ニュース
» 2008年06月25日 12時52分 公開

日々是遊戯:子供にゃもったいない!? 「東京おもちゃショー」で見つけた“オトナ向け”な玩具たち

今回の「東京おもちゃショー」を見てみて感じたのが、意外に“オトナ向け”の玩具が多いということ。今回はそんな「オトナのオモチャ(いかがわしい意味ではなくて)」たちをご紹介。

[池谷勇人,ITmedia]

ストレスにまみれた「大人」にこそ

シリーズ50年の歴史年表とともに、歴代の「野球盤」がずらりと並んでいたエポック社ブース

 前回紹介した「室内向けラジコン」もたぶんそうだと思うのだが、特に今年のおもちゃショーで目立ったのが、「オトナ」をターゲットに据えた商品の多さ。「おもちゃ=子供のもの」という図式は、今や過去のものといっていい。

 中でも大人向け玩具が充実していたのがセガトイズで、今回はメタボなお父さんや、ダイエット中のお姉さんにぴったりの、ヘッドフォン型ウォーキング&ジョギングナビ「カラダトレーナー」を大々的に出展。以前から、家庭用プラネタリウム「ホームスター」をはじめ、玩具というよりは“大人向けのエンターテイメントグッズ”に力を入れてきた同社だが、今年は特にその傾向が色濃くなっているように感じた。他にも、お風呂場で使える「ホームスター」の新製品や、おもちゃショー直前に発表され話題となった、女性型インタラクティブロボット「エマ」などに人気が集まっていたようだ。

 「大人向け」という点では、バンダイブースもなかなかの充実ぶり。特にバンダイは昨年「∞プチプチ」が大ヒットしたのを受けてか、「ムゲンシリーズ」の第3弾「5秒スタジアム」や、“乙女”のための貯金箱「イケメンバンク」、テレビにつないで使えるデジタル顕微鏡「アイクロップス」など、明らかに“子供じゃない層”への訴求に力を入れてきている印象。「∞プチプチ」も「∞エダマメ」もまんまと買わされてしまった身としては、とりあえず「もっとやれ」と申し上げておきたい。

 このほか、今年で50周年を迎えたエポック社の「野球盤」をはじめ、懐かしの「スライム」を使った、メガハウスの「ビリビリかぜひきワンコ」や、タカラトミーの「フラワーロック2.0」、バンダイの「タマゴラス」など、往年のヒット商品のリバイバルものも目に付いた。おそらくニンテンドーDSのヒットなども背景にあるのだろうが、今や大人も普通に、ゲームやおもちゃで遊んでいい時代になってきているのかもしれない――と、そんなことをしみじみ感じた今年の「東京おもちゃショー」なのでした。

心拍数データと音声で、最適なジョギング・ウォーキングをナビゲートしてくれる「カラダトレーナー」
キスやダンスなど、女性らしい「しなやか」な動きで注目を集めていた、セガトイズの「エマ」

テレビにつなぐだけで、手軽にミクロの世界を覗くことができる「アイクロップス」。頭皮のチェックにもどうぞ
およそ25年ぶりの復活となる、バンダイの「タマゴラス」。知ってる人は立派なオヤジ世代と言えよう
花びら部分にフルカラーLEDを採用した「フラワーロック2.0」。音楽に合わせて花びらの色が変化する

関連キーワード

東京おもちゃショー | 大人 | おもちゃ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた