レビュー
» 2008年03月25日 16時09分 公開

「イース」シリーズの名作がニンテンドーDSに「イースDS」「イースII DS」レビュー(2/2 ページ)

[篠崎薫,ITmedia]
前のページへ 1|2       

BGMもPC版ライクな仕上がり

画像 このモードで曲を流しっぱなしにして、作業用のBGMにしておく、というのもいいかもしれない。これだけ名曲がそろっているゲームは、まずないのだし

 「イース」シリーズのファンならば誰もが気になるBGMの出来栄えだが、Windows版から比べると、残念ながら疑問符が付いてしまう完成度に思えた。ところが友人曰く、PC版ライクで思いの外に高く評価できる出来栄えだという。もちろん、ハードの限界からWindows版のような音楽を望んでも無理なのは分かってはいるものの、PC版に近い完成度になっているとは思わなかった。ある意味、昔のファンに訴求する部分になっていることは間違いないだろう。しかも、一度ゲームをクリアするとメインメニューに「MUSIC MODE」が現れ、ここで収録曲+俗に言われるボツ曲までを自由に聞くことができるのだ。これこそ、イースらしいオマケモードかもしれない。

 ただ通常のBGMと比べて、アイテムをゲットした時の曲が若干こもっているように聞こえたのが気になった。BGMは内蔵音源で、アイテムゲットの曲のみWindows版から収録してmp3などで流しているのでは? と思ったのだが、あくまでも個人的な聞こえ方による差異かもしれないので、よほど気にする人以外は無視しも大丈夫だろう。せっかくなので、「イースDS」「イースII DS」のBGMをセットにした音楽CDなども、是非発売してほしいところ。ゲームだけで完結させるには惜しい、そう思わせる曲だと思えた。

全体的には忠実な移植だが、残念な部分が目立つのも事実

 こうして各所を考察しながらクリアまでプレイしたが、全体的に基本に忠実な移植であることが非常によく分かった。例えば「イースDS」では、ダームの塔に入る前に上限レベルに達してしまい、後はアクションゲームとも言える展開になるが、本作も同じスタイルを採用している。これなら、シリーズをプレイしている人にとっては違和感のない仕上がりと感じられるだろう。マップもほぼ同じだし、ストーリーやトラップの類なども変わっている部分は見受けられなかった。まさに「ファンなら安心してプレイできる」移植度だ。もちろん、イベントシーンもWindows版そのままの、顔グラフィックが大きく表示されるスタイル。イラストも同じようなので、違和感なくプレイできた。

画像 ダームの塔では、RPGというよりはアクションゲーム。これ以上レベルは上がらないので、いかにして敵を避けて先に進むか、が要求される
画像 今風の“萌える絵”ではないが、こういったタッチが「イース」には合っているので、全面描き直しして再登場! とかにならなくてよかったと本気で思ってしまった

 ただし、いくつかの部分に関しては、不満の残る作りになっているのも事実。「イースDS」では、十字キーを押しっぱなしにしていても、場面が切り替わると再び押し直さないとキャラが動き出さないのだ。これが思った以上にプレイアビリティを下げていて、途中でイライラしてしまった。

 また、なぜかは分からないが「イース」「イースII DS」ともに、敵を倒した時に金袋または薬草を落とすようになっている。そのため、距離を取って敵を倒したり、敵の密集地帯に金袋が出た時などは、回収できないことが多い。正直言って、この変更には全く意味を見出せなかった。これなら、オリジナル版と同じ処理にした方が、明らかに親切だと思うのだが……。さらに、レベルアップした時のエフェクトがチープだったり、一部のデカキャラのデザインがPC版よりセンスなく見えたりと、元が良いゲームなだけに余計アラの部分が目立った感があった。

 もっとも、これはゲーム自体が面白いから際だってしまうのであり、今挙げた部分によりゲーム性が顕わしく損なわれてしまうことはないとは思う。逆に、PC版やWindows版と比べて、思わず「おっ!」と言ってしまったのが、ザコなのにデカいキャラ。ボスキャラ並みのデカさがあるので、迫力は十分。これは面白い試みだと思った。

画像 敵を倒すと、その場所にぽとりと金袋または薬草を出す。これを回収しないとお金が増えないのは、さすがに面倒。薬草を採ると、HPが回復する
画像 見た瞬間、思わず「え゛っ」と言ってしまった第2のボス・ニグティルガー。さすがにこのモンスターデザインはどうかと……。PC版の動きの方がしっくり来たのは、オールドタイプだからなのか!?
画像 こんなデカいザコがゴロゴロいるような所へは飛び込んでいきたくない……と思ったのは1人だけじゃないはず?

 なお「イースDS」「イースII DS」の中で、唯一オリジナルとなるのが、「イースDS」のバギュ=バデットでの戦いだ。ワープを何度か繰り返しながら先へと進んでいくのだが、マップを見ながらならば迷うこともないので、非常に簡単。また、オリジナルのボスキャラも登場するのだが、「イースDS」「イースII DS」を通してもボスキャラがどれも弱すぎるため、ほとんど印象に残らず倒してしまった。せっかくのオリジナル要素なのだから、もう少し頑張って欲しかったところ。

 ボスに関してはもう1つ、ダルク=ファクトの戦闘シーンは、もっと頑張ってほしかった。敵の攻撃は友人が見せてくれたPC版より迫力がないし、剣を振って攻撃するため連続して「ガガガガッ」という感じでダメージを与えられず、爽快感が全くなかった。ただ、しつこいようだが、この辺の言い分は作品を愛しすぎたからこそ出てくる些細なこと、だと思ってもらいたい。上で述べたとおりゲーム性を損なうものではないし、何よりもプレイしていて面白かったのは確かだ。いまさらながら、「イース」という作品の完成度の高さを思い知ったほどだった。

画像 イースが天空へと浮上した跡地、バギュ=バデット。そのため、マップは全体的に円形になっている。登場する敵は、順当に進んできていれば強くないので問題ない
画像 パッケージの裏にも載っているオリジナルのボス・ペトロレックス。中央部分が弱点という、一目見れば誰もが分かるデザインをしている。ただ、正直言って格好良くない……と思ってしまった。他のボスと比べても、若干浮いている感じがするのは気のせい?
画像 さすがにこの戦闘シーンはショックだった。一番盛り上がる場面なのだから、もっと気合いを入れて作ってほしかった。といいつつも、熱くなって戦ってしまったわけだが

 ただし、どうしても目をつむれなかったのが、このボリュームで各5040円は、ニンテンドーDSのゲームとしては高いのでは? という点。両作品をエンディングまでプレイしても、クリアまでは6〜10時間程度しかかからない。なので、「イース」という由緒ある作品に価値を見出せるかどうかが、購入時の鍵になるだろう。無論、当方と友人は、各1本ずつ買うことが決定していたりする。

関連キーワード

ニンテンドーDS


(C)Interchannel-Holon Inc.
(C)Nihon FalcomCorporation. All rights reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響