お帰りなさいませ、お嬢様――「花宵ロマネスク」発売記念イベントで“執事喫茶”初体験

「花宵ロマネスク 愛と哀しみ―それは君のためのマリア」発売を記念して、うわさの“執事喫茶”でイベントが開かれた。執事のもてなしとオリジナルスイーツで、仕事を忘れてしまう……。

» 2008年05月29日 20時28分 公開
[塙恵子,ITmedia]
photo

 マーベラスエンターテイメントは、プレイステーション 2(以下、PS2)ソフト「花宵ロマネスク 愛と哀しみ―それは君のためのマリア」(以下、花宵ロマネスク)の発売を記念して、発売日当日の5月29日に東京・池袋にある執事喫茶「スワロウテイル」にて、一般客を招きお茶会を開催した。

 「花宵ロマネスク」は、女性向け携帯サイト「girlswalker.com」にて、12万人の会員を集めた恋愛シュミレーション。今回発売されるPS2版では、プレイヤーキャラクター(桐原珠美)が、明治から続く由緒正しき「月華修学院」の教師となり、代々続く良家「宝生」の男の子たちと出会うことになる。プレイヤーは「花宵ヴィジョン」という特殊能力を駆使して、宝生一族にかけられた「ロゴス」(キーワード)の呪いを見つけ出し、彼らを束縛している個々の「ロゴス」を見極め解き放つことが目的だ。

photophotophoto

 お茶会の会場となった執事喫茶「スワロウテイル」は、魅力的な男子が執事となって、ていねいにお茶やスイーツをサーブしてくれるという女子としてうれしいお店だ。普段予約制で、なかなか足を踏み入れる機会がなかったのだが、今回ITmedia +D Games代表としてイベントに参加し、念願の執事喫茶に潜入することができた。

 会場到着すると、早速執事さんによって「お帰りなさいませ、お嬢様」と迎えられる。執事さんは意外と若者だった。ざっと見て20代の方が多そうだ。これまでこういうもてなしをされたことはないが悪くない(というか、かなりうれしい)……。席に案内されるとそこは非日常。思っていたよりも広い空間で、大きなシャンデリアや西洋調の家具などが置かれている。

photophoto 執事喫茶「スワロウテイル」。店内は広々
photo 期間限定オリジナルスイーツ。紅茶もセットになっている

 悪天候にもかかわらず、会場は一般客とメディアで満席だった。着席するときはもちろんイスを引いてくれる。席に着くと、スワロウテイルで実際に提供される5月31日までの期間限定メニュー「花宵ロマネスク」オリジナルスイーツなるものが振る舞われた。中にバラのゼリーが入ったケーキの周りに、宝生一族5人をイメージしたマカロンやフルーツが並んでいる。試食してみると、甘すぎず大人のスイーツといった感覚だった。

 お茶会には、ゲストとして原作者の加藤千穂美さんと、PS2版で神楽ユキノ役を演じる前田愛さんが登場。限定スイーツに舌鼓を打ちながら、2人によるトークショーを聞くことができるという、ファンにとってはとてもぜいたくな時間となった。

photo 加藤さん(左)は和服、前田さん(右)は神楽ユキノをイメージしたという衣装で登場。宝生一族5人をイメージしたマカロンについて、「どのキャラクターがどのマカロンなのか気になる」と加藤さん

 トークショーの中で、「1人の中でイメージしていたものが、ゲームになって役者さんの心も入ってとてもうれしい」と、PS2「花宵ロマネスク」が発売された感想を語る加藤さん。PS2ならではの見所として、ボイスレコーディング機能を絶賛していた。「ゲームの中のキャラクターの声が録音できるんですよ。この声もう一度聞きたいというのを繰り返し聞けて。自分が“ドS”なのか“ドM”なのか分かるという(笑)。自分は“ドS”だと思ってたけど、集まったボイスを聞く、結構しかられているものが多かった(笑)」(加藤さん)。

 前田さんは「『花宵ヴィジョン』を発動させたときに、ロゴス表示のタイミングが弱中強と表示されて、すごくありがたいなと思いました。もうすぐロゴス来ますよっていうのが分かって親切です」と述べると、加藤さんがすかさず「わたしは、ケータイゲームの方ではロゴスをとれないことで有名な作者です」と言って会場を笑わせた。

 キャラクターの中で「親友になるなら」、「彼氏にするなら」、「結婚するなら」誰がいいかというテーマに移ると、「花宵のキャラはみんな自分の子供みたいな感覚があるし、ずっと長くキャラクターとつきあってるから」と2人は少々困惑気味。それでもそれぞれのお気に入りのキャラクターを順に発表していった。「結婚するなら長男はないなー」と加藤さん。最終的に加藤さんは料理が上手ということで宝生桔梗を、前田さんは悪いことをしても謝ってくれそうと宝生菫を結婚相手に選んでいた。

photo 「親友になるなら」は加藤さんが宝生葵を、前田さんは城崎ともゑを選んだ。また「紫陽さん彼氏なら振り回されてもいい。ピアノ弾ける男性が大好きなんですよ」加藤さん。前田さんは「綾芽くんかな。だんだん優しくなってくるところがいい」と語った
photo スペシャル映像には緑川光さんと加瀬康之さんも登場
photo 抽選会も開催

 PS2版で新たに加わった攻略キャラクターの桜沢響と宝生蓮太郎についても話は及んだ。また桜沢響が執事ということで、実際に今回執事に会った感想を聞かれると「紅茶から入れてくださるので、恐縮に感じつつも優越感。すごい文化ですね。至れり尽くせりで……」と加藤さん。前田さんは「執事というと勝手なイメージですが、わたしの中で“じいや”というかナイスミドルな感じだったんですけど。お若い方が多くてとてもいいです!」と話していた。

 トークショーのほかにも、イベントではスペシャル映像として宝生綾芽役の緑川光さんと、桜沢響役の加瀬康之さんのコメントが流され、緑川さんと加瀬さん、加藤さんと前田さんのサイン色紙が当たる抽選会も行われた。約1時間のお茶会は終始和やかなムードで終了。帰りはもちろん執事さんが「お気を付けて行ってらっしゃいませ」という声で送ってくれた。

photo

「花宵ロマネスク 愛と哀しみ−それは君のためのアリア」
対応機種 プレイステーション 2
ジャンル 恋愛アドベンチャー
CERO C(15歳以上)
発売予定日 2008年5月29日
価格 限定版:9240円、通常版:7140円
(C)トイズwalker/Xavel,Inc.
(C)2008 Marvelous Entertainment Inc.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  2. /nl/articles/2407/24/news019.jpg 妻が気軽にカワハギ釣りに行ったはずが…… 驚きの“超大物”ゲットに視聴者騒然「すげえぇぇぇ!!!」「面白すぎるでしょ」
  3. /nl/articles/2407/24/news184.jpg 「まってしぬwww」 応募用シリアル番号をよく見たら…… “奇跡の並び”に10万いいね 「しんどいw」「火力高い」
  4. /nl/articles/2407/24/news026.jpg 【今日の計算】「2÷2+2×2」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/25/news046.jpg 「どうせ全てバターに沈む」 悪魔的な“頭の悪いレシピ”に「カ、カロリー爆弾」「体に悪いものこそうまーい」
  6. /nl/articles/2405/03/news025.jpg 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  7. /nl/articles/2407/25/news006.jpg パパ大好きインコ、愛の言葉をささやくと思ったら…… まさかの暴言→逃亡に爆笑「朝からお腹痛い(笑)」「ほんと言ってる」
  8. /nl/articles/2407/25/news009.jpg 「チワワって全員被害者みたいな顔してる」→「うちのは加害者顔してます」 イメージ覆す“ヤンキーチワワ”にネット爆笑「マフィア感あるw」
  9. /nl/articles/2407/25/news008.jpg 祖母から教わった“ごはんが止まらないキュウリのみそ漬け”が絶品!! 「簡単で私にもできそう」「早速作ります」と話題
  10. /nl/articles/2407/24/news185.jpg 「これで倒れずに済みそう!」 凍らせたぬれタオルを一日もたせる“体を冷やすセット”に反響 「ホントにオススメ」「冷え冷えで最高」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」