誰でも一度は食べてみたい!? 人気の「ミリメシ」第2弾を試食してみた日々是遊戯

UFOキャッチャー用景品として昨年12月にリリースされ、たちまち人気を博した「ミリメシ」。その第2弾シリーズが3月中旬より、全国のアミューズメントセンターに投入されている。となれば、食べてみない手はない!

» 2008年03月21日 14時45分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

ミリメシならではの工夫も見られ、普通にうまい

 「ミリメシ」という言葉をご存知だろうか。またの名を戦闘糧食、英語で言えばレーション。要するに軍隊などで支給される携帯食料のことで、ミリタリーなメシだから略してミリメシというわけだ。

 この「ミリメシ」が現在、なんとUFOキャッチャー用の景品としてリリースされ、ちょっとした人気を集めていると言う。その名もズバリ「個人用戦闘糧食II型仕様」。現在ゲームセンターなどで見かけるのは、3月中旬より新たに投入された“第2弾”シリーズで、昨年発売された“第1弾”が和風ごはんやパエリアといった「主食」中心だったのに対し、第2弾では牛丼や豚丼、ビーフカレーといった「副食」中心のラインアップとなっているのが特徴。

 この「戦闘糧食II型」、ウィキペディアなどで調べてみると、どうやら自衛隊カンボジア派遣の際、参加32カ国中もっともおいしいと評価されたこともあるのだとか。筆者も実際にミリメシを試食してみたのだが、確かにどれも普通にウマい。戦闘食料と言うから、最初はカンパンのようなもっと味気ないものを想像していたのだが、これならコンビニやスーパーで普通に売られていたっておかしくない。

すべておいしくいただきました

 あと感心したのが、牛丼にしても親子丼にしても、どれも汁に若干の“とろみ”があること。最初は「?」と思ったのだが、後になって「外で食べても冷めにくいようにするための工夫なのかも」と思い当たった。全体的に濃いめの味付けになっているのも、きっと疲れた隊員さんたちの胃袋を、しっかり満足させてあげるための心遣いなのだろう。

 全8種類食べてみたなかで、個人的なヒットは「麻婆茄子丼」だ。麻婆茄子自体、もともととろみのある食べ物なうえ、ピリリとした辛口の味付けもミリメシ向きだ。ゲームセンターなどで見かけた際は、ぜひとも入手を狙ってチャレンジしてみてほしい。

関連キーワード

工夫 | セガ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  7. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  10. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評