ニヤけて笑えて素敵にシュール――世にも珍妙なジェスチャー連想ゲーム「ミブリー&テブリー」レビュー(3/3 ページ)

» 2008年03月18日 00時00分 公開
[ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

みんなで遊べば大笑い バカバカしくも熱い、最大4人での対戦

 「ひとりであそぶ」を複数人でわいわいとやるのも楽しいが、友人と本作を遊ぶなら「みんなであそぶ」で白熱したバトルを繰り広げてほしい。

 「みんなであそぶ」は、「ひとりであそぶ」とは多少勝手が違う。最大4人での対戦が可能で、最初に設定したクリアスコア(300点、500点、1000点、3000点、5000点から選べる)に1番早く達するか、自分以外のプレイヤーのHPが0になった時点で勝利が確定する。 ここでは、「ひとりであそぶ」で登場する海域や島ではなく、5×5のマスを使って勝負だ。各マスには3、5などの数字が書いてある。この数字が問題の文字数だ。最初の出題マスはランダムに決定され、以降は正解したプレイヤーが次のマスを選ぶことになる。

 また、数字の書かれたマス以外に宝箱のマスもあり、ここで正解すると宝箱をゲット。「高得点」「1点」「爆弾(HPが2減る)」のどれかが入っているので、正解したのに爆弾で脱落……などという理不尽なことも起き得る。宝箱はギャンブル要素の強い両刃の剣なのだ。

画像 クリアスコアの設定でプレイ時間が変わってくる
画像 長い言葉を選ぶか短い言葉を選ぶか……選択権は勝利者にある

 「ひとりであそぶ」では難しい問題に対してヒント魔法を使えたが、「みんなであそぶ」では使うことができない。問題は早押しで、分かった人はすかさずAボタンを押して答えを入力する。1度目のジェスチャーで正解者がいなかった場合に、2度目のジェスチャー再生時にモジモジと同じ効果のヒントが追加される。それでも正解者がいなければ3度目の再生でコエコエと同じ効果のヒント、4度目以降は正解の文字が1文字ずつ追加、というように、何度もジェスチャーを見ればだんだん正解に近づけるようになっているのだ。

 正解に近づくのはもちろん自分だけではなく周りの対戦者も同じ条件。人より早く分かってスコーンと答えた時は爽快だし、逆に自分がさっぱり分からない問題をあっさりあてられた時の悔しさたるやハンパではない! そして調子に乗った正解者が宝箱マスで爆弾をひきあてて憤死したり、「こんなのわかんねえのぉ」と余裕で回答した人が不正解だったりと、とにかくプレイしていて笑いが耐えない。クスクスだったりワハハだったりギャーだったり、本作を大勢でプレイするところには笑いや悲鳴の渦が巻き起こるだろう。深夜のアパートやマンションでのプレイ時には要注意だ。

 なお、「ギャラリーモード」では今までに「ひとりであそぶ」で正解した問題のムービーや、プレイ中に聴いたBGMを鑑賞することができる。ヘンテコな曲が多く収録されているので、ここでBGMのみを楽しむのもいいだろう。

画像 ヒントなしで正解を出した方が高得点を得られる。なるべく少ないヒントで誰よりも早く答えよう
画像 曲名もかなり変です。ギャラリーモードで聴き放題!

この珍味テイスト、ぜひお召しあがりください

 1人でコツコツとやり込むというよりは、大勢でわいわい遊ぶ“接待ゲーム”向きではあるので、家族や友人とWiiで遊ぶ機会が多い人にはオススメだ。ただ、やり込んでいるプレイヤーとやり込んでいないプレイヤーが対戦した場合に明らかな実力差が出てしまうあたりや、問題のボリュームが多いとはいえ、いずれすべてのジェスチャーや粘土を目にしてしまうであろう点などを考えると、延々遊び続けられるようなゲームではないという側面もある。

 また、クラシックコントローラに対応している点からも分かるように、本作はWiiリモコンのポインティング機能を生かすわけでもなく、操作だけ見ればこれまで通りの、ファミコンのようなシステムを採用している。ジェスチャーによる問題の数々はさすがにファミコン方式では無理だが、プレイステーションやNINTENDO64くらいの容量でも十分に実現できるのではないかと思ってしまう。その単純明快なゲームシステムそのものが「なんで今これをWiiで出すんじゃ!」というツッコミを待っている冴えたボケのようにも思えてくる。

画像

 ただ、問題数の限界や単純な内容も踏まえたうえで、それでも本作でできる体験を、いったい他のどのゲームで体験できるだろうか……というところを考えてほしい。分かりやすいものから分かりにくいものまで、わざわざ実写で撮られたジェスチャーで出された問題に答えていくという内容は、現時点では本作でしか味わえないはずだ。前述したが独特のセンスやテイストにピンと来るかどうかも大事なところ。「メイドインワリオ」だとか「せがれいじり」だとか、そういったヘンテコ味のゲームが好きな人であれば、きっと腹をかかえて笑いながら本作を味わい尽くすことだろう。

 けして万人受けな作品ではないが、好きな人にはたまらなくツボな、紛れもない“珍作”。筆者はその称号を、惜しみない愛とともに本作に与えたいと思う。フツーのRPGやアクションに飽きてしまい珍味を食べたくなった時は、ぜひちょいとつまんでみてほしい、愉快なゲームだ。

関連キーワード

Wii | セガ


(C)SEGA


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」