持ち寄れば、場所を問わずデータ対戦ができるというわけだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた