女の子にドキドキしながらフーフーしよう! 魅惑の恋愛吐息アドベンチャーを体験してみました今日は何の日? 萌え曜日!

女の子の体にタッチするという欲望に忠実なゲームはあるけれど、息を吹きかけるという奥ゆかしい(?)スタイルで、気になるあの子のハートを鷲掴んでいく恋愛アドベンチャーは本作のみ。今回はそんな、ある種ストイックな恋愛模様が楽しめる「Breath 吐息は茜色」をご紹介。

» 2008年06月09日 19時02分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]

触れたり言葉で伝えられないなら、息を吹きかければいいじゃない!

 ニンテンドーDSのマイク機能を使用し、女の子との交流を楽しむ恋愛アドベンチャーゲーム「Breath 吐息は茜色」が、サクセスから6月12日に発売される。本作は、息を吹きかけて女の子と恋愛していくという、いち男子としてはよからぬ妄想が広がりそうな内容のゲームだ。

 物語は、笛や楽器を使った仕事をこなしながら生計を立てている主人公・秋峰響と、突然現れた少女・南雲朱音がひょんなことから共同生活を送るというストーリー。ある出来事をきっかけに、得意だったフルートを吹けなくなった青年と、芸能界に苦悩する天才歌手である少女が日々を共にすることで、徐々にお互いの心の傷を癒していくのだ。

 本作は、笛を吹いたりタンポポの綿毛やシャボン玉を飛ばしたりと、ゲーム画面に息を吹きかけて物語を進めていくシステムが特徴的で、おまじないとして女の子の額に息を吹きかける、なんていうシーンもある。女の子にお触りせず、息を吹きかけるとは、なんともプラトニックでストイックな恋愛表現ではないか。そう考えると、息を吹きかけることが紳士的な行為にさえ思えてくる。

画像 薄着で寝ている朱音の額に息を吹きかけるシーン。紳士ならば当然失礼のないように口臭対策もバッチリ決めてから望みましょう
画像 序盤は朱音がメインのシナリオが楽しめる。物語を進めてクリアすると……?

 プレイする前は女の子のいろんな部分に息を吹きかけてその反応をニヤニヤしながら楽しむゲーム、なんて思っていたけれど、パステル調の淡い絵柄も相まって、実はハートフルなシナリオ展開が楽しめる作品。響は朱音のために口笛を吹いて、朱音は響のために仕事を手伝って、2人が持つ心の傷を、お互いに癒していくシーンは心温まるものがある。

 ただ、ボイスが一部の会話シーンにしか入っていなかったり、バックログ機能やスキップ機能がないのは萌えゲーマーとしては気になる部分。また、笛やロウソクにではなく、女の子に直接息を吹きかけるシーンが少なかったり、息を吹きかけるシステムを、あまり女の子に絡めていなかったのが、いち男子からしたらマイナスポイント。むしろ逆に、女の子に息を吹きかけてほしいなんて思ってしまう。あ、それは筆者だけですか。

 一長一短はあるが“息を吹きかけてコミュニケーションを取る恋愛アドベンチャー”という点に興味を引かれる人や、ハートフルなシナリオが楽しみたいという人などに、ぜひ本作をプレイしてみてほしい。

 最後に、本作に登場するふたりのヒロインと、本作の萌えポイントを紹介する。

南雲朱音 (CV:能登麻美子)

画像

 幼いころからアイドルとして育てられた少女。非常におっとりした性格で、どこでも寝られるという特技を持つ。見ず知らずの男の家でも平然と寝られるこの子は、もうちょっと自分の身を案じた方がいいと思う。なのでぜひウチに来なさい

柊美音 (CV:井上麻里奈)

画像

 朱音の妹分として活躍するメガツン(メガトン級のツンデレ)アイドル。金髪ツインテールでメガネっ子、子供扱いされるのを嫌うという萌え属性を備えている。頭を撫でると顔を真っ赤にしながら撫でている腕をはたきにくるシーンなど容易に想像できますね。ちくしょう、はたかれてぇなぁ……


このゲームのココが萌えポイント!

  • 朱音との同棲生活にドキドキ
  • 美音の“メガツン”っぷり
  • 朱音や美音が所属する事務所の社長・安堂美佐(あんどうみさ)のクールっぷり
  • 能登麻美子さんのウィスパーボイスと井上麻里奈さんのツンデレボイスに萌え!
  • パステル調の淡い感じの絵柄

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」