ソフトウェアダウンロードのススメ――PS3・PSP編あれこれ迷わないためのダウンロードゲーム講座(1/3 ページ)

第2回目となる「あれこれ迷わないためのダウンロードゲーム講座」、今回はプレイステーション 3とPSPで楽しめるタイトルをピックアップ。ダウンロード購入でしか楽しめないオリジナルタイトルや初代PSのタイトルがいつでもダウンロードできる「PLAYSTATION Store」について紹介する。

» 2008年07月15日 00時10分 公開
[増山裕樹,ITmedia]

オンラインでの対戦プレイやビデオ・ボイスチャットなどが無料で楽しめる「PLAYSTATION Network」

 2006年11月のプレイステーション 3(以下、PS3)発売と同時にスタートしたオンラインサービスが「PLAYSTATION Network」。このサービスはアカウント作成、月額料金が無料となっており、オンライン対戦やメッセージの送受信、ビデオ・ボイスチャットが楽しめるフレンド機能などが用意され、不定期ながら内容は随時アップデートされている。

 7月2日に開始となったVersion2.40へのシステムアップデートではゲームの達成度を友達と共有することもできる「トロフィー」機能が追加されたほか、登録できるフレンドの数が50人から100人へと倍増した。また、2008年秋年内にオープンβ開始予定の「PlayStation Home」では、自分の分身となる「アバター」を作り、仮想空間でオンライン上でゲームやコミュニケーションを楽しめるようになるなど、今後もプレイステーションならではの様々なサービスが展開していくとのこと。

 今回紹介するのがPLAYSTATION Network内にあるオンラインショップ「PLAYSTATION Store」。ここでは有料ゲームや追加コンテンツのほか、新作タイトルの無料体験デモ、ムービーなどのダウンロードサービスを提供している。

 「PLAYSTATION Store」の「Newゲーム」では、ここでしか楽しめないオリジナルタイトルをダウンロードできる。配信されているタイトルはアクションやパズル、オンライン対戦可能なゲームなどがあり、価格は800円から3800円となっている。また、タイトルにより新マップや新アイテムなどの追加コンテンツも配信されているので、ゲームをさらに楽しみたい人はダウンロードしてみるのもいいだろう。

 ファン感涙の「ゲームアーカイブス」は、初代プレイステーションの名作タイトルがいつでもダウンロードできるオンラインサービスで、プレイステーションの人気を牽引した名作タイトル「ジャンピングフラッシュ!」シリーズや「バイオハザード」シリーズはもちろんのこと、縦スクロールシューティングゲームの「雷電」や「ソニックウィングス」、名作RPGとの呼び声が高い「俺の屍を越えてゆけ」など、約200タイトルの幅広いラインアップが、300円から600円とかなりお手ごろな価格で購入できる。なおゲームのデータ容量は十数Mバイトから800Mバイトを超えるタイトルがあり、PS3は十分なハードディスクの容量、PSPは「メモリースティック Duo」が必須となる。PSPで使用する音楽データやセーブデータなどを考えるとメモリースティックの容量は1Gバイト以上欲しいところ。

 ゲームをダウンロードするにはシステムソフトウェアのバージョンをPS3、PSPともに最新のバージョンにしておくように。

PLAYSTATION Storeのトップ画面。画面中央のタイトルは時期によってさまざまなオススメソフトがピックアップされている
ダウンロードコンテンツにはゲームの内容を画像、動画を閲覧できるプレビュー機能がついているタイトルもある
新マップや追加キャラクターなどゲームによってさまざまな追加コンテンツが用意されていることも

ダウンロード用ゲームや追加データ、映像コンテンツ、体験版など「PLAYSTATION Store」で広がるゲーム体験

 PLAYSTATION Storeでゲームを購入するには、同サービス内での決済システム「ウォレット」へのチャージ(入金)を事前に行う必要がある。チャージ方法は「プレイステーション ネットワーク カード/チケット」を使用してのプリペイド方式、クレジットカード決済、Edyの3種類が用意されている。

 「プレイステーション ネットワーク カード/チケット」はプレイステーション取扱店やオンラインショップ、コンビニエンスストア、「ドコモケータイ払い」などで購入可能。購入後にPS3、またはWebサイト版PLAYSTATION Storeの、「アカウント管理」から「“プレイステーション ネットワーク”/チケットの番号、プロダクトコードの入力」画面でコードを入力すればウォレット・チャージが完了する。クレジットカードを使用する場合は、PS3、またはWEBサイト版PLAYSTATION Storeの「アカウント管理」にある「ウォレットへのチャージ(入金)」からクレジットカードを選択すればOK。PS3からのみ可能なのがEdyを使ってのチャージで、別売のパソコン用リーダ/ライタ「PaSoRi(パソリ)」をUSB接続すれば使用可能になる。詳しくはPlayStation.comをご覧いただきたい。

「アカウント管理」にある「購入管理」の画面から希望のチャージ方法を選択する
「プレイステーション ネットワーク/チケットの番号、プロダクトコード」の入力をすると購入した金額がチャージされる
「ウォレット」へのチャージは最大20000円までとなっていて、それ以上のチャージはできない

 続けてゲームダウンロード方法を紹介しよう。まずXMB(クロスメディアバー)からPLAYSTATION Storeに移動し、「Newゲーム」または「ゲームアーカイブス」を選択する(ちなみに、「体験版/PV」から体験版などをダウンロードすることもできる。初めての方は、無料体験版から手慣らししてもいい)。この中から好きなタイトルを選び、ダウンロードが完了すると、自動でインストールが始まる。タイトルをバックグラウンドでダウンロードした場合は、その後XMBの「ゲーム」からダウンロードしたタイトルをインストールすればOK。

 PSPにゲームをダウンロードする場合はPS3を使う方法と、PCを使う方法の2種類が用意されている。ひとつはPS3とPSPを接続、ダウンロードしたタイトルを選択し「コピー」する方法。もうひとつはPLAYSTATION StoreのPCサイトからPSPに直接ゲームをダウンロードする方法だ。PCを使用してダウンロードするにはあらかじめPC側に「PLAYSTATION Network Downloader」のインストールをした上で、PCとPSPをUSBケーブルで接続しておかなければならない。PLAYSTATION StoreのPCサイトにアクセスし、「アカウントの管理」から自分のアカウントでサインインして、ほしいソフトを選択、ダウンロードが完了するとPSPに自動的にインストールが始まる。なお、同じPLAYSTATION Networkのアカウントを使用していればPC経由でPSPにダウンロードした後でも、PS3で改めてダウンロードすることも可能になっている。

 また、PLAYSTATION Storeで提供されているタイトルにはPS3、PSPそれぞれ専用のタイトルも少数ではあるが、存在するのでよく確認してからダウンロードしてほしい。

PCでダウンロードする際に必要な「PLAYSTATION Network Downloader」のインストーラーはサインインした状態で「ダウンロードリスト」を選択し、「はじめてのかたへ」の画面から入手できる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評