ゼニマックス・アジア設立――Bethesda Softworksのゲームなどを提供(1/3 ページ)

「The Elder Scrolls IV: オブリビオン」などを手がけるBethesda Softworksの親会社・ZeniMax Mediaの日本法人として、ゼニマックス・アジアが設立され、その発表会が開催された。「Fallout 3」など5タイトルを日本でパブリッシュする。

» 2008年04月24日 19時58分 公開
[今藤弘一,ITmedia]

 今回設立されたゼニマックス・アジアは、米国のZeniMax Mediaの日本法人。日本国内およびアジア地域でのゲームソフト開発・パブリッシング事業を担当する。社名からはどのようなゲームが登場するのかイメージが付かない人も多いかと思うが、ZeniMax Mediaは、PC向けやプレイステーション 3/Xbox 360で発売されている「The Elder Scrolls IV: オブリビオン」(以下、オブリビオン)を手がけるBethesda Softworksの親会社となる。なおゼニマックス・アジアのゼネラルマネージャーには、同タイトルの日本語版を手がけた高橋徹氏が就任した。発表会には高橋氏のほか、プロデューサーの岩本けい氏が登場した。

画像 ゼニマックス・アジア ゼネラルマネージャー 高橋徹氏(左)、同社プロデューサー 岩本けい氏(右)

 同社は、アジア全地域を担当することになるが、日本法人設立のきっかけとなったのはやはり「オブリビオン」だったそうで、日本でのメディアから好評かを受けたほか、14万本の販売実績を記録したとのこと。「この成功を受けて日本でも法人を作ろうという動きが出て、今回の設立となった。なお、当面は日本国内のパブリッシング事業に注力するが、ゆくゆくは他社タイトルのパブリッシュ事業も手がけたい」と高橋氏。中長期的には、国内での開発も視野に入れていくという。年間のリリースタイトルは10本程度を予定している。

 「何でもかんでも海外のゲームをリリースすると言うことではなく、そのタイトルを喜んでくれるお客さんが日本にいるものだけを選んで発売する」と高橋氏は語る。同社から発売されるタイトルについては後述するが、「『スター・トレック』関連のゲームなどはマスに訴える商品ではないが、『スター・トレック』ファンなど、一部の人は泣いて喜ぶような商品となっている。たくさん売れる物ではないかもしれないが、望んでいる人がいるタイトルについては積極的にやっていく」(高橋氏)とのことだ。

画像画像

 今後同社から発売されるタイトルは以下の通りだ。

「オブリビオン」のスタッフが手がける最新作――「Fallout 3」

 プレイステーション 3およびXbox 360で発売される「Fallout 3」は、「オブリビオン」のスタッフが手がける最新作。ナンバリングがされているようにシリーズタイトルなのだが、1作目は米国のInterplayから1997年に発売されており、2作目は1998年に登場している。2007年になってBetehsda Softworksが同作の版権を取得し、3作目を手がけたというわけだ。

 今回は2277年、核戦争後の荒廃した世界が舞台。プレイヤーは核シェルター「Vault110」で生まれたキャラクターを操作するのだが、突然になくなった父親を探しに行くことから物語は始まる。ただし「オブリビオン」のチームが制作を担当しているだけ合って、プレイやノー選択肢によって解決方法や結果は千差万別。どのエンディングがグッドなのかバッドなのか、1度プレイしただけでは全容を見ることができないという。

 なお、「オブリビオン」で採用されている「Radiant A.I.」によりNPCが行動するので、「オブリビオン」同様に、プレイヤーキャラクターがNPCとすれ違うと声をかけたり、表情を変えたりする。また父親キャラクターについては、キャラメイキングで設定した自分の顔に似せて、キャラクターがそれぞれ変化する。

画像画像

画像画像 プレイヤーの視点はファーストパーソンビューからサードパーソンビューへ自在に変更することが可能

 「本作は一見アクションゲームのように見えるが、完全なるRPG。クエストをクリアしていくことで経験値をもらい、自分のキャラクターを育てることができる」と岩本氏。高橋氏によるとボリュームは「オブリビオン」並とのことだが、オープンワールドシステムのノウハウが惜しげもなく投入されている本作は、いずれにしても「オブリビオン」同様に、かなり自由度の高いゲームになるだろう。

 なお本作は、米国ではPC版も発表されているが、「日本語ローカライズは未定」(高橋氏)。プラグインなどの拡張要素は詳細は未定だが「用意中」(高橋氏)とのことだ。


Fallout 3
対応機種 プレイステーション 3/Xbox 360
発売日 2008年発売予定
価格 未定
ジャンル RPG
プレイ人数 1名
CERO 審査予定
開発スタジオ Betehsda Games
発売 ベセスダ・ソフトワークス
Fallout 3 (C) 2008 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda Softworks, Bethesda Game Studios, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Fallout and related logos are trademarks or registered trademarks of Bethesda Softworks LLC in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評