ニュース
» 2008年04月22日 14時23分 公開

アニキの魂が注入された「スーパーロボット大戦感謝祭2008」は真っ赤に燃えた(2/2 ページ)

[加藤亘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 トークショウ第3部では、うますぎWAVEメンバーの遠藤正明さん、相沢舞さん、斉藤梨絵さんも加わり、「うますぎメンバーがゆく! スパロボZの制作現場を探れ!」のコーナーへ。実際にスパロボ開発現場に潜入し、先ほど公開された戦闘シーンがどのように作られているのかや、声の収録体験など、ゆるく報告する。ちなみに、「うますぎWAVE」とはアニメ「スーパーロボット大戦OG」ファンへ向けたネットラジオ番組。上記の3人に杉田さんを加えた4人でスパロボづくしの話題で盛り上がっている。

「うますぎWAVE」の収録の様子も映像で公開された

 リポートでは遠藤さんと相沢さんの2人が、スパロボ発祥の地ともいえる浅草に赴き、花やしきで寺田氏を探しながらテスラ・ライヒ研究所を紹介したり、秘密基地のようなバンダイナムコゲームスの社屋への潜入の様子などを報告する。例の3倍手間がかかる戦闘シーンは、それぞれいくつかのパーツに分解したものを、最初のポーズから終わりのポーズに至るまでを、少しずつ動かしていく様子が披露された。このコーナーで秀逸だったのが、声の収録現場にお邪魔した相沢さんが、そこに待機していた音響監督(?)の“姫川光”(性別不詳)から指導を受けるというコントのような映像で、会場は常に笑いに包まれていた。この姫川音響監督によると、「スパロボの収録現場にはスパロボの妖精を感じることができる」とのこと。


右が音響監督の姫川さん。寺島さんも妖精の存在を感じると、話はあらぬ報告に。どうやらスパロボの妖精は本当にいるようです。はだしで収録に臨むと、より妖精を感じられるそうだ

DS版「無限のフロンティア スーパーロボット大戦 OG サーガ」

DS版「無限のフロンティア スーパーロボット大戦 OG サーガ」のPVも公開

「無限のフロンティア スーパーロボット大戦 OG サーガ」
対応機種:ニンテンドーDS
ジャンル:RPG
発売予定日:2008年5月29日
価格(税込):6090円

 「スーパーロボット大戦OG」とキャラクターや世界観の設定がリンクしており、多種多様な複数の世界が組み合わさった異世界「エンドレス・フロンティア」を舞台に、人間・アンドロイド・獣人・人魚・悪魔・ロボットなどのさまざまな種族が登場する異色SFファンタジーRPG。戦闘は簡単な操作で、ド派手なコンボ攻撃も可能なアクション性の高い戦闘システムを採用している。戦闘中のキャラクターボイスも満載で、カットインや援護攻撃などのスパロボ然としたシステムも搭載されている。

DS「無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ」
(C)2008 MONOLITHSOFT
(C)BANPRESTO
(C)2008 NBGI

後半戦は「スーパー! プレミアムライブ」で熱く燃えろ

 ようやくイベントも折り返すと、「スーパー! プレミアムライブ」に突入する。まず水木一郎アニキによる「Zのテーマ」、「空飛ぶマジンガーZ」、「おれはグレートマジンガー」と立て続けに熱唱。ライブは、新規参戦作品が中心ということで、アニキの次はサプライズゲストに「創聖のアクエリオン」と「Go Tight!」を歌ったAKINO【bless4】と、「超時空世紀オーガス」の主題歌を歌うケーシー・ランキンさんが登場。「漂流〜スカイハリケーン〜」と「心はジプシー」を歌った。もちろん、JAM Projectも後半を盛り上げるために参戦。「嘆きのロザリオ」や「紅ノ牙」のほかに、感謝祭ではお約束となったスーパーロボット大戦新シリーズ新曲を少しだけだが紹介した。

 ライブには声優の神谷明氏も登場。お約束の水木一郎さんとのよもやま話に華を咲かせる。水木さんといえば、今年でデビュー40周年を迎えるということで、ライブ終盤には花束の贈呈も。水木一郎さんがJAM Projectに合流し、「鋼の救世主」を歌い、最後はみんなで水木一郎さんの「マジンガーZ」を熱唱し幕となった。


“アニキ”水木一郎さんによる「Zのテーマ」、「空飛ぶマジンガーZ」、「おれはグレートマジンガー」
AKINO【bless4】による「創聖のアクエリオン」と「Go Tight!」

ケーシー・ランキンさんによる「漂流〜スカイハリケーン〜」と「心はジプシー」
福山芳樹さんによる「キングゲイナー・オーバー」

JAM Projectによる「嘆きのロザリオ」と「紅ノ牙」。そしてスーパーロボット大戦新シリーズ新曲と続く。また、「Rocks」で盛り上がる
水木一郎&JAM Projectによる「鋼の救世主」も

神谷明氏も多忙の中、駆けつけた
最後はみんなで水木一郎さんの「マジンガーZ」で締めくくった
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2311/29/news051.jpg 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
  2. /nl/articles/2311/29/news033.jpg 秋田犬が娘の宿題を見守ると……「驚くほど美脚すぎる!」と900万再生 「立ち方凄い」「人にしか見えない」
  3. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. /nl/articles/2311/28/news159.jpg サントリーのウイスキー値上げ額詳細が公開されSNSでも嘆きの声 「もう買えない……」「今ですら厳しいのに」
  5. /nl/articles/2311/29/news146.jpg “ベスト級に美しい芸能人”、出会った上沼恵美子が大絶賛 あまりの完璧超人ぶりにほれぼれ「人間として魅力を備えてて」「頭がいい育ちがいい」
  6. /nl/articles/2311/29/news022.jpg 留守番中の子猫を見守りカメラで確認したら…… 何度も「ママぁー!!!」と泣く姿に「切ない」「一目散に帰らなければ」
  7. /nl/articles/2311/29/news116.jpg 32歳になった河北麻友子、“家族そろった記念ショット”を出産後初公開 幼子抱えて大笑いの夫婦に「最高だねえって言いたくなる」
  8. /nl/articles/2311/28/news170.jpg DAIGO、コンビニで“大物スター”とまさかの遭遇 2日連続の出会いに「すごい奇跡」「これは運命」
  9. /nl/articles/2311/29/news043.jpg マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  10. /nl/articles/2311/29/news028.jpg 寂しくて「えーんえーん」と泣くワンコ、後ろにいる飼い主に気付くと…… 激変する表情のギャップがたまらない
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 病名不明で入院の渡邊渚、3カ月ぶりSNS更新で「表情に違和感」「そこまで酷い状況とは」 ベッド上で「人生をやり直すこともできません」
  2. 動かないイモムシを助けて1年後のある日、窓の外がありえない光景に 感動サプライズが「アゲハ蝶の恩返し」と話題
  3. 「スカートはないわ」「常識無視の番組でびっくり」 山下リオ、登山中の服装批判巡って反論「私が叩かれているようですが」
  4. 「千鳥」大悟、大物美人俳優にバッグハグされた表情に注目集まる 「マジ照れのお顔ですね」「でれでれやん」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 神田愛花アナ、拡散された女子中学生時代ショットにスタジオ騒然「ヤバい」→“アネゴ感”でSNSもざわつく
  7. 「生きててよかった」 熊谷真実、美麗な初“袋とじ”グラビアで63歳の色気全開 真っ赤なドレス着こなす姿に「すごいプロポーション」
  8. 尻尾がちぎれた小さな子猫をサーキット場で保護→1年後“ムキムキ最強生物”に 驚異の成長ビフォーアフターに注目集まる
  9. 双子モデル・吉川ちえ、美容整形後のひたいが“コブダイ”状態へ 多額の費用要した修正手術で後悔も「傷がこんなに残りました…」
  10. 「犬ぐらい大きくなれよ」と願い育てた保護子猫が「まさか本当に犬ぐらいになるとは」 驚異の成長ビフォーアフターが192万表示!