ニュース
» 2008年05月28日 19時43分 公開

正しい刻を取り戻せ――「シグマ ハーモニクス」

スクウェア・エニックスは8月21日にミステリーRPG「シグマ ハーモニクス」を発売する。価格は5490円(税込)。正しい推理でバトルを有利に展開せよ。

[ITmedia]

 「シグマ ハーモニクス」は、推理を核に据えたミステリーアドベンチャーに、スクウェア・エニックスが得意とするRPG要素を加味したミステリーRPGを標ぼうする。パラレルワールドの東京を舞台に、行く手に待ち受ける数々の困難の中、推理を駆使して謎を解き、バトルを駆使して道を切り開く、新たなゲームシステムを構築したのだとか。

 主要スタッフに、歴代「FINAL FANTASY」シリーズを手がけた北瀬佳範氏をはじめ、「FINAL FANTASY VII」の関連作品を手がけたメンバーが集結している。

ストーリー

物語は東京区の地下にある「黒上の館」から始まる。

その館にある大時計は、はるか昔より「逢魔(おうま)」と呼ばれる魔物が封印され、「音使い」と呼ばれる力を持つ、黒上一族によって護られている。

一族の次期頭首である黒上シグマは、学生として平穏な日常を送っていた。しかし、刹那の後、世界はすべてを失う───。

世界は廃墟と化し、逢魔が空を覆い、人々の存在が消えていた。残されたのはシグマと、「札使い」である月弓ネオンだけ。

「過去が書き換えられた」

何者かが過去を書き換えたために、世界が一変したと考えたシグマたちは、未来を取りもどすため、時を越え調査に赴く。そこで次々と繰り返される凄惨な殺人事件。見覚えの無い過去。一体世界に何が起こったのか?

真実を知るための物語が今、始まる───。



ゲームシステム

 過去にさかのぼり殺人事件の手がかりを探していく「アドベンチャー」パートと、そこで集めた手がかりを元に推理を行う「推理」パート、そしてその結果が敵の強さに影響する「バトル」パートと、大きく3つに分けられたパートを繰り返すことになる。正しい推理を行えば敵が弱まり、適当な推理だと敵が強くなるなど、それぞれのパートの結果が互いに影響し合っているのが特徴だ。


アドベンチャーパートでの会話の様子

 本作の「推理」パートでは、探索で得た数々の手がかりを碁石のようにアイテム化し、思考の盤面に配置することで答えを導き出す方法をとっている。その配置が正しくても間違っていても推理は完了してしまうので、細心の注意が必要になるというわけだ。

「推理」の導き方がキモ

 なお、「バトル」パートでは、「ファイナルファンタジー」でも採用された「アクティブ・タイム・バトル」を踏襲したシステムを搭載。半リアルタイムの緊張感の中、「式札」と呼ぶカード群から行動方法を選んで進行していく。

敵の強さは推理のいかんにかかっている

「SIGMA HARMONICS」(シグマ ハーモニクス)
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルミステリーRPG
発売予定日2008年8月21日
価格(税込)5490円
CEROB(12歳以上対象)
(C)2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:YUSAKU NAKAAKI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」