レビュー
» 2008年05月23日 13時43分 公開

ニッポンをとことん遊べる、地図とゲームの不思議なブレンド「ニッポンのあそこで」レビュー(1/2 ページ)

「ニッポンのあそこで」って何だ? それは世にも不思議な地図エンタテインメント。地図+ゲームな本作には、あれやこれやと遊び心と便利性を追求した要素が盛り込まれている。プレイヤー次第で長く付き合えるであろうエデュテイメントタイトルだ(※記事の後半には本作を活用したプチ旅行記もあります)。

[仗桐安,ITmedia]

ニッポンのあそこってどこ? 

3D地図を巡りながら、ニッポンを楽しみ尽くそう

 「ニッポンのあそこで」というタイトルを見て、「あそこってどこ〜!」と心の中でツッコミを入れた人は多いんではないだろうか。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントの「ニッポンのあそこで」は、3Dの日本地図を自由に駆け回る“地図・エンタテインメントソフト”。本作での“あそこ”がどこなのかは、人それぞれに違うはずだ。なんせ、本作にはまるごとニッポンが収録されており、地図としても使える大変便利なソフトだから。

 昨今エデュテイメントというジャンルが注目されている。エデュケイション(教育)とエンタテインメント(娯楽)を混ぜた造語で、楽しみながら知識・教養を身につけることができるジャンルを指す言葉だ。ニンテンドーDSやPSPなどの携帯型ハード市場では、特にエディテイメントソフトが多くリリースされている。どこにでも持ち運びできるハードの特性との相性もいいのだろう。普段ゲームをやらない人たちも巻き込んで、エデュテイメントなソフトは広く親しまれている現状がある。

 本作もジャンル的にはエデュテイメントのひとつだと言っていいだろう。国土地理院発行の2万5000分の1地図に完全準拠し、60万件以上の最新施設データを収録している。収録された日本地図にふれながら、日本各地の名所や特産物を覚えられるので、各県の地理や文化についての知識を身につけることができる。

 しかし、本作はただの日本地図ソフトにあらず。さまざまな機能を搭載し、エンタテインメントの部分もしっかりと作られた、筋金入りのエデュテイメントソフトだ。また、日本全土を3Dマップで表現しているので、全国どこでもぐりぐりと拡大、縮小、回転ができる。ニッポンを遊び倒せる、非常にユニークなタイトルなのだ。

ナビッチュのために、そして正しい日本のために、ギョをチュれ!

 本作には大きく分けて「調査モード」と「遊覧モード」がある。

 調査モードでは、ナビッチュという奇妙なキャラクターとともにニッポンを調査することになる。ナビッチュは、チキュウからはるか遠くにあるチュ星からやってきた宇宙ネズミ。巨大宇宙旅行代理店「コズミック・チューリスト」の一員として、「観光惑星開拓プロジェクト」のためにチキュウにやってきた、という設定だ。世界各地にナビッチュが訪れる中、ニッポン担当のナビッチュが現われ、プレイヤーにあれやこれやとお願いをしてくる。ナビッチュが乗ってきたUFOを操り、数々のミッションをこなしていこう。

かわいいナビッチュほか本作のキャラデザインは、「Pinky」やNEC「バザールでござーる」のバザール・デ・ゴザール、「ニャッキ!」などを世に出した伊藤有壱氏が担当している

 調査モードの日本地図は、最初は不完全な状態だ。というのも、各地の名所や特産物などを“ギョ”と呼ばれる魚型の調査用生物が飲み込んでしまっているからだ。ギョを捕まえて名所などを吐き出させることで、少しずつ本来の日本地図に近づいていく。ギョは各地にたくさん生息しているので、地図を完成させるまでの道のりは長い。

 では、ギョをどうやって捕まえるのか。魚は釣ればいいじゃない、というわけで、ギョだってチュればいいじゃない、ということになる。本作ではギョを捕まえることを「ギョをチュる」と言うのだ。ギョをチュることは、もちろんチュリと称される。

 調査モードでは左下にギョレーダーがあり、これを手がかりにギョを探すことになる。レーダーが反応しているところに行くと、ギョ影を見つけることができる。ギョ影が見つかったらさっそくチュリを開始だ。チュリにはナビッチュのUFOを使う。UFOをウキに見立てて日本上空でスケールのでかい釣りが展開する。UFOを着地させることでギョを誘い、UFOがギョにつつかれて地中にぐいっと引き込まれたら□ボタンを押してチュリ開始! ここで登場するのがバトルルーレットだ。

 バトルルーレットとは“ギョのライフを減らす”“UFOライフを減らす”などさまざまなピースで構成されているルーレット。うまく目押しをしてギョのライフを減らせる青いピースで止まるようにしていけば、やがてギョを捕まえることができる。逆にUFOのライフが減る赤いピースにばかり止めているとUFOのライフが減りチュリ失敗となる。アナログパッドをギョの進行方向と逆に動かす(釣りでいうところの竿をぐいっと引っ張る感覚)と、ルーレットのスピードが遅くなり目押ししやすくなるようになっている。

ギョをチュる作業は、慣れるまではちょっと大変かも。目押しに慣れればこっちのもの。どんどんチュりまくれるようになるはずだ

 ザコ的なギョであれば比較的簡単にチュれるはずだが、調査モードにはさまざまなミッションがあり、ミッションに関わるギョは通常のギョよりも青いピースが少なかったり、頻繁に移動方向を変えたりする(アナログパッドさばきが大変になる)ので、厄介だ。

 ミッションは「お笑いに関するもの」を集めたり、「ホタルに関するもの」を集めたり、「絶叫マシンに関するもの」を集めるなど、ユニークな着眼点の内容が多い。それぞれ関連した場所にワープすることが可能で、ワープした先でギョレーダーを手がかりにターゲットを探すことになる。自分のプレイで少しずつ日本地図が元に戻っていく達成感もあり、なかなか楽しいモードだ。

 ミッションを進める過程で、プレイヤーはチューロという本作独特の通貨を得る。プレイの進行に伴ってたまったチューロは、ヴリコさんのショップでのアイテム購入にあてられる。ここではご当地ウェア(各県の特産物にちなんだウェア)や特別ウェアを取り扱っており、これらを購入してナビッチュに着せることが可能だ。また、さまざまなテーマに沿ってスポットを集めたガイドブックの引換券や、遊覧モードでのスポット登録時に使うシンボルを買えたりもする。

自分の地元アイテムをまず集めたくなりますよね〜
ナビッチュにお気に入りのアイテムを着させてみよう

日本をまるごと遊べる遊覧モード スポットをブックに登録しちゃおう

気になるところはすぐさまスポット登録! という使い方をしていけば、本作が手放せなくなるかも?

 遊覧モードは、調査モードとは違って、本作に収録されたすべての地図要素が最初から揃っているモード。要は、普通に地図として使う場合は、遊覧モードにすればよいのである。

 遊覧モードにおいてもカーソル的な役割をするのはナビッチュのUFOだ。駅名や住所から検索するなどして日本のどこでも表示できる。表示の拡大や縮小を駆使して、日本中を移動しながら見て回ることも可能。正直なところGPSの代わりになるほど細かい表示はできないが、それでも主要な建物やコンビニなどの情報が充実しているので、まずは自宅の周りを調べるだけでも楽しいはずだ。

 遊覧モードでは好きな場所を気軽にスポット登録できる。あらかじめユーザーブックを作っておけば、ブックに登録することで、いつでもそのスポットを表示できるようになるわけだ。旅行に行った時に訪れた場所をユーザーブックにまとめておくのもいいし、友人の家リストなんてものを作ってみるのもいい。いきつけ居酒屋リストとか、行ったことがある温泉地チェックリストなど、好みに合わせてどんなブックでも自由に作れる。とにかく自分が便利になるように自分が楽しくなるように自発的に活用すれば、本作の面白さ、有用さは無限大だと言っていい。

 そして本作には、遊覧モードの面白さを促進する数々の要素がある。PSP本体にカメラを接続することで、スポット情報に自分が撮影した写真を貼れるようになるのだ。カメラはPSP専用ソフト「ちょっとショット」もしくは「MyStylist」に同梱されている周辺機器なので、入手するには少し敷居が高いが、すでに持っている人ならばぜひ試してみてほしい。友人がもし本作を持っているならば、アドホックモードで通信し、お互いのブックを交換することができるのも面白い。

 また、ペタマップ(PetaMap)という、地図上のスポット情報を作成・共有できる無料のWebサービスにも対応している。PSPのインフラストラクチャーモードでペタマップにアクセスすることで、ブックのダウンロードやアップロードができるのだ。事前にペタマップのサイトにPCからアクセスしてIDを取得しておかなくてはならない、などの手続きは必要だが、一度取得しておけば自由に利用できるので、興味がある人はペタマップを覗いてみるといいだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」