アニメ「亡念のザムド」、PLAYSTATION Storeで独占配信(1/2 ページ)

ボンズが制作するオリジナルアニメ「亡念のザムド」をPLAYSTATION Storeで独占配信することが決定した。配信は2008年9月からを予定。

» 2008年07月18日 18時36分 公開
[今藤弘一,ITmedia]
画像

 アニメ「亡念のザムド」は、「鋼の錬金術師」や「交響詩篇 エウレカセブン」などを手がけたボンズの最新作。2008年9月から、PLAYTSTATION Storeのみでの配信となる。HD版、SD版の2種類が用意され、プレイステーション 3で視聴することができるほか、SD版であればPSPでも視聴が可能だ。北米ではすでに第1話が配信されており、ランキングで1位を記録しているとのこと。

 国内でのPLAYSTATION Networkのアカウントは、2008年5月には100万アカウントを越えており、PLAYSTATION Storeの月間の来場者数は40万ユニークアカウント、累計ダウンロード数は1700万ダウンロードを記録しているそうだ。ここまで大きくなったPLAYSTATION Storeに、これまでのゲームソフト・体験版やプロモーションムービーといったコンテンツに加えて、アニメが加わることになる。


画像 発表会に登場した、ボンズ代表取締役 南雅彦氏、監督の宮地昌幸氏、竹原アキユキ役の阿部敦さん、ナキアミ役の三瓶由布子さん、西村ハル役の折笠富美子さん、アクシバ役の小西克幸さん(左から)
亡念のザムド
ジャンル ノスタルジックSFアクション
放送形式 1話30分、連続ドラマ
配信開始日 2008年9月予定(毎週更新/全26話予定)
配信方式 PLAYSTATION Storeより有料ダウンロード
視聴方法 レンタル方式 ※初回視聴開始より3日間視聴可能
視聴料金(予価:税込) 1話ごとにつき HD版:400円、SD版:300円
製作委員会 ボンズ、ソニー・コンピュータエンタテインメント、アニプレックス

ストーリー

 黒光りする油泥海に囲まれた先端島。70年前の戦争で南大陸自由圏に併合されたこの島で、アキユキは母と2人暮らしをしていた。父親は現在別居中で、小さな診療所を1人で営んでいる。ある日、いつもの通り父親に弁当を届け、登校していたアキユキは、親友のハルやフルイチとともに、スクールバスの中で何者かによる爆破事件に巻き込まれてしまう。

 一命を取り留めたアキユキは白髪の少女の元に駆け寄るが、少女からアキユキに仕掛けられたのは謎めいた言葉だった。あまりの状況に戸惑うアキユキだが、混乱が収まるまもなく、その体を異変が襲う。少女がまき散らした「ヒルコ」が体に入り込み、アキユキは「ザムド」に変化してしまったのだ。

 時を同じくして、北政府の船団が先端島を強襲。北政府の誇るヒトガタ兵器が先端島の街を破壊していく。生まれたばかりのアキユキのザムドはその力を制御することができず、理由も分からぬままヒトガタ兵器に襲いかかっていく。

しかし、暴走するザムドの前に、ビートカヤックに乗った1人の少女が現れた。ヒルコの声を聞く能力を持つ「ヒトガタ使い」の少女、ナキアミである。ナキアミは抜血針をザムドに突き刺すとその暴走を止め、国際郵便船ザンバニ号へと連れ帰った。

 ナキアミの看病で、元の姿を取り戻したアキユキ。ザムドの力を制御できるようになることと、いつか先端島に戻ることを目的に、ザンバニ号の仲間と世界を巡っていくのだった。

画像画像画像

画像画像画像

画像画像画像

画像画像画像

画像画像画像

画像画像画像

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  2. /nl/articles/2407/16/news021.jpg 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  3. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  4. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  5. /nl/articles/2407/16/news153.jpg 山田裕貴、結婚後の近影が“別人級”に 「え? もはや誰っ??」「俳優のときとのギャップがすごいwwww」
  6. /nl/articles/2407/15/news051.jpg 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  7. /nl/articles/2407/17/news013.jpg 5児ママ、子どもと友達12人分のごはんを作ることに…… 驚がくのボリュームと手際の良さに「絶対真似できない」「尊敬しかない」
  8. /nl/articles/2407/13/news082.jpg 「これはオカルト」 10年使ったエアコンがなぜか調子回復 →“家電あるある”な現象に13万いいね 「もういい、お前は頑張った」
  9. /nl/articles/2407/14/news007.jpg 【今日の計算】「56÷8−7」を計算せよ
  10. /nl/articles/2012/05/news034.jpg 重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」