ニュース
» 2008年04月03日 14時34分 公開

魔女の探し方を教えます――「どきどき魔女神判2」

SNKプレイモアは、ニンテンドーDS用ソフト「どきどき魔女神判2」を7月31日に発売すると発表。初回限定スペシャルBOXの詳細も明かされた。

[ITmedia]

 SNKプレイモアは、タッチして魔女の証である紋章を探しだす“魔女チェックモード”が大きな話題となった「どきどき魔女神判!」(2007年7月発売)の続編、ニンテンドーDS用ソフト「どきどき魔女神判2」の発売日を決定、通常版に加え初回限定スペシャルBOXの発売を発表した。なお、どちらも初回特典として「魔女チェックカード」が贈られる。

ストーリー

 またしても、天使界から魔女探しを命じられたアクジ!

 新ヒロイン「聖花ころん」が通う天桜守学園に強制転校させられるが、学力不足のために2年生に転入する羽目に。しかも、新たなパートナーは「クロ」という名の悪魔で、なぜかオドオド。果たして、今回の2人の魔女探しはうまくいくのか?


主な登場キャラクター

西村 アクジ(CV:尾崎 未來)
本作の主人公で、ちょい悪気取りの中学3年生。究極の善人にするぞと天使界から脅されて、ナビ天使のクロと一緒に魔女探しをすることになる。天使界の都合で転校までさせられてしまうが、学力の問題から(?)転校先の学園では、中学2年生にされてしまう
悪魔 クロ(CV:壱智村 小真)
今回のアクジの魔女探しに付き添うことになったナビ天使(悪魔)。400年ほど前に天使界に捕まり、ムリヤリ改宗させられてしまい、一応、天使の階級を与えられているらしい。性格は、非常に腰が低く、いつもオドオドしている。天使ルルという先輩天使を崇拝しているようだが……
聖花 ころん(CV:こやま きみこ)
アクジがバイトしている喫茶店「パタータ」を経営するマスターの娘。激烈に料理がヘタだったり、天然のトラブルメーカーという致命的な欠点を持つが、明るく元気な性格なため、クラスの誰からも好かれている。ひょんなことからクロを目撃し、アクジの魔女探しに興味本位で協力することになる。将来の夢は「パティシエ」

理澄 ねおん(CV:野川 さくら)
独特なファッションに身をつつんだ人気アイドル。明るく礼儀正しい性格が人気を呼んでいるが、頭の回転が早い、口年増などイメージに似合わない噂を耳にすることもある。私生活については、まったく謎に包まれているようだ
羽織 くれは(CV:櫻井 浩美)
名家として名高い羽織グループ総裁の一人娘。学園内でも、生徒会長、新体操部のエースなど才色兼備ぶりを存分に発揮している。生徒、教師からの信頼も厚く、その人気の高さはファンクラブが存在するほど
渚 烈火(CV:小林 ゆう)
2年生。剣道部などに所属はしていないにも関わらず、常に3本の刀を帯刀している。性格は、無口で感情の乏しい印象を受ける。どこか人との接触を避けるようなところがあり、友達と呼べる生徒はいないのだが、なぜか夜遅くまで学園に残っているらしい

双葉 なみ・なぎ(CV:味里)
水泳部に所属する1年生。なみは非常に練習熱心な上、裏表のない明るい性格なため、交友関係は意外と広いなぜか彼女と話をしていると、顔を赤くする生徒が多いらしい。双子のなぎとは、ライバル関係。一方、なぎはなみよりも砕けた性格で、いい加減に見えることもあるがやはり練習熱心で、現在の大会記録保持者。なみとは常に1位、2位を独占している

ゲーム概要

 プレイヤーは主人公の「西村アクジ」となって、人間界に潜む魔女を探していく。ゲームは、「アドベンチャーパート」、「魔法バトルモード」、「魔女チェックモード」に分かれており、魔女容疑者の体から魔女の証拠となる「紋章」を見つけ出す。本作では、前作キャラやサブキャラまでも魔女チェックすることができる「どきどきチェッカー」を新搭載。さらに音声認識機能も搭載し、「声」と「タッチ」でコミュニケーションがおこなえるようになっている。また、一定条件を満たすことで「おまけモード」が出現。プレイヤーの行動によって、エンディングが変化することもあるとか。

謎解き満載の「アドベンチャーパート」

 学園内や商店街などいろいろな場所へ足を運び、魔女容疑者の情報や証拠となるアイテムを集めていくパート。キャラクターと会話したり、怪しいところを調べたり、さらにタッチペンを使って魔方陣を描いたりと、謎解きがメインとなる。

本格アクションが楽しめる「魔法バトルモード」

 「アドベンチャーパート」で証拠を集めて魔女容疑者を追いつめれば、容疑者とのバトルに突入する。魔女だと認めない容疑者のHPをゼロにすればプレイヤーの勝利となる。本作では練習バトルも新搭載。攻略要素も満載な本格的なアクションが楽しめるモードです。

バトルに勝利すると「魔女チェックモード」

 バトルに勝つと「魔女チェックモード」に移行する。ドキドキすると浮かび上がる「魔女の紋章」を見つけ出すことが目的で、触ったり、息を吹きかけたり、見つめたりとチェックは厳しく行いたい。本作では拡大コマンドやコンボ要素を新搭載している。女心を理解しながら、やさしく相手をドキドキさせろ。

新感覚コミュニケーション? 「どきどきチェッカー」

 「アドベンチャーパート」で特定条件を満たすと、「どきどきチェッカー」が発動する。前作キャラクターやサブキャラクターまでも魔女チェックすることが可能で、さらに音声認識機能の搭載により、キャラクターとの会話も実現した。

うさ丸が新登場する「おまけモード」

 「逆パンダ」に加え、「うさ丸」が新たに登場。あちこちに隠れている「逆パンダ」と「うさ丸」を見つけ出して本編をクリアすると、その数に応じて、さまざまな「おまけモード」が出現する。

「初回限定スペシャルBOX」同梱内容

  • 「ねんどろいど・ぷち」2体:「赤井まほ」と「聖花ころん」の新旧ヒロイン2体を同梱
  • 「スペシャルCD-ROM」:オリジナルのサウンドドラマやキャラクターの設定画、プロモーション映像などを収録
  • 「天使と悪魔のツインマスコット」:天使ルルと悪魔クロがセットになった携帯電話用アクセサリー
  • 「天桜守学園 生徒手帳」:本作の舞台となる天桜守学園の生徒手帳

「どきどき魔女神判2」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルタッチアドベンチャー
発売予定日2008年7月31日
価格(税込)5040円(通常版)、9240円(初回限定スペシャルBOX)
(C)SNK PLAYMORE


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声