咲の“絶対領域”がなくなる理由――「お姉チャンバラ」を作った男たち(1/2 ページ)

「お姉チャンバラ」にはまだ秘密がある。「お姉チャンバラRevolution」を送り出した男たちは、次なる展開に動き出そうとしていた。まさか、妹のニーソにそんなワケがあったとは……。

» 2008年03月11日 11時44分 公開
[加藤亘,ITmedia]

常に新しい試みを! 「お姉チャンバラRevolution」を振り返る

「お姉チャンバラ」制作チームのタムソフト、ディレクター兼デザイン担当の手塚俊介氏(右)とプロブラム担当の渡邉成紀氏

 毎回、「お姉チャンバラ」シリーズでは、アクションゲームとして新しい試みが施されてると、企画・開発を手がけるタムソフトの手塚俊介氏は、特に「お姉チャンバラRevolution」の爽快(そうかい)な操作感には自信があると切り出す。

 2007年9月に開催された東京ゲームショウ2007のディースリー・パブリッシャーブースで大々的に発表されたWii用アクションゲーム「お姉チャンバラRevolution」は、Wiiリモコンで操作するという点において、かなりのこだわりを持って制作された。それこそ、バランス調整に一番時間をかけたといっていいほどだと、同じくシリーズ通して企画・プログラムを担当する渡邉成紀氏も胸を張る。

 「お姉チャンバラ」シリーズは2004年、プレイステーション 2用の「SIMPLE 2000」シリーズの1つとして「THE お姉チャンバラ」の名を冠して誕生した。当時は、これほどまでにシリーズ化されるとはまったく思っていなかったと両者が振り返っていたが、露出度の高いお姉さんが、刀を振り回しゾンビをボッコボコにするという、お色気とアクション性を併せ持つ、ヒットする“匂い”というものは内包していたように思う。ただし、企画書段階では「THE姉チャン」だったものが、「お姉チャンバラ」に変更になったことには当初「信じられなかった」とのこと。今では「お姉チャンバラ」でよかったと手塚氏は胸をなで下ろす。

 こうしてファンの声に押される形で、続編が制作されることになり、PS2にこだわらず、その時々の新しい可能性を追求すべく、プラットフォームを変え、わずか4年で計7作(DLC含む)世に送り出されることになる。

寄せ来るゾンビを一刀両断

―― 「お姉チャンバラRevolution」が発売されて日が経ちますが、反応はどうですか?

手塚俊介氏(以下、敬称略) やはりWiiリモコンでの操作感には時間をかけましたし、ある程度自信がありました。それでも発売直後は不安でしょうがありませんでした。実際にアクションに関しては、皆さん好意的でほっとしています。

渡邉成紀氏(以下、敬称略) 慣れ親しんだパッドではなく、Wiiリモコンという独特の操作だったので、それをどう利用できるかが課題でした。

―― 今作でもっとも多くの意見として「ステージ数の少なさ」が挙げられると思うのですが?

手塚 やはりボリューム的には少ないという意見は多く、心苦しい限りです。ただ、プレイヤーキャラクターにその分手をかけ、アクションモードを充実させ、キャラクターの個性を立たせることに時間を費やしました。開発期間も限られていますし、同じく要望が多かった「キャラクターのアクションに厚みを持たす」ことに重視したと理解してもらいたいです。

―― その分、新しい方向性を示すことができたと思いますが?

咲の撲殺モードに対する評判を聞いて胸をなで下ろしたとか

手塚 キャラクターは使用する武器や戦い方のタイプによって吟味しました。その中でも投げやつかみもある咲に一番力を入れていますし、良い評価を頂いています。今回一番Wiiリモコンをうまく使っている面白いキャラクターになっていると思います。やはり、いかに気持ちよくプレイさせるかがキモでした。どのタイトルとは言いませんが、ほかのWiiリモコンを使用するアクションゲームを遊んでみて、ボクはとても不満があったんです。もっと面白くできるはずだと。うまくWiiリモコンを使えば、もっと面白くできるのではないか? という、イメージが頭の中にあったのでそれを実現しました。

―― プレイヤーによって振り方の差異があったりと、調整はかなりシビアだったと思うのですが。

渡邉 マスターアップ直前まで調整は二転三転してました。シリーズ通して“斬った爽快感”が第一のコンセプトだったので、そこはある程度納得する形まで持っていきたいと思っていましたし。時間も取りました。

手塚 開発期間的には実作業は半年しかありませんでした。構想を入れるともう少しかかっていますが。キャラの特性によってアクションも異なるので、開発期間の大半はそこに費やしました。

渡邉 Wiiはほかのハードと比べたら、スムーズに開発に入れたのが短期間でできた理由ですね。

―― “精度”や、長時間使用することで“疲れる”などは、Wiiリモコンを使用するアクションゲームではついてまわることだと思うのですが。

手塚 ステージ数が少ないという、先ほどの御指摘にも若干関係するのですが、今あるもの以上に1ステージが長いと疲れてしまうのではないか? という心配があったんです。賛否両論ありますが、結果としては今ぐらいの長さが疲れなくて丁度良いと思っています。1ステージが短いので、一度クリアした後も、軽い感覚で何度も繰り返しプレイして頂けるように設計しました。

―― これほどまでシリーズ化されるとは思っていなかったと聞きますが。

手塚 ボクらの中では面白いと思ってました。しかし当初は実感が伴わなかったですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」