ゲームっぽいなにかを求めて「東京おもちゃショー」に行ってみた東京おもちゃショー2008

6月19日から6月22日の期間、東京ビッグサイトで開催されている国内最大の玩具見本市に、“ゲームっぽいなにか”を探しに行ってきた。

» 2008年06月19日 23時40分 公開
[加藤亘,ITmedia]

おもちゃのなんたるかを見ずに“ゲームっぽいもの”のみを探して

 国内の玩具メーカーおよび団体252社で結成される社団法人日本玩具協会は、今年の秋冬商戦を占うおもちゃの見本市「東京おもちゃショー2008」を東京ビッグサイトで開催した。期間は6月19日から6月22日の4日間で、はじめの2日間は商談がメインの展示会、週末の2日間は一般入場者も無料で楽しめるショーとなっている。ここでは、+D Gamesイチオシの“なんかゲームっぽいもの”を中心に、筆者の完全な趣味を交えてお伝えする。

 昨年の東京おもちゃショーが11万1619人の来場者数を記録し、年々増加の一途をたずるおもちゃの見本市では、今年新たに「日本おもちゃ大賞」を創設し会場内に展示。出展企業は134社(国内115社/海外19社)、約3万6000点のおもちゃが並んだ。今年は長年親しまれていた人気シリーズの復刻や復活がキーワードのようで、大人層へ向けた商品も多い。また、“メタボ検診”や“エコ”といった切り口の商品にも注目が集まっていた。

タカラトミーの中ではなぜか貯金を推してみる

 まずはタカラトミーのブースをのぞいてみた。ひときわ会場でも大きなスペースを確保しており、入口から「ハイ・カラ」のデモンストレーションで歌っておりにぎやかだ。映画化も決定した「ヤッターマン」や「トミカヒーロー レスキューフォース」関連が並ぶエリアを眺めながらゲーム関連はないかと歩いていると、「マリオカートWii」のQステアや「ポケットモンスター」関連のアイテムを見つけた。

ニンテンドーDS用「トミカヒーロー レスキューフォース DS」を発見。こちらは2008年10月発売予定で、レスキューミニゲームが13種類用意されており、テレビ番組と同じ構成で進む
こちらは11月発売の「レスキューフォース ハンドルコマンダー」。テレビにつなぎ、カードを挿入するとそれに対応した映像が流れる。ハンドルの動きは映像に反映される
レベルファイブの「イナズマイレブン」のカードゲームが出展。こちらはスターターセットと拡張パックともに11月発売予定だ

冒険も金次第――世知辛い世の中です

勇者は世界征服をたくらむ大魔王ワルダラーを倒すためにモンスターを倒し塔の100階を目指す。モンスターは180種類以上、購入できるアイテム数は160種類以上用意されている。さらに隠しアイテムや隠しフロアなども用意され、やりこみ派にも納得の内容となっている。ドット絵の冒険がなつかしい

 バンダイの「イケメンバンク」を例にするまでもなく、一昨年末からちょっとした貯金箱ブームだ。「貯金爆弾」や「FACE BANK」など、貯金箱はちょっとした戦国時代の様相を呈してきた。そんな群雄割拠の貯金箱の中から、タカラトミーが8月7日に発売を予定している「貯金伝説 バンククエスト」なんていかがだろうか? このバンククエスト、貯金箱ブームの火付け役となった「人生銀行」のチームが新たに世に送り出す、お金で冒険するロールプレイングゲームだ。

 冒険にはとかくお金がつきもの。つらい貯金ではあるが、勇者の装備のため、冒険を進めるためにはいたしかたない。バンククエストでは、お金を入れると自動的に金額がカウントされ、ゲーム内でアイテムを購入することができる。剣や防具、回復アイテムや情報などを得るためには、せっせとお金を貯金箱に投入しなくてはならない。中には1万円以上する武器もあり、これらの高額のアイテムを得ることでクリアが一段と早くなる。なるほど、世の中お金次第……。

 5円、10円、50円、500円の硬貨を認識でき、すべて500円で貯金すると約5万円分貯金することができる。では、貯金しないとクリアができないのかと言うとそういうわけでもないらしい。お金はなくとも時間がある方は、かなり厳しいものの数千円の投資でクリアすることができる。ただし、途中で挫折して貯金箱を開けてしまうとレベルはすべて初期状態に戻ってしまうので注意。

 なお、発売日には秋葉原でイベントを予定しており、メイド喫茶などでのキャンペーンもあるとのこと。ちなみに、10月10日は“貯金箱の日”になったそうです。数字が挿入口にコインを押し込んでいるように見えるから……らしい。

バンダイブースは貯金箱よりも“棒的なあれこれ”

 バンダイブースではまず、入口付近の炎神戦隊ゴーオンジャーとウルトラマンがお出迎えしてくれる。特にウルトラマンのモニュメントはソフビ3000体で構成されており、全高4メートルと巨体。小さなウルトラマンがマッチ棒のように並んでいる様はちょっとすごい。その隣にはこの冬発売予定という開発中のメカゴジララジコンがショーケースの中に鎮座していた。

 その後、筆者は乙女でもなんでもないので「イケメンバンク」を華麗にスルーし、「5秒スタジアム」を5秒間だけ体験し通過。まっすぐに棒的なあの商品の元へと急いだ。そう、機動戦士ガンダムになりきれるビームサーベルが展示されているのだ。

 「HY2M Air Shock Battle 1/12 ビームサーベル」は、その名のとおり1/12スケールのグリップ部分のみの商品で、動作に対応して音が鳴り、光り、爆発音とともにグリップ部分が振動する。9月下旬の発売を前に、触ることができた。ビームサーベルとはいえ、実際に、ピンク色のサーベルが出るわけではないが、代わりにLEDが光ってくれる。あの、「ピキーン」というニュータイプ音も再現されているからたまらない。

 アニメの設定を完全再現し、動作に合わせて光り効果音が鳴る「通常モード」のほかに、主人公の声優古谷徹氏によるアムロ・レイの声で、7つのステージクリアを目指す「シナリオモード」と、常に相手と戦い続ける「対決モード」の3つが収録される。

近づくとちょっと気持ち悪いウルトラマンのソフビ3000体で構成されているウルトラマン
12月発売予定のメカゴジラは参考出展といったところ。歩くことはまだできないが、身体のあちこちがちゃんと動く。もちろん、首は360度回転する!
こちらはLet's TV PLAYシリーズの最新作「バトル体験ゴムゴムのカメハメ波」。会場ではルフィっぽい人と悟空っぽい人がデモンストレーションをしていた

「イケメンバンク」もいいけど、男の子用も作りませんか?
「HY2M Air Shock Battle 1/12 ビームサーベル」9月下旬発売予定で、価格は4980円だ。爆音と振動がたまらない
ブースに大きくスペースを取ってアピールしていた「バトルスピリッツ」は、カードバトルの新しい形を提案する

ただ棒を立たせる「棒ゲ〜」

優しいんだかいじわるなんだか……。「棒ゲ〜」はしゃべる棒状の立たせてなんぼのゲームです

 正直、ビームサーベルまっしぐらだったはずだが、もうひとつ“棒的ななにか”で引っかかったアイテムがある。それが「棒ゲ〜」だ。単にてのひらに製品を乗せ、バランスを取るだけなのだが、その単純明快さにささった。ルールは簡単。メインとなる「バランスゲーム」は、棒を立たせて何秒保てるかを競うだけ。その間、棒はおしゃべりで邪魔したり、経過時間を知らせてくれる。倒してしまうと爆発音が鳴ってゲームオーバーに、999秒保つことができればゲームクリアとなる。

 このほかにも合図とともに素早く「棒ゲ〜」を倒す「早撃ちゲーム」や、ロシアンルーレット形式で遊ぶ「フリフリゲーム」、30秒間バランスを保ってそのバランス感覚を測定する「棒年齢」、占いをしてくれる「おみくじゲーム」などが収録されている。

あとは駆け足に

 もう一度、言うが筆者は“なんかゲームっぽいもの”を中心に、完全な趣味で東京おもちゃショーを伝えている。とりあえず大きなバンダイブースとタカラトミーブースを取り上げたが、ほかにも“なんかゲームっぽいもの”はたくさんあった。特にトレーディングカード関連と知育ものだ。

 “なんかゲームっぽいもの”を取っ払えば、女性らしい動きを実現し、あまつさえキスまでしてくれる女性型ロボット「エマ」や、なつかしのスライムを使った「ビリビリかぜひきワンコ」などが、特徴的で面白い。最新技術のすいを極めたハイスペックなものから、おもわず苦笑してしまうものまで、土日の一般公開日に足を運ばれる方は、ビビッとくるおもちゃを見つけられるのではないだろうか?

「エマ」は実演も行われていた。運がよければキスしてもらえるかもしれません
確かに風邪を引いてそうなワンコだけども……。懐かしいスライムが復活
パンダのパンが焼ける?

こちらはテレビにつないで遊ぶ「Moving Music」。カメラでテレビ前の人間の動きを感知して、画面上で反映させる
ホットトイズブースにはやけにリアルなフィギュアが並ぶ。手前は公開予定の「ダークナイト」より、バットマンとバットモービル
すでに発売中のスーパーマリオブラザーズの世界で遊べるボードゲーム「コインアドベンチャーゲーム」。ルーレットの代わりは1UPキノコの効果音

KONAMIブースには「武装神姫」のニューラインアップが並んでいた。特にレギュラーシリーズに加えて登場するライトアーマーモデルは注目
「クイズマジックアカデミー」の人気キャラクターが立体化。巣材がやわらかい「MMS2nd」が採用されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評