ペンで空間を切り取り、過去を修正せよ!――DSで楽しめる本格SFアドベンチャー「タイムホロウ−奪われた過去を求めて−」レビュー(1/2 ページ)

「あのときあんなことしなかったら今頃どうなってたかな」「あのときの失敗で人生変わっちまったな」そんな過去をお持ちの方も少なからずいるんではないでしょうか。そんな忌まわしい過去を今の自分が修正することができたら……。というわけで、タッチペンで過去を直していく、不思議なSFアドベンチャーの登場です。

» 2008年03月26日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]

新機軸の“過去修正アドベンチャー”が登場

 KONAMIのニンテンドーDS用ソフト「タイムホロウ 奪われた過去を求めて」は、タッチペン操作を駆使したアドベンチャーゲームだ。続編やスピンオフ作品ではなく、まったくの新作で、ニンテンドーDSのインタフェースをしっかり生かした内容になっている。

 アドベンチャーゲームは、キャラクターやシステムも大事だが、“物語を追う”という要素の比重が大きいジャンル。というわけで、キャラ同士のセリフのやりとりや、シナリオの構成、展開は非常に重要な要素だ。

 本作のシナリオ監修には小説「推理小説」(ドラマ「アンフェア」の原作)や、ドラマ「天体観測」、「ドラゴン桜」などの脚本で知られる秦建日子(はたたけひこ)さんが起用されている。また、ディレクターは「幻想水滸伝」「シャドウオブメモリーズ」「Rhapsodia」など数々のRPGやアドベンチャーを手がけてきた河野純子さんだ。本作は、熟練のクリエイターがタッグを組んで世に送り出す本格アドベンチャーゲームなのである。

 しかも本作はただの“アドベンチャー”ではない。パッケージに銘打たれた正式なジャンル名は“過去修正アドベンチャー”……。過去を修正するってどういうことだ? と気になった人もいるだろう。単なる犯人探しのミステリーでもなければ、恐怖を体感させるホラーでもない、過去を修正することで事件を解決していく新感覚のSFアドベンチャー、それが「タイムホロウ 奪われた過去を求めて」なのだ。

謎に満ちたストーリーと12人プラスアルファのキャラクターたち

 本作の主人公は、高校生・時尾歩郎(ときおほろう)だ。

 17歳の誕生日の前日に父に「明日は大事な話がある」と告げられた歩郎は、その夜に“子供時代の自分が、焼け落ちる家屋の中で両親とはぐれる”という夢を見てしまう。夢から覚めた歩郎は、飼い猫のフォ郎から謎のホロウペンを受け取る。そして気がつくと、両親が12年前に失踪した世界に変わってしまっていた……。

 という導入から物語は展開していく。ホロウペンを手に入れた歩郎は、時折過去の映像が頭にフラッシュバックする能力を持つようになる。自分が実際に見ていない光景も含まれているので、最初はどこで起きた何の光景なのかハッキリしない場合が多い。しかし町の中を探索し情報を集め、フラッシュバックの場所や時間が確定すると、その光景に対してホロウペンで介在することができるようになるのだ。

画像画像 ホロウペンを手にしたことで歩郎の運命が大きく動き出す

 例えば、今はがらんとしている自転車置き場。その過去の光景、自転車があったはずの場所に対してホロウペンで穴をあけ、過去あったはずの自転車に影響を与えて、穴を閉じる。この行動によって現在の歩郎の周りの人々にも影響が現われ、過去の修正が現在を変える、というわけだ。

画像 一見普通の自転車置き場だが、過去にここで起きたことを変えることで、誰かを救うこともできる。それがホロウペンの能力だ

 過去に戻って現在を変える、という内容のSFモノは、映画やマンガにおいて数多く存在する。たいていはタイムマシンや時を戻る能力を使うもので、タイトルそのまま「タイムマシン」という映画や、有名なところだと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「時をかける少女」など、枚挙にいとまがない。タイムスリップをして過去に影響を与える、ということは、影響がなかったはずの過去と影響を与えられてしまった過去の2つが存在することになり、タイムパラドックスやパラレルワールドなどのSF理論が展開することになる。

 本作でもそのあたりのSF理論はしっかりと踏まえている。過去を修正したからと言って必ずしもいい結果ばかりが訪れるわけでもないし、過去を変えたことによって新たに事件が起きたり、いたはずの人が消えたり、消えたはずの人が現われたりと、SF的に納得のいく範囲でとんでもないことが起きてしまう展開が面白い。加えて、従来の“過去に戻る”タイプのタイムスリップではなく、ペンで穴をあけて“過去を少しだけいじる”という点もユニークだ。タッチペンでの操作との相性もよく、秀逸なアイデアだと言えよう。

 本作の世界を支える魅力は、そのキャラクターたちにもある。ホロウペンで周りの人を助けるためにがんばる主人公・歩郎もいいが、脇役たちもなかなか面白いキャラが揃っている。歩郎のおじさんにあたる時尾保は過去が変わるたびに違った顔を見せてくれるし、歩郎に会うたびに変なクイズを出してくる二宮先生もいいキャラをしている。歩郎の友人、三原、四堂、五島も、物語の展開に沿ってその関係性が変わったりするが、基本的に陽気で楽しい3人組だ。その他、喫茶「黒の巣」のウェイトレス八木さんや図書館員の十倉さんなど個性的な面々が物語に華を添える。歩郎のベッドの上でごろごろしている愛猫・フォ郎(プレイが進行すると、歩郎をまさにフォローしてくれたりする)もいい味を出している。


画像画像画像 情報集めに協力してくれる友人たちは頼もしい存在だ

画像 序盤でいなくなってしまうお父さんとお母さん……。いつか再会できますように!
画像画像 三原の妹・和織ちゃんと、その友人・九里ちゃんも物語に絡んでくる

画像 本作で重要な役割を担う十二林かのん。謎めいた少女だ

 そして本作のキーパーソンとなるのが、歩郎のクラスメート、十二林かのんだ。かのんは、本作におけるヒロイン的な存在。いつのまにかクラスにいたかのんは、なぜか歩郎しか知らないはずのホロウペンの能力について知っているようだ。時に歩郎に助言し、時に歩郎とともに行動するかのん。その正体が明らかになる頃には、プレイヤーは物語の核心に迫っているだろう。

 ここまで読んで察しのいい人は気づいただろうが、多くのキャラの名字に数字があてられているのが本作の特徴だ。数字は1から12まであり、時間を操るホロウペンの能力と“12”という時間に関連した数字がリンクしているものと思われる。この12人プラスアルファの登場人物たちの運命をにぎるのが、歩郎の持つホロウペンなのだ。

画像画像 要所要所で差し挟まれるアニメーションがよくできている。感情移入度も大幅にアップするというものだ
画像 各キャラのセリフのかけあいも読んでいて楽しい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」