ニュース
» 2008年04月14日 14時51分 公開

日々是遊戯:不正な手段で実績を解除すると……? マイクロソフトが行った、ちょっと変わった不正対処

Xbox 360ユーザーならご存知の“実績”システム。これを、チートや改造といった不正な手段で解除しようとすると、マイクロソフトから「キツいお仕置き」がなされるとのことだが……?

[池谷勇人,ITmedia]

“ごまかし行為者”の生き恥に耐えられるか

右上の「3815」と表示されているのがゲーマースコア。Xbox 360ユーザーにとっては重要なステータスのひとつ。状態が「アイドルマスター」なのは推してはかるべし

 少し前の話題になるが、マイクロソフトが先日「Xbox.com」にて発表した「ゲーマースコアの修正に関して」というアナウンスが、一部のXbox 360ユーザーの間で注目を集めていた。

 この見出しだけだとよく分からないが、要するに「不正な手段で実績を解除すると、ペナルティを課しますよ」ということらしい。一応、知らない人のために補足しておくと、Xbox 360用ソフトにはやり込み度合いをスコアで表示する“実績”というシステムがあって、タイトルごとに決められた「シングルモードをクリアする」、「オンラインで5連勝する」といった条件を達成するとその“実績”が解除され、内容に応じたポイント(ゲーマースコア)が入る仕組みになっている。獲得したゲーマースコアは他のフレンドにも公開されるため、自分がどれだけゲームが上手かをアピールできる、一種のステータスになるというわけだ。それだけに、中にはチートや改造など不正な手段で実績を解除しようとした人たちもいて、今回ペナルティの対象となったのはそういう人たちである。

 面白かったのは、そのペナルティの内容。こちらも要約すると、主な処罰内容は「これまで獲得したゲーマースコアが0にリセットされる」、「ステータスに“ごまかし行為者”と表示されるようになる」の2点。あまり“実績”システムに馴染みのない人からすると、「……え、それだけ?」と思えるかもしれないが、普段から“実績”解除に情熱を傾けている身からすれば、これはなかなか絶妙にしてハードなお仕置だ。

 確かにスコアがリセットされても、今までどおりゲームはプレイできるし、アカウントやセーブデータが抹消されるわけでもない。しかし、そもそも不正行為を働いてまでスコアを稼ごうとした人にとって、肝心のスコアがリセットされ、しかも不名誉な称号まで付与されてしまう――というのはかなりの痛手になるはず。少なくとも自分なら、“ごまかし行為者”の札をぶら下げたまま、堂々とオンラインでプレイする勇気はない。せっかく何時間、何十時間と費やして解除した実績が「なかったこと」にされてしまうショックに至っては言うに及ばずだ。

 まだまだ始まったばかりの試みとあって、“誤審”はないのか、実際に不正抑止につながるのかなど、現時点で単純には評価を下せない部分もあるが、不正対処のひとつの方法として、面白い試みであるのは確かだろう。ちなみに筆者のフレンドには、今のところ“ごまかし行為者”は1人もおらず、ひとまずホッと胸をなでおろしたのでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン