ニュース
» 2008年04月30日 20時55分 公開

赤い海からサイレンが響き、消えた村が蘇る――「SIREN:New Translation」(1/2 ページ)

SCEは、PS3用ホラーアドベンチャー「SIREN」シリーズ最新作を7月24日に発売する。サイレンが鳴り、怪異が襲う……。

[ITmedia]

消えた村が再びうごめく

 2007年8月3日――。日本の山間部奥深くを取材に訪れていた米国のテレビクルー4名が消息を絶った。安否は不明。彼らが消息を絶つ直前、1976年に土砂災害で失われたはずの「羽生蛇村」(はにゅうだむら)と呼ばれていたその地で、今はもう失われたはずの「人を贄とする儀式」に遭遇していた……。

1976年、赤い海からサイレンが鳴り響く時、ひとつの村が消えた――

――そして2007年、再びサイレンが響き、消えた村が蘇る


 7月24日、プレイステーション 3で再び赤い海からサイレンが鳴り響く。ソニー・コンピュータエンタテインメントは、日本の風土に根深く残る独自の“恐怖”を描いたホラーアクションアドベンチャー「SIREN」シリーズの最新作「SIREN:New Translation」を発売する。

 赤い海から響くサイレンの音によって、日常は混沌とした虚実入り交じった怪異の異世界に飲み込まれ、日常は非日常へと姿を変える。「SIREN:New Translation」では、日本発、異文化にとっての「日本の恐怖」が描かれるまったく新しいアプローチで再構築された、いわば新訳「SIREN」といった内容となる。

 「SIREN」シリーズは、“恐怖”が人間の本能に訴えるもっとも原始的な感情であり、それは誰もがもっている人間の基本感情であり、それゆえに誰も逃れることはできないという考えのもと、日本人でしか描けない“恐怖”を模索し、そしてもっとも“おそろしい”と感じる表現を目指した作品群だ。

 シリーズ第1作「SIREN」は2003年11月に、その続編「SIREN2」が2006年に発売された。この「SIREN2」をベースに映画「サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜」が製作されるなど、ゲームにとどまらず、映画・漫画へとその世界を拡大している。

 最新作「SIREN:New Translation」では再び、第1作「SIREN」の惨劇の場となった羽生蛇村が舞台となる。日本人なら誰もが馴染みのあるどこにでもあるような日本の村と、どこかに居そうな登場人物達……。しかし、そこで起きる戦慄の事件や、村を支配する恐怖のルールが少しずつ、だが確実に侵食され変貌を遂げた日常とともに混ざり合う……。本作では、そんな“日本の恐怖”を、異文化からの視線を通して表現する。続編でもなく、リメイクでもなく、まったく新しいストーリーテリングと演出、そして次世代の映像表現を駆使し、ハリウッド的欧米人の視点を通すことによって描かれる“日本的恐怖”が再構築される。


恐怖を超える恐怖への進化を果たすために、本作では「空間表現」に注力している。もっとも重要な恐怖の舞台装置を、空間そのものと定義し、臨場感ある「闇」を創造する。人は「闇」の中に焦燥感や不安感を投影し、自らの「心の闇」までも呼び起こす……

プレイステーション 3の表現力を引き出すことで、精細な影を絡めた光と闇の表現を生み出した。山から降る霧や霞、揺れる視界、風に合わせてうごめく木々、ほの暗く揺れる水面といった、環境表現の進化をかいま見られるはず。いんうつに湿った日本土着の世界観の、本能的な恐怖を掻き立てる舞台が誕生した

シリーズ通して登場する異界の住人「屍人」は、本作でも登場。人でなくなった彼らがまるで人間のように共同生活を営む有り様は、それだけで本能的な恐怖と嫌悪を呼び起こすはず

本作では、その風貌や行動にさらなる怪奇的表現が施され、死から解放された屍人にしか持ち得ない凍りついた生命感が表現される。また、これまで登場しなかった型の屍人も登場するとのこと

「SIREN」シリーズの根幹をなす「視界ジャック」が進化した。「誰かに見られている」という焦燥と不安をかき立てる装置として働いた視界ジャックは、本作でより直感的で、より臨場感に溢れたシステムへと大幅な進化を遂げたとのこと


アクションもより多彩になった。「視界ジャック」は屍人の視線をジャックし、攻撃や逃げるタイミングをはかるのに利用した。最新作ではどのようなアクションが可能なのだろうか?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」