レビュー
» 2008年05月26日 14時01分 公開

ボウガンかついで青年リンク登場! 気軽に遊べて奥が深いWiiザッパー入門タイトル「リンクのボウガントレーニング」レビュー(1/2 ページ)

任天堂初のWiiザッパー対応タイトルは「リンクのボウガントレーニング」。お値段もお手頃で、シンプルに射撃の面白さを味わえる作品だ。ガンシューティングは苦手なんだよなぁという方、試しにこれでガンシューティングの世界に入門してみませんか?

[仗桐安,ITmedia]

満を持して任天堂が放つ、Wiiザッパー対応タイトル第1弾

画像

 「Wiiザッパー」というWiiの周辺機器がある――。Wiiリモコンやヌンチャクを取り付けられるアタッチメントで、形状は銃を模したものだ。Wiiリモコンをカッチリとはめ込むことで、BボタンがWiiザッパーのトリガー部分とフィットし、まさに銃を撃っているような操作感覚を得ることができるアイテムである。

 このWiiザッパーは、昨年の10月25日に任天堂オンライン販売での専売商品として登場。また、同日に発売されたセガのガンシューティングゲーム「ゴーストスカッド」にも同梱された。その後も単体販売はオンラインのみだが、ソフトとの同梱は数多く展開している。

 昨年10月にはセガの「ゴースト・スカッド」、11月にはカプコンの「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」、今年2月にはエレクトロニック・アーツの「メダル・オブ・オナー ヒーローズ2」、3月にはセガの「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2&3 RETURN」で、それぞれWiiザッパー同梱版がリリースされている。いずれもWiiで楽しめる良質なガンシューティングゲームだ。

 セガ、カプコン、エレクトロニック・アーツなどのメーカーが、こうしてWiiザッパーを積極的に同梱しているのは、それだけ優れた周辺機器だからだろう。Wiiリモコンのポイント機能が、元々FPS(一人称視点シューティング)やTPS(三人称視点シューティング)と相性がいいと評価されてきたWii。実際に筆者はWiiザッパー対応タイトルをプレイしたことがあるが、Wiiザッパーでプレイすることで、さらに射撃感覚が増し、プレイの面白さやプレイしやすさに直結していると感じた。“WiiでガンシューティングをやるならWiiザッパーで”という流れは確実に来ているように思う。

 さて。前置きが少々長かったが、既存の各タイトルでWiiザッパーでのプレイを楽しむユーザーが増える中、いよいよ任天堂から初のWiiザッパー対応タイトルが発売された。それが本作「リンクのボウガントレーニング」だ。本作も既存のWiiザッパー対応タイトル同様に、Wiiザッパー同梱でのお目見えである。

 よくよく考えたら、れっきとした任天堂純正周辺機器なのに、今まで任天堂から対応タイトルが出ていなかったのが不思議といえば不思議である。新しい試みに対して大胆な戦略を打ち出す任天堂ではあるが、妙に慎重な面もある、というのは、筆者の勝手な任天堂評だが、今回に関して言えば、Wiiザッパーを生かしたタイトルを自社で出すということに関して、多少慎重だったのではないかと推察する。そして、出すからにはWiiザッパーの魅力をしっかりと伝えられるタイトルに仕上げてくるだろうとも期待していた。

 そんな期待もあり、大の“ゼルダ”好きだというのもあり、そしてすでにWiiザッパー同梱タイトルを買って遊んでいるWiiザッパーユーザーとしても、本作はかなり楽しみなタイトルだった。筆者と同じように本作に注目し期待していたユーザーも多いのではないだろうか。任天堂初のWiiザッパー対応タイトルは、いかなる魅力を持ち合わせているのかを、お伝えしていこう。

“ゼルダ”最新作の世界で、射撃、射撃、ひたすら射撃っ!

 タイトルに“リンクの”とあるように、プレイヤーは「ゼルダの伝説」シリーズの主人公「リンク」を操作して射撃を行うことになる。「ゼルダの伝説」と言っても今までに数々のタイトルが出ており、さまざまなリンクが存在するわけだが、本作に登場するリンクはニンテンドーゲームキューブとWiiで発売されたシリーズ最新作「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」のリンク。スラッとした体型におなじみの緑色の服と帽子をまとった青年リンクなのである。各ステージのビジュアルや敵キャラなども徹底して「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」の世界観を踏襲しており、Wiiの美麗なグラフィックで緻密に描かれている。

 いつもは剣、ブーメラン、爆弾、弓など多彩な武器を使い分けながら冒険をするリンクだが、本作はあくまでも“ボウガントレーニング”。リンクはただひたすらに、愚直なまでにボウガンを握りしめ、ひたすら射撃を繰り返す。もちろんプレイヤーはWiiザッパーにWiiリモコンとヌンチャクを装着し(いやしかし、必ずWiiザッパーを使わなくてはいけないということもないのだが)、リンクとなってボウガンによる射撃の世界に身を投じることになる。

画像画像 「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」をプレイしたことがある人なら、懐かしさすら感じるであろうロケーションが数多く用意されている

 本作の操作において重要なのは、もちろんWiiリモコンによるポイント操作だ。Wiiザッパーをぎゅっとかまえて画面を狙い撃つ、というプレイは、直感的にして非常に楽しい体験だ。ボウガンはBボタンで撃つことになるのだが、この射撃には3つのスタイルがある。Bボタンを普通に押せば通常のボウガン攻撃、Bボタンを押し続けて放すと、火薬つきボウガンによる攻撃ができる。威力と攻撃範囲が格段に上がるが、ためるのに時間がかかるので連射はできないというデメリットもある。そして、プレイ中に緑色の敵を倒すと、ボウガンが「れんしゃモード」に切り替わり、しばらくの間はBボタンを押しっ放しで連射できるようになる。

 Wiiザッパー後方にはめこんだヌンチャクは、コントロールスティックでリンクの移動(移動できるステージと移動できないステージあり)、Zボタンを押している間は画面のズームイン(拡大表示)ができる。

 基本的にはこれだけの操作でプレイできる。いたってシンプルなのである。だが、操作がシンプルだからと言ってプレイも簡単かというと、けしてそんなことはない。間口は広く、やり込みは深く……そのあたりはさすが任天堂、だんだんと難しくなり、プレイヤーも上達していけるよう、絶妙のゲームバランスで仕上がっているのだ。

画像 Zボタンによるズームは、ステージによってはかなり重宝するテク。遠くにいる敵をスナイプしよう
画像 Wiiザッパーによる射撃は、なかなかクセになる。直感的にして奥深いのだ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙