ニュース
» 2008年03月10日 13時37分 公開

日々是遊戯:思わずイジ……守ってあげたくなる!? あの「スペランカー」がソフビフィギュアに

「史上最弱の主人公」の名を欲しいままにした、伝説のファミコンヒーローがソフビフィギュアになってこの春発売されるという。これがまた、ファミコン世代なら思わず守ってあげたくなるかわいさだったので紹介したい。

[池谷勇人,ITmedia]

 ゲームそのものに限らず、その周辺にあふれるあまたのためになる情報からどうでもいいネタを、毎日1つ微妙にセレクトしてやけにあっさりお届けするのが「日々是遊戯」。本日から掲載開始させていただきます。“日々”と付くぐらいですから、通常営業日には掲載される予定ですが……はてさてどうなることやら。ちなみにタイトルの由来は、以前あったあるコーナーからそのまま拝借しております。では、皆様、以後お見知りおきを。


蘇る最弱伝説――くれぐれも強い衝撃は与えないように

取り扱いに注意?

「スペランカー」と言えば、ファミコン世代にはおなじみの「史上最弱のヒーロー」。背の高さほどの段差で死ぬ、下り坂でジャンプすると死ぬ、ロープから手を滑らせて死ぬ……。そのあまりの貧弱さから、今では「スペランカー先生」の愛称で親しまれている「彼」が、なんとこの春ソフビフィギュアになって登場するという。

 今回、先生の商品化に挑戦したのは、これまでゲーム・アニメ関連のフィギュアを数多く手がけてきたプレッサントエンジェルズ。筆者はワンフェス会場でその実物を見たのだが、やや丸みをおびたシルエットの中にも、ちゃんとドット絵のイメージを残してあり、再現度はなかなか。ちょっと困ったような目も、思わずPCモニタの上あたりに置いて「お、降りられないよー」とか言わせてみたくなるかわいさだ。

 気になる発売日は2008年春、価格は3675円(税込)の予定。すでに公式サイトでは、ゴーストフィギュアも付属する「LIMITED EDITION」予約を開始しているので、気になる人はアクセスしてみてほしい。ちなみにワンフェス会場では「お手をふれないようお願いします」との文句とともに展示されていたのだが、うかつに触ったりするとやっぱり死んでしまうのだろうか……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる