連載
» 2008年05月21日 00時00分 公開

Wii初のギャルゲーは戦隊モノ!? カワイイ女の子たちがコスってキレイにしちゃいます今日は何の日? 萌え曜日! 「お掃除戦隊くりーんきーぱー」ミニレビュー

萌え萌えな少女たちがお掃除戦士となって悪の軍団をお掃除するという、画期的(?)な内容のゲームが発売。果たして本作はWiiへの萌えゲー進出の先駆けとなるか?

[雛見沢秀一,ITmedia]

お掃除戦隊、出動せよ!

 アイディアファクトリーから4月に発売されたWii用ソフト「お掃除戦隊くりーんきーぱー」。本作は、Wii初の恋愛アドベンチャーゲームであり、お掃除をテーマにした戦隊モノに萌えをミックスするという斬新なネタで、萌えゲーマーの間ではひそかに注目された作品だ。

 物語は、美化委員長であり主人公の源九朗がお掃除精霊・まりーとともに、お掃除精霊のパートナーとなる生徒を見つけながら、悪の組織・ゴワルスキーと戦い、学校の美観を守るという内容。本作では、物語が楽しめるアドベンチャーパートと、敵との対決を行うバトルパートに分かれており、バトルパートでは、Wiiリモコンを使って、敵がばらまくバイ菌を“お掃除”するミニゲームが楽しめる。

画像 バトルパートで勝利すると、萌えな“ご褒美CG”がもらえる。物語とはまったく関係ない萌えシチュエーションの数々を堪能すべし
画像 ミニゲームでは、時間が経過することでバイ菌がヒロインにどんどんまとわりついていく。バイ菌にまとわりつかれるヒロインたちは苦悶の表情を見せる。……このときほどバイ菌になりたいと思ったことはないです

 ネタ要素の高いゲームだが、キャラクター1人1人がとても魅力的。特に、お掃除戦士となる秋葉瑠璃と倉木ふみえは筆者イチオシ! 本作は4〜5時間ほどでクリアできる内容なのだが、キャラクターに魅力を感じる分、個別のシナリオをもっと充実させてほしかった。また、バトルパートでの難易度がほとんど一定で物足りなさを感じたり、立ち絵とイベントCGの絵の違いに違和感を感じてしまう部分も気になるところ。

 しかし、Wiiリモコンを使った新感覚の萌えゲーであったり“お掃除+萌え+戦隊モノ”という新たな萌えシチュエーションに試みたりと、萌えゲー的にはチャレンジ精神旺盛な意欲作。Wiiでギャルゲーが遊びたいという人や、魔法少女モノや萌え系の戦隊モノに弱い人は、手にとって遊んでみてはいかがだろうか?

 最後に、筆者が萌えたヒロインについてと、本作の萌えポイントを紹介しよう。

秋葉瑠璃 (CV:中原麻衣)

画像

 無口で物静かな後輩。しかし、カワイイものには目がなく、パートナーである精霊のらぴすに対しては「らぴらぴ〜!!」と、デレデレな態度に急変する。そのギャップに萌えます。また、お掃除戦士の中では一番グラマー。唯一立ち絵で制服の胸元から谷間が見えるという、まったくけしからんボディの持ち主である。余談だが、秋葉の画像を見てまず皆さんはどこを見るだろうか。胸? 太もも? いやいや、ぽんぽん(お腹)に目がいった読者は筆者と同じ属性の持ち主。

倉木ふみえ (CV:高橋美佳子)

画像

 人見知りが激しくつかみ所のない口数の少なめな後輩。秋葉といいふみえといい、この時点で筆者の性的指向がバレてしまうが、まぁそれは置いといて。机の下や誰もいない屋上など、狭かったり静かな場所が好きな彼女。おいおい、そんな人気のない場所で、一体何をしようってんだい仔猫ちゃん? なんて言葉が浮かんだ自分に対して、気持ち悪さを通り越して殺意を覚えます。でも、あぁ、ふみえと一緒に2人だけの火災訓練できないかなぁ

◆このゲームのココが萌えポイント!

  • お掃除戦士とお掃除精霊のコンビっぷり
  • ヒロインたちが魔法少女モノのようにお掃除戦士へと変身するシーン
  • バトルで勝つと貰える“ご褒美CG”
  • どこか憎めない(むしろ萌える)敵の女王と下っ端1号2号
  • 田村ゆかりさんや中原麻衣さんなど、実力派な声優陣が声を担当

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響