萌え麻雀の新境地? 「桃色大戦ぱいろん」で萌え麻雀×カードバトルの異色ミックスに悶えるべし今日は何の日? 萌え曜日!

ただの萌え麻雀には興味ありません。なのでカードバトルを加えてみました。と言わんばかりの勢いで我々の前に登場したオンライン麻雀ゲーム「桃色大戦ぱいろん」。新感覚の萌え麻雀の手応えを確かめるべく、クローズドβテストを体験してみました。ついでに筆者の萌え闘牌伝説もここから始まるかも?

» 2008年06月17日 12時00分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]

麻雀のルールが分からなくても、萌えを愛する心があれば大丈夫!

 入門書やマンガ、携帯電話用のゲームなど、“萌え麻雀”が萌え業界に浸透し始めている。そんな中に登場したのが、株式会社エクストリームが運営するオンライン麻雀ゲーム「桃色大戦ぱいろん」だ。通常の4人打ち麻雀とルールはほぼ一緒だが、本作では対局中に様々な条件を満たすことで、相手の行動をジャマしたり役を積込めるカードを使用することができる。形勢を一発で逆転することも可能で、麻雀以外の戦略も楽しめるのだ。

画像画像画像 対局の前に、プレイヤーの分身となる女の子が描かれたキャラクターカードや、対局中に使用するスキルカードを設定してからゲームを始める。勝てば女の子の日常シーンをかいま見ることができる。お、お風呂シーンとかもあるんですかね?

画像 対戦ルームでCPUと戦う場合、CPUの強さを細かく変更できる

 キャラクターカードに描かれる美少女は、複数のイラストレーターたちが作画。その中にはなんと「ケロロ軍曹」でおなじみの吉崎観音さんや「悠久幻想曲」のキャラクターデザインを手がけるmooさんなど、人気イラストレーターも参加しているのだ! キャラクターカードや妨害用のカードなどは、ネットキャッシュを使って公式サイトで購入したり、対局中の賭けで手に入れることができる。女の子(が描かれたカード)を賭けの対象にするなんて、なんだか妄想の翼が広がっちゃいますな!

 カードバトルでガチンコな駆け引きを楽しみながら、萌え萌えな女の子がたくさん登場する麻雀が遊べる本作。その他にも、美少女たちのカードを集めてコレクションできるという魅力も、収集が好きな男子にはたまらない。

 一風変わった麻雀を遊んでみたい人や、麻雀は分からないけれど筆者のように萌えを愛して止まないという人は、本作がサービスを開始したら、ぜひ遊んでみて欲しい。とりあえず筆者は、正式サービスオープンまで萌え麻雀マンガや入門書を読んで脳内を麻雀漬けにして待ちますね!

 最後に、今回のクローズドβテストで登場したキャラクターカードの女の子たちと、本作の萌えポイントをご紹介。

高比良さくや (イラストレーター:東都せいろ)

画像

 世間知らずで天然ボケの入った箱入りお嬢様。大のネコ好きで近所の野良猫に名前を勝手に付けるが、センスはない。ネコになって彼女にナデナデされるか、彼女に好かれるお兄さんになってナデナデしてあげるか、非常に悩みます

せりか (イラストレーター:小川静香)

画像

 活発で男勝りな女の子だが、ぬいぐるみが好きという可愛い一面も。普段から男っぽくしているため、女の子らしい部分を見られると恥ずかしがるのでは、と筆者は予想する。というか、そうであってほしい!

二条結奈 (イラストレーター:ごま)

画像

 大正末期の女学校に通う14歳の女の子。傘とリボンの収集が趣味でいかにも女の子らしいが、怒ると怖い。自転車の後ろの荷台に彼女を乗せて(ちゃんと横座り)、通学路を走っているワンシーンが目に浮かびますね!

このゲームのココが萌えポイント!

  • 有名なイラストレーターたちが描く女の子たち!
  • 対局で勝利すると、イベントグラフィックとともに見られる女の子たちの日常のワンシーン
  • 対局中にカードを使用したときのカットイン
Copyrightc 2007 EXTREME.CO., LTD. All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」