デモクラタイズなゲーム業界へ!――2008年のGDCを総括くねくねハニィの「最近どうよ?」(その21)(1/8 ページ)

北米サンフランシスコで開催されたGame Developer Conferenceから1カ月。ようやくハニィが帰って参りました〜。とりあえず総括してみましたのでよろしこ〜。というか、なんで翻訳されているの?

» 2008年03月14日 14時22分 公開
[くねくねハニィ,ITmedia]

 やっほ〜。Game Developer Conference(以下、GDC)から帰国してからというもの、たまってた仕事を片付けてたらあっという間に3月になってましたね〜。日に日に暖かくなってきたこともあり、ハニィもようやく原稿を書いてみるぞと。え? ちゃんとしろ? はぁい……。21回目のくねくねハニィの「最近どうよ?」、いろんなニュースは次回にまわすとして、今回はGDC特集とさせてもらいまする〜。

 題して「2008年のGDC@サンフランシスコ! デモクラタイズなゲーム業界へ!」。珍しく前置きなしでいってみよ〜!

突然ですが、ここで編集からのお知らせです

 さぼっていたくせにかる〜い感じで始まった「くねくねハニィの『最近どうよ?』」ですが、第1回目から読者の皆様から共通して“あるお願い”がメールで届いておりました。それは、「ハニィの話言葉が読みづらい」という由々しき問題。「なんとかなりませんか?」、「味だとは分かっているのですが」と、皆様の中にはどうしても相容れないという方もいると理解していました。そこで、今回、画期的な試みを行ってみようと思います。翻訳です。ハニィの原稿を翻訳機(人力)にかけ、なるべく無味乾燥化させたものを通常の原稿のあとに掲載してみました。話し言葉がどうしても肌に合わないという方は、こちらからささっと飛んでお読みください。お暇な方は、ハニィの方を読んだあと、比較しながら再読のほど。引き続き、本編をお楽しみください。お邪魔しました。


お約束ですがGDCって何じゃい?

日ごろの感謝をこめてホワイトデーのチョ……! これまさかバレンタインから寝かせてあったイラストでは……!?

 「Game Developer Conference」はゲーム開発者のための講演会、勉強会の名称ですな。実は世界各地で行われてるんですが、サンフランシスコで行われるのが規模が最大なので、ついGDCって一言で言ってしまうんですな。パリ、ロンドン、オースティンなど、かなりの回数が各地で行われておりますね。この「最近どうよ?」でいうGDCとはあくまでもサンフランシスコのMoscone Convention Centerで2月18日〜22日まで行われたもの。混乱なさらぬように。

 5日間に渡ってゲームデベロッパーに向けた勉強会が行われるわけだけど、前半2日間はモバイルゲームをフィーチャーしてました。あわせてシリアスゲーム(ノンゲームのエンタテインメント)サミット、カジュアルゲーム(ライトユーザー向けのカジュアルゲーム)サミットなども行われ、後半3日間はコンソール、PCその他が混じってくる。ちょっとひっそり感のあった週はじめから一転、水曜からはそりゃもう、たくさんの人が来ていたんだね〜。GDC事務局からの発表で、今年は史上最多の1万8000人の参加があったとのこと。

 参加費が高いことで有名なこのカンファレンス、すべてのセッションに参加できるパスが1人当たり1995ドル(約21万円)、メインカンファレンスパス(後半の水曜〜金曜のみ)が1395ドル(約14.6万円)、モバイルカンファレンスのみが1045ドル(約11万円)などなど、とてつもない金額。渡航費をかけて出かけて行って、さらにこんだけ参加費がかかると、そんなに簡単にたくさんで出かけていくわけにはいきませんな……。

 GDCは大きく分けて、キーノートスピーチ(基調講演)、セッション(座学)、ラウンドテーブル(パネルディスカッション)などに分かれてるんですな。この他にイベントとしてIGF(Independent Games Festival)アワードなどがあったりも。また、EXPOと言われる展示場も若干ありましたね。ゲーム自体の展示もありましたけど、ミドルウェアやエンジンを展示したりして、ゲームショーではなくゲーム開発ショーなんだなと、あらためて納得したりして。それに今年はCareer Pavilionと言って「転職フェア」みたいなイベントもやってたからちょっとおったまげた〜。会社のお金でカンファレンスに来ている輩が転職活動をして帰るってどないなっとんねん?(笑) ま、アメリカらしいっちゃアメリカらしいんですけど、日本だったらありえないよね? しかも盛況でしたな……。

 講師&お題別に時間と部屋が割り振りされていて(60分がメイン、基調講演は90分)、1つの時間帯に複数のセッションが平行して走っていて、スケジュール表を見ながら、大学の授業のように「1時限目はWestホール3階の3031でこの話、2時限目はノース1階の135であの話」と移動して回るわけです。会場も意外に広いので(Moscone Centerのウエスト、ノース、サウスの3ホール)、これが結構ひと苦労なんですわ。

 それにしても、天気がホントに悪くて嫌になるくらい雨ばっかり。サンフランシスコ市内は、霧の街って言われるくらいなのでデフォルトでこうなんでしょうけど、寒さから逃れてカリフォールニア! に出かけていったハニィには、ちょっと悲しくて寂しかったわん。イベント自体が参加者最多とうたってたのに反比例して日本人の参加者が少なめに感じたのも、天気のせいかしら?

キーノートスピーチ(基調講演)

 毎年水曜日と木曜日に1件ずつの基調講演が行われるのですが、今年もスケジュール的には順当で、2月20日(水)にマイクロソフトのコーポレート バイスプレジデント、ジョン・シャパート氏による「A Future Wide Open:Unleashing the Creative Community(未来は広く開かれる:クリエイティブコミュニティを解き放て)」、21日(木)にはインベンター兼フューチャリストのレイ・カーツウェル氏による「The Next 20 Years of Gaming」(ゲームの今後20年)と2本立てでしたの。

 

 昨年の「SCE VS. 任天堂」とは大きく異なる形だったですよ。去年なんかは任天堂とSCEがプラクティカル(えーと、実務的というか、現実的というか)な戦略とか方針とかを明確に打ち出すものって認識があったんだけど、今年は特にカーツウェル博士の未来志向のお話については、ゲーム業界という枠を外れて「生命や科学の進化」という大きな視点からのコンセプチュアル(概念的な)アプローチってとこが、ものすごく考えさせられたわ〜。日本だったらこの手のカンファレンスではありえない展開だもん。純ジャパニーズのハニィは文化的に不思議なショックを覚えたわ。あ、一緒にいたB型の日本人の方にはしっくり来ていたみたいですけど(爆)。

 詳しくは記事があがってるのでそちらを読んでいただきたいんだけど、ハニィ視点でのまとめを書いてみるね〜。

       1|2|3|4|5|6|7|8 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評