ニュース
» 2008年04月30日 18時19分 公開

さらに精巧に直感的に生まれ変わった――「Logicool Driving Force GT」記者説明会および体験会開催

ロジクールは4月30日、「グランツーリスモ」オフィシャルステアリングコントローラに関する記者説明会と、抽選で選ばれた一般参加者を対象にした体験会を、アムラックス東京で開催した。

[加藤亘,ITmedia]

 ロジクールは、「グランツーリスモ」シリーズの開発元であるポリフォニー・デジタルと協力して開発した「Logicool Driving Force GT」の説明会と体験会を、東京・池袋にあるトヨタ オートサロン アムラックス東京において開催した。

 「グランツーリスモ」オフィシャルステアリングコントローラとして、6月12日に全国のプレイステーション 3取扱店およびロジクールストアにおいて発売される「Logicool Driving Force GT」(価格は税込み1万7800円)は、強力なフォースフィードバック機能に加え、ブレーキバイアス、トラクションコントロールのすばやい制御を可能にする画期的なリアルタイムアジャストメントダイヤルを装備しているのが特徴。より快適にきわめて精巧でリアルな操作感覚を実現している。



ケン・オーバーマン氏

 説明会ではまず、ロジクール代表取締役社長のケン・オーバーマン氏が登壇し、「ロジクールでは毎年新しい商品をいくつも世に送り出しているが、『Logicool Driving Force GT』は大変重要視しているものであり、大きな意味がある」と挨拶。続いて自身もレーシングファンとして熱意を持って開発に当たったと説明するLogitech ゲーミング ビジネスユニット プロダクトマーケティング ディレクターのルーベン・ムカジー氏が、本製品の概要について紹介した。

 ロジクールは過去、2001年に発売されたプレイステーション 2用ソフト「グランツーリスモ3」で「GT Force」を、2003年の「グランツーリスモ4プロローグ」と2004年の「グランツーリスモ4」対応として「GT Force Pro」を発売している。

ルーベン・ムカジー氏

 前述したとおり、「Logicool Driving Force GT」ではフォースフィードバックステアリングで初めて、ロジクールとポリフォニー・デジタルが共同で開発した独自のリアルアジャストメントダイヤルを搭載している。このダイヤルを用いることで、ブレーキバイアスやトラクションコントロールを調整し、車体のバランスのチューニングを行うことができるようになっている。プレイヤーはより車の性能を引き出すことができ、路面の状況を身をもって感じることができるようになったわけだ。

 リアルを追求したレーシングシミュレーションゲームを家庭に持ち込みたいというビジョンの元、約2年をかけての開発期間を要したリアルアジャストメントダイヤルでは、細かくラップタイムを刻むためのパラメーター調整を行うことができる。「グランツーリスモ4プロローグ」では、「トラクション・コントロール」(TCS)、「4WDトルク配分」、「アクティブ・スタビリティ・マネジメント」(ASM)、「アンチロックブレーキング」(ABS)、「ブレーキバランス フロント」(BRK.F)、「ブレーキバランス リア」(BRK.R)の調整が可能だ。

「TCS」

 「TCS」は、エンジンの出力を制御することによって、タイヤの空転(スピン)をしないようにするためのもので、実際にスタート時などに重宝する。大出力のクルマの場合、往々にしてタイヤから煙が出るほどスピンして前に進まないことがある。そこでTCSをオンにしメモリを上げていくことで、タイヤが空転することなくスタートしてくれるようになる。スタートしたら、TCSのメモリを落としていくと、エンジン出力を落とすことなくレース運びをすることが可能というわけだ。

「ASM」

 「ASM」は、クルマを安定させる制御のこと。例えば「グランツーリスモ4プロローグ」を遊んでみて難しいなと感じるプレイヤーがASMをオンにすると、走りやすくなるという便利な機能となっている。当然、オフにするとクルマを自分の思うようにコントロールしている感が得られる。

「ABS」

 「ABS」をいじると、ブレーキが効き過ぎタイヤがロックされ制動距離が伸びてしまうのを防ぐことが可能だ。ABSを操作することによって、ブレーキをある程度クルマ側で制御し、ロックしないように走らせることができる。例えばオフにするとアンダーぎみにコーナーにふくらむところを、オンにして運転しやすくするといった具合だ。

「BRK.F」と「BRK.R」

 「BRK.F」と「BRK.R」を調整することによって、クルマの動きを制御できる。例えばブレーキングでアンダーステアの傾向がある場合、フロントよりもリアを効かせる、もしくはフロントを弱くすることが曲がりやすくする。


ステージではデモンストレーションも実施。実際にリアルアジャストメントダイヤルの機能をひとつひとつ試し、走行にどれだけの影響があるのかを解説する

 リアルアジャストメントダイヤルと並んで新しい機能として、フォースフィードバックステアリングでは、アンダーステア、オーバーステア、そしてトラクションロスを驚異的な精度で再現している。特に注力したのが、ステアリングホイールに生の感触を戻すことだったとムカジー氏は説明する。実際クルマが制限ギリギリで走る時、路面やギアの感触を生の体感することが、レースをするにあたり非常に重要な情報となるからだ。

 本製品では、高性能のスポーツカーでは標準的なサイズということで、リムにラバー加工を施した11インチ(27.5センチ)のステアリングを採用されている。使いやすさと耐久性は当然として、新機能を追加することで「グランツーリスモ」の新基準を提案したというわけだ。


本作プロデューサーのポリフォニー・デジタル山内一典氏は映像で出演。ゲームだけでなく、究極のステアリングコントローラを作りたいと思っていたという山内氏は、本製品をこの十年で得たひとつの到達点と評した
変更した設定などは常にリアルタイムに反映され、ドライバーに違和感なく反応が返ってくる。質疑応答に応えるルーベン・ムカジー氏は、本製品に絶大な自信があることを印象づけた
体験会では短い時間ではあったが、発売前に本製品でレースをすることができた。リアルアジャストメントダイヤルを試すも、なによりもダイレクトに反応してクルマの挙動が手に取るように変化するのが分かるのが気持ちがいい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」