ニュース
» 2008年04月07日 19時55分 公開

プロ野球界もルネッサ〜ンス――「プロ野球チームをつくろう!」収録現場潜入

ワイングラスをニンテンドーDSに持ち替えて、セガ「野球つく」のルネッサンスを宣言した髭男爵のCF撮影現場へお邪魔した。

[加藤亘,ITmedia]
左が召使いのひぐち君、右が貴族の山田ルイ53世。自称フランス出身の貴族様の趣味はオペラ観賞とキツネ狩りとのこと

 セガは、5月22日に発売を予定しているニンテンドーDS用ソフト「プロ野球チームをつくろう!」(以後、野球つく)のCFキャラクターに、ワイングラスを片手に貴族と召使がコンツェルト(コント)を繰り広げるお笑い芸人「髭男爵」を起用した。

 実在の12球団中から任意に1球団を選択し、そのチームのゼネラルマネージャー(以後、GM)に就任する「野球つく」は、プロ野球チームの球団経営をベースとしたスポーツ育成シミュレーションゲーム。球団の経営や人事、育成、試合采配など、あらゆるシーンで指揮を執る。ゲーム中には12球団所属選手とOB選手が実名で登場するのも魅力のひとつだ。

 今回のCFでは、新たにGMに就任した髭男爵がワイングラスをニンテンドーDSに持ち替えて、声高らかに「プロ野球、ルネッサ〜ンス!」と訴えるという内容。最新作がどう野球ルネッサンスされたのかはプレイヤーの目で確かめてもらうとして、収録にお邪魔して髭男爵の2人にお話を聞いてきた。

プレイ中、特定の条件を満たすとクエスト的なイベントとして野球ファンの心をくすぐる「サブシナリオ」が発生する。これをクリアすると選手の能力アップや新選手加入といった特典も

収録は順調で和気あいあいと進んだようだ。インタビューで政治に関して聞かれると、「福田君もね、ごにょごにょ言い過ぎです。小沢君は好きな政治家ではあるんだが、よく分からないことをしないで、分かりやすい動きを……」とごにょごにょ。相方に「そっちで分かりにくい」とつっこまれていた

―― 今回、起用され収録に臨んだ感想は? また2人がGMならどんなチームにしますか?

山田ルイ53世 貴族の間でも「野球つく」は、キツネ狩りについで楽しんでいるので、以前から知ってはいたのだが、最初その話を聞いた時はポリープの手術のために入院していた時で、思わず「ルネッサ〜ンス!」と入院中にも関わらず叫んでしまいました。とはいえ、セガはなんて無茶をするんだとも思いましたね。「我々でいいんですか?」というのはあった。まぁ、こういう上流階級のGMがいてもいいんじゃないですか。

ひぐち君 ボクは野球が好きということもあり、「野球つく」は夢中でやっていました。

山田ルイ53世 (CFで2人が率いることになったメンバーを差して)これが我が輩の率いる「おーどりへっぷばーんず」の選手たちだが、なぜ助っ人外国人がガリガリなのかと……。パワーを求められてというわけではないのは確かですけどね。どうやら、彼は我が輩と同じフランスの出身らしいのですが、ずっとガムかんでますけどね。ひぐち君はどうだい?

ひぐち君 ボクなんかは莫大な資金でスモールベースボールがしたいですね。

山田ルイ53世 庶民の方はなかなかGMになんてなれないので、これでセレブ気分を味わっていただきたいですね。

―― 好きな球団は?


「次の目標は?」という質問に、「ベルサイユ宮殿で単独ライヴ」と答える髭男爵の2人は、ワイングラスを持ってネタも見せてくれた

山田ルイ53世 上流階級の貴族は大体「阪神」を応援しますね。特に岡田、掛布、バース時代をなつかしみます。社交界ではえらく盛り上がったものです。

ひぐち君 福岡出身ということもあり、やはり「福岡ソフトバンクホークス」を応援しています。斉藤和巳選手が好きなんです。全般的に苦労人が好きですね。

山田ルイ53世 先ほど手術したと話しましたが、1週間くらい声を出しちゃ駄目だと言われて入院してたんです。庶民のことも知っておきたいと4人部屋だったのですが、そこで高年齢でも携帯ゲーム機で遊んでいる人が多いことと知りました。ゲームって、人間追い込まれた時の支えになるんです。そういう意味でもゲームは必要だと思いましたね。


 なお、先日プロモーションキャラクターに起用された野茂英雄選手は、CF中にも額縁に飾られた油絵として登場する。

「プロ野球チームをつくろう!」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルスポーツ育成シミュレーション
発売予定日2008年5月22日
価格(税込)5040円
プレイ人数1〜2人
(C) SEGA (社)日本野球機構承認 (社)全国野球振興会公認
NPB BIS プロ野球公式記録使用

関連キーワード

野球つく | ニンテンドーDS | セガ | 経営 | セレブ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」